Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

「医学革命」とは薬からの解放への「個人の気づき」の事である。雑多な情報も「取捨選択」&「鵜呑み厳禁」はセルフサービスにて

older | 1 | .... | 9 | 10 | (Page 11) | 12 | 13 | .... | 71 | newer

    0 0

    ユーフィーリング! ―内なるやすらぎと外なる豊かさを創造する技法

     

    瞬間ヒーリングの続編ということで

     

    先回の記事・・・・やっと捜したY;(わい;汗)

    瞬間ヒーリングの秘密 2013年07月14日      

    もはや、岡田式浄霊法を越えるか、、

    人類は「気づき」というものを最終的馬面にニンジンに添えているとしたら

    まあ、ぶら下げた目の前のニンジンは取りあえずは自我意識が欲しがるニンジンらしい

    それも食ってしまうと次のニンジンがぶら下がっているのかも知れない。

    そして、そのニンジンを食うと

    また自動的に次のニンジンが・・・

     

    おれニンジン嫌いだよ!!

    といってもダメね。

    なんだかよく分からない自分が説明できるわけも無し(だったらするな!

     

    と言うことで、今回は本人を連れてきて話させてみます。(おい、えらそうに)

     

     

     

     

    その他

    サムネイル 9:14 クオンタム・エントレインメント 思考を遮断する方法 再生回数 9,012 回 2 年前 サムネイル 4:48 クオンタム・エントレインメント アウェアネス(気づき) 再生回数 5,605 回 2 年前 サムネイル 7:21 クオンタム・エントレインメントの科学的背景 再生回数 4,379 回 2 年前 サムネイル 4:00 クオンタム・エントレインメント デモンストレーション 再生回数 4,922 回 2 年前 サムネイル 5:38 Growing Finger (伸びる指) 再生回数 5,282 回 2 年前 サムネイル 0:32 Quantum Entrainment クオンタム・エントレインメント 紹…

    0 0

    酔っ払っていませんよ! うぃ〜〜

     

     

     

    題名まちがえたかな?

    この世は好い加減で酔い

     

    ちょっとニュアンスが違うな・

    でも、どっちにしても主観的なものだから、受け取り方は

    あなた次第

     

    というわけで、どうでもいいけど

    疑似と近似が積み重なっただけの「絶対」への信奉が義務づけられるリアル社会のウソくささに耐えきれなくなって疲れちゃいました   おもしろいですね。     >この今の世の中で、「飛行機がなぜ飛ぶのか、わかっていない」ということが真実だったことを知るのです。     そんなバカな! と思うと、そんなあなたはバカだとこだまが帰ってくるようですよ。     それに勢いを得て、ボクも言いました。   なぜ薬で病気が治るのか、わかっていない   こちらの方はもっとわかりやすいのですが それを理解できない   もういちど書いた。     薬で病気が治るというのが不思議でしょうがない のです。   科学的に証明もできない事に   絶対的に信じているチキュウジンってのは酔っ払いと同じジャナイかな? なんて思うのです。 と、酔っ払いが書いていますが。     いい加減、ウソばっかりのこの世界に気づけよ! と、いいながら、   このまえ、うまい話に欺されてしまいました(バカ     まあ、この「薬で病気が治る」という信仰は うまい話の中でも超特級だから   「病気になったら薬で治療する」という絶対性を 未だに捨てきれないのでしょうね。     しかし、実際には自分の思い込みだったりして(爆・・じゃないな   ーーー以下転載ーーーー   この『99.9%は仮説』という本は、Amazon をはじめ、どこででも入手できると思います。


    ところで、その本には、1965年にノーベル物理学賞を受賞しているアメリカの物理学者リチャード・ファインマンの、


    「科学はすべて近似にすぎない」


    という言葉も紹介されているのですけれど、なんかこう、子どもの頃から、今に至るまで、教師や科学者の口から、


    「今教えている勉強はすべて近似(大体そんなもの)にすぎない」


    と教えられた記憶がないです。

    学校でも、あるいは「上から教える人」たちから、


    「今教えているこれは絶対的なもの」


    というように「学問はすでに 100パーセント決定しているもの」として教えられ、そして、私たちの下の世代の子どもたちや若い人たちもそのように教えられて育っていくのでしょう。


    そして、これが地球を滅ぼします。   ーーーーーーーーーーーー   地球ーーーその前に人間でしょうね。             この世の99パーセントは なんと、大ざっぱに考えている説(言い過ぎか)を   絶対   だと思い込んでいる酔っ払いに過ぎなかったという     私の思い込みです。     ということは   医学上のエビデンスなども この類じゃないだろうか   ここに結びつける訳です(無理矢理笑い     科学的だとか、非科学的だとか   そんなの   カンケイネエ!   という事を言いたかっただけです(笑     そして、そのいい加減なものに絶対性を感じる人間は   その先に待っているのは     地球を滅ぼすのではなく   人間を滅ぼす   のではないかなあ・・・・      

    0 0

    グーミンってなに?毒親ってなに?を考える勉強会 質疑応答編 1

     

     

    グーミン?

    どうやら愚民のことらしい?

     

    毒親?

    真実を知らない親というよりも

    真実を知ろうとしない親らしい?

     

    オヤオヤ(別名

     

    医者とおかんの「社会毒」研究 クリエーター情報なし 三五館

    0 0

    薬が病をつくる in名古屋 講師 内海聡

     

    薬が病気を造る

     

    ああ・・・

     

    え! 驚かないの?

     

    ああ・・・

    ど、どうして!
    衝撃的な話よ!!

     

    そうかも知れない・・・

    あふぁ〜〜(あくび

     

    興味ないのね?

     

    あふぁ〜〜・・ぼく、33年前に教えて貰ったからね
    そして、莫迦にされて来たからもう飽きちゃった

     

    え?そんな前に? 誰が教えたの?

     

    ああ・・宗教だよ

     

    なんだ宗教家、迷信ね、やっぱ。

     

    いや、宗教家が言い始めたのはもう80年か90年以上も前らしい

    それを伝え聞きということさ。

     

    ふ〜ん、で、その宗教まだやってるの?

    わし(急にボクから変わる)、もう組織は辞めたのよ。

    で、その宗教の教義のうちから取捨選択しているだけね。

     

    その中で「薬が病気を造る」という教義はまだ捨てないのね。

    あと幾つかあるけど・・・

     

    じゃあ、ぜんぶの教義を信じている訳じゃ無いのね?

     

    そうそうそうそうそうろうそうそう

     

    あ、またその手を使う!

     

    まあ、この先、捨てたり拾ったり日替わり弁当のようなものかなあ

     

    ということは?

     

    ここで書いたり紹介した記事をいつまでも信じていてはいけないという話ね。
    明日にはもう否定しているかも知れない

     

    だから、himaariさんじゃなくてhigawariさんとも言うのね。

     

    いや、そうじゃない

     

    え?

     

    あまりにもコロコロ替わるから

    いまではakyooonと言われ、誉められているぞ

     

    それって、呆れられているんじゃないの?

     

    あ、股股どうでもいいことを書いてシマッタ。

     

    日本の「薬漬け」を斬る―薬は万能ではない!患者は必要以上に薬を飲んでないか? クリエーター情報なし 日新報道

     

    医学不要論 クリエーター情報なし 三五館

    0 0

    当ブログでは

    ま、常識中の常識だけど(糞、エラそうに

     

    【若返り】船瀬俊介さん?「降圧剤は5倍の死亡率」


    0 0

    まえがきはこの動画とは関係ありません。

    すべてフェックションです。

     

    おい、クシャミかい。

     

     

    君しに多毛な枯れ

    あれ、

    君、死にたもうなかれ

     

     

    多毛もしだいに白髪化して・・・

    枯れ果てて逝く

     

    すすきの白き穂も

    遂には枯れ色となり晩秋の月かな

     

    陰毛も枯れ果てて白き余韻を残しけり

     

    なんだ、なんだ〜

     

    にんげんと産まれた途端、一途にあの世行き

     

    死を避ける君の
    のたうちまわる様は 下に哀れかな

     

    死に際の美事さに

    一生の悪事が消えにけり

     

    いくいくといいつつ

    よがり気味に君は

    ますます我が輩を逝かすつもりか

     

     

    なな、なんなんだ〜〜

    いえね、ひとは死ぬときに死ぬがよかろう(良寛和尚

     

    ところが・・

    死にたくない、死にたくない))))))) 木霊する

     

    でも、雲こくさいさんによると

    にんげんは産まれる事は無い、だから死ぬ事も無い

     

    というが

    これはエゴが一番嫌う話だろう。

     

    中村のじっチャン

    じゃないか!! 仁一さん

    いよ〜〜だいとうりょう

     

    よく言ってくれた。

     

    けっきょく、「あきらめ」が大事なんだという。

    明らかに俯瞰してみる自分

    すると、いま死んでよいんだな

    という確信を持つ。

     

    しかし、それも幻想なんだというけど。

    まあ、死を見つめるのもこの世の実体験として現実感があるからね。

    意味不明なまえがき読んでくれたあなたは辛抱強い(男)我慢強い(女)

    え?棒とマン・・・後者の漢字が分かりませんでした〜

     

    中村仁一先生講演会 『自然死のすすめ』


    0 0

    聴いた?

    読んだんじゃ無いの?

    いや、オレは聴いたんじゃ。

    11/08)あの世に聞いたこの世の仕組み10

    (11/07)あの世に聞いた、この世の仕組み 第7章

    それにしても、飛んで万年

     

    き〜使って万年

    あの世に聞いた、この世の仕組み クリエーター情報なし サンマーク出版

     

    もっと あの世に聞いた、この世の仕組み クリエーター情報なし サンマーク出版

    あ、それか続編が出たので

    こちらも推薦

    もっと あの世に聞いた、この世の仕組み クリエーター情報なし サンマーク出版

    0 0

    Facebookより

    そのマンマ

     

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

    船瀬図書館


    □■ 知らなければ殺される! ■□
    ジャーナリスト船瀬俊介が、渾身の魂をぶつけて殴り書く!

     船瀬俊介 ホットジャーナル(創刊準備 1号)
    (購読申込み)http://www.pdfworld.co.jp/5963/mm_form.html


    ・・ I N D E X ・・

    ■ 10月一考察
    ・向かい風を受けながら……
    私は、物書きのはしくれとして、生きてきました。

    ■ カンチョー暴露シリーズ<0001>
    ★コーヒーフレッシュは、ミルクじゃない!

    ■ 日本人が知らないニッポン
    ・日本の現状、世界の現状

    ■ 船瀬俊介 講演会情報
    ・12月01日(日)大阪
    ・12月21日(土)東京

    ■ 質疑応答(20131007-1)
    <質問>放射能が東日本では出ていますが。

    ■ 編集後記

    ↓↓ここから本文↓↓

    □ 10月一考察 □
    向かい風を受けながら……
    船 瀬 俊 介

    私は、物書きのはしくれとして、生きてきました。
    ジャーナリズムは、大勢に流されてはだめです。長い物にまかれてはだめです。
    雨が降っても、寄らば大樹の陰を求めてもだめです。
    大船に乗れば安心かといえば、そうでもない。大船も泥船のごとく沈むことがあります。今が、まさにそういう時代でしょう。
     
    ひとは安心を求める生き物です。家族がいればなおさらです。
    定期収入、それも多いほどありがたい。安心こそは心身を安んじてくれます。
    逆に、不安は、気分が悪くなります。頭が痛くなる。胸がむかむかしてくる。これはイカン……。で、やはり、ひとは安心できるものを求めるのです。

    安心して生きる。それは"常識"に生きることです。他のひとが生きている生き方にならっておれば、ひとまず安心です。人間は社会的動物
    といわれます。それは、群れていることに安心感を覚えるからです。
    その意味で羊など草食動物の群れに似ています。

    「聖書」では人間を迷える子羊にたとえています。Sheep(羊)という単語は、単数でもあり複数でもあることを知っていましたか?
    羊の群れを統率するのが牧羊犬"シェパード"です。当然、その犬を使う飼い主がいるはずです。キリスト教の教えでは、それは万物の造物主"ゴッド"であるはずでしたが、どうも現実は違っているようです。

    アメリカの名優ロバート・デニーロ監督の映画に『グッド・シェパード』という傑作があります。それはCIA(米中央情報局)の内実を暴露する映画なのです。
    つまり、無辜(むこ)なる大衆(1)を管理するのはCIAである……と言う勇気ある告発映画です。では、その牧羊犬の飼い主はだれか?
    それは超巨大資本です。早く言えばロスチャイルドやロックフェラー財閥にすぐ行き着きます。

    (1) 無辜(むこ)なる大衆とは/
    そもそも「悪意が無い」
    「罪を問われる事自体が当てはまらない」大衆。


    こういうと、「アラ、トンデモ陰謀論ね……」とアレルギーを起こす人もいます。
    長い物にまかれて安穏としている人にとって、真実を知ることは、不安をもたらすからです。だから、反発し、否定する。心理学でいえば「防衛機制」というメカニズムです。一種の自己防衛本能です。

    だから、真実を語ることは、一般大衆を敵に回すことにもなりかねない。一般大衆のためを思い、訴えているのに、その一般大衆から反発され、白い眼で見られ、ときには石を投げ付けられかねない。 

    なぜ、こんなことを思ったかといえば故・水野広徳の記事を読んだからです。

    「ペンで反戦を訴えた軍人」(保坂正康著 『東京新聞』9/29)
    水野は海軍大佐まで昇りつめた軍人であったが、第一次大戦で欧米の国々を歴訪し、非戦闘員たちの膨大な死体の山に衝撃を受け、反戦思想を抱くようになる。

    大正10年には「軍人心理」という原稿を東京日々新聞に寄稿し、日本陸海軍の硬直した組織を痛烈に批判した。30日間、謹慎の処罰を機に軍服を脱ぎ捨て、評論活動に入った。まさに、剣をペンに持ち替えたのだ。そして、軍国主義、帝国主義、侵略戦争に真っ向から反対の論陣を張った。そして「軍閥、日本を亡ぼす」と時の軍部を徹底的に批判した。彼の警鐘は、まさに正鵠(せいこく)(2)を射ていた。
    しかし、唯一の論文発表の場だった雑誌『改造』は発売禁止となった。

    (2) 正鵠(せいこく)を射てとは/
    物事の急所・核心をつく


    しかし、水野はひるまず、時の海軍大臣に公開質問状を送付している。
    それは「世界にわが国の平和国策を信用せしめるものは、海軍大臣の他にない」と、開戦を思い止どまらせるための必死の要求だった。
    しかし、書面は黙殺され、日本は破滅の太平洋戦争に突入していった。
    そして……その結末は、言うまでも無い。

    水野は戦時下で、いっさいの発表の場を剥奪された。そして、1945年、敗戦。自らの予言通りの焦土と化した荒廃の日本で病死している。
    70歳の生涯だった。
    戦中、多くの言論人や記者たちが軍部に追随し、戦争賛美の文章を書き散らしていたとき、水野広徳の生き様は、見事というしかない。
    水野を白眼視し、敵視し、攻撃した人々は、無残な焦土に佇んで何を思ったであろう。

    ときは移りて、今もまた、ひとびとは時の権力の垂れ流す情報に酔いしれ、踊らされている。テレビも新聞も雑誌も、マスコミは権力に追従し、媚びを売る太鼓持ちと化している。
    アベノミクスで景気はよくなる。TPPで経済は上向く。東京オリンピック招致万歳!夢のリニアが未来を結ぶ!
    羊という家畜を一方向に追い立てるのは実にかんたんである。一方向の情報を垂れ流すだけですむ。かつての軍部は、戦争という方向に、ひとびとを追い立てた。その先に地獄が待っているともしらず羊たちは喜々として従い、破滅に向かい、呻き声をあげて次々に息絶えていった。

    同じ光景が繰り返されることを、私は憂える。恐れる。いや、すでに地獄は身のまわりのあちらこちらに出現している。たとえば、ほんの一例を上げれば、ガン治療という名目で入院患者のうち毎年28万人が病室で惨死している。まさに白亜の病棟で粛々と今日も静かな殺戮
    (さつりく)の儀式が執り行なわれている。しかし、ひとびとの眼には、その悪魔性は一切見えない。かつての聖戦という名で執り行なわれた殺戮の数々となんら変わらない光景である。

    それでもなお、白眼視されても、石もて追われても、ひとびとを救うために真実を訴え続ける。その生き方の、とうとさを水野広徳は教えてくれるのです。
    それは、向かい風を顔に受けながら、ひるまず前に進む、じつにさわやかな悔いの無い生き方に思えるのです。

     (了)


    □ カンチョー暴露シリーズ<0001> □
    ※カンチョーとは、勧善懲悪の「勧」と「懲」をくっつけた造語です。

    このシリーズは、フェイスブック日本怒り心党にアップされた記事で、3000リーチ以上の人気記事を紹介するものです。

    -----------------
    ★コーヒーフレッシュは、ミルクじゃない!(リーチ数/40,432)
    -----------------
    冷えた生クリームを出してくれて、客が使用したらすぐに戻す。
    そんな喫茶店が懐かしいですね。

    秒刊SUNDAY
    「コーヒーフレッシュが使い放題である本当の理由は恐ろしい」から転載です。

    安部 司氏の『食品の裏側―みんな大好きな食品添加物』によると、コーヒーフレッシュが無料で使い放題状態で配られている本当の理由が記載されている。
    結論を申し上げるとコーヒーフレッシュは『ミルク』ではない。
    また『乳製品』でもない。では何かと言うと

    『植物油に水を混ぜ、添加物で白く濁らせ、ミルク風に仕立てたもの』

    だと言う事だ。つまりコーヒーフレッシュをドバドバとコーヒーに混ぜて使うということはすなわち、サラダ油をコーヒーの中に突っ込み
    『わたしゃミルク使わなきゃコーヒー飲めないんだわ』と、あたかもミルクを入れているような錯覚を楽しんでいるにすぎないと言うのだ。

    ちょっと待って、それは詐欺ではないのか?と感じる方もいるかもしれないが、これは詐欺ではない。実はコーヒーフレッシュの原材料を見ると一言も『ミルクを使っています』とは言っていないのだ。
    ちなみに主な原材料として以下があげられる

    ・乳化剤
    ・植物性油脂
    ・増粘年多糖類
    ・PH調製剤
    ・着色料
    ・香料

    乳化剤とは、界面活性剤の事で何故入れるかと言うとサラダ油と、水が混ざりにくい問題を解消するためだと言う。増粘年多糖類とはミルクのような、とろみを出す液体。
    これらを混ぜて作ったなんちゃってミルクが『コーヒーフレッシュ』なのです。

    今後もし、コーヒーの中に本当のミルクを入れたいと考える方は、敢えて別途ミルクを注文するか、カフェオレのようにもともとミルクが入っている商品を注文するしかなさそうだ。

    (記事リンク)
    https://www.facebook.com/photo.php?v=144453382423878


    □ 日本人が知らないニッポン □
    ■第一話 日本の現状、世界の現状

    「日本人が知らないニッポン」
    =隠されてきた歴史から読み解く世界の成り立ち=

    今回のテーマである「日本人が知らないニッポン」では、世界から見た近代・日本の歴史を振り返りながら、現在の世界の流れを読み解いていきます。

    今まで慣れ親しんできた一般常識からかけ離れた内容や、テレビまたは新聞のニュースでは伝えられていない情報がたくさん含まれています。
    これまで一度も耳にしたことのない事柄や、中にはとても信じられないような情報もあるでしょう。もし、そのような事柄に疑問をもたれたら、これを機会にご自分で一度調べてみるようお薦めいたします。いずれにせよ、この記事から、世界を見る新しい視点を身につけていただけたら幸いに感じます。

    それでは、本編に入っていきます。

    最近日本の ニュースに出てくるものといえば、何でしょうか?

    「普天間の米軍基地再編問題」「長引く不景気」「国家財政赤字」「地球温暖化対策」また「JAL再建問題」など、問題が山積みです。

    一方、世界に目を移してみても、よく耳にするのはアフガン・イラクにおける長引く「対テロ戦争」「イランの核開発疑惑」「温暖化をはじめとする環境問題」「波乱含みの今後の世界経済動向」など。

    国内同様、世界にも問題は山積みです!問題の多さと複雑さゆえに、世界中のすべての問題が解決する日が来るのだろうか……と疑問に感じます。

    専門家ですら解決できないこれらの問題、ましてや一般市民の私たちにできるわけがない。
    到底、無理なことだと、考えることさえあきらめてしまいがちです。

    「私たちには、所詮、関係ないと……」

    でも本当にそうなのでしょうか?

    たしかに、世界に起きている問題をひとつひとつ別々に見ていくと難しくみえます。とても解決できないようにみえます。

    また、日ごろのテレビのニュース番組を見ても、表面的なことばかりを
    専門家が難しそうに議論しているだけで、問題の「本当の根源」にふれ
    ることはありません。

    そこで、今回は、あらゆる世界の問題の「本当の根源」を明らかにするために歴史を探ってみました。すると大変驚いたことに「過去」「現在」そして「未来」までもが、一本の線で繋がり、とてもシンプルに掴むことができました。

    そう、この言葉のとおり、まさに " 歴史の中に未来の秘密があった " のです!

    <第二篇に続く>

    (全文を読む)船瀬図書館
    https://www.facebook.com/funasebook/app_303490229691376


    □ 船瀬俊介 講演会情報 □
    ■12月1日(日) 大阪朝日生命ホール
    第26回 日本綜合医学会 関西大会『日本再生――少食が世界を救う』
    10:00 開会
    13:30 開演〜16:00 終演

    【料金】
    当日 3000円
    事前予約 2500円

    【講演会詳細】
    http://num.to/8938-5970-7592


    ■12月21日(土) 綿商会館4F(日本橋富沢町)

    日本クルシミマス/次世代へ真実のプレゼント!
    1:00 開場
    13:30 開演〜17:00 終演

    【料金】
    当日 3000円
    事前予約 2500円  
    事前振込み 2000円(期日11月30日まで)

    【予約申込みフォーム】
    http://www.pdfworld.co.jp/funase/form.html


    □ 質疑応答(20131007-1) □
    ■質問:
    放射能が東日本では出ていますが、それは、気にすべきですか?
    ちなみに、家では西日本から取り寄せています。


    ■回答:
    放射能汚染による被ばくで、無視されているのが低線量被爆ばくです。
    罹病率、寿命、発ガン率など、明らかに大きな悪化がみられます。
    チェルノブイリでの研究報告ですが、日本ではメディアも黙殺しています。それは、ペトカワ理論と呼ばれています。

    詳細は拙著『原発マフィア』(花伝社)を参照してください。
    ちなみに『放射能生活の注意事項』(三五館)、『放射能汚染だまされてはいけない!?』(徳間書店)で、具体的な放射能汚染を減らすノウハウを、詳しく述べています。



    ・・ 編集後記 ・・

    発行責任者の白鳥です。
    世間では、福島を忘れ、やれオリンピック、それハロウィンだと浮かれています。そんな日本人の目を覚まさせるためにも、皆さんの力が必要です。手に手をとり声を合わせ一人でも多くの方々に真実を伝えて行こうではありませんか。

    それでは、11月18日(月)に、また会いましょう!

    (船瀬俊介ホットジャーナル購読申込み)
    http://www.pdfworld.co.jp/5963/mm_form.html


    ―────────
    メールマガジンの配信を停止するには、
    >>> メール受信解除 >>>
    http://mcfrm.com/HiB/fr/hot1/hotmmm
    メールアドレスを記入し、解除ボタンを押して下さい。
    ━━━━━━━━

    最後までお読みくださいましてありがとうございました。

    ジャーナリスト 船瀬俊介 拝


    発行:5963College
    ───◆──────
    5963College(ご苦労さん大学)
    http://www.pdfworld.co.jp/5963/
    発行責任者 白鳥一彦
    運営事業者 効目組
    http://health.essay.jp/

    いいね! · <label class="uiLinkButton comment_link" title="コメントする"></label> · シェア · 23時間前

    ーーーーーーーーーーー以上ーーーーー

     

    ボクも申し込みしました。

     


    0 0

    こんなお叱りを受けるのを覚悟で・・・(題名)

    牛乳やさんごめんなさい。

    ウッシッシ♪

    じゃない!

     

    全部マンマ転載

    フェスブックより

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

     

    かわかみ様記事より   備忘。

    ☆牛乳はモー毒?!

    保健所や産院で、子供やお年寄り、赤ちゃんに何故 牛乳や粉ミルクを 勧めさせるのでしょうか? カルシウムが高く、手軽に簡単に飲めて手に入りやすい環境にあるから?それは日本人のカルシウム不足を補う為に考えられた事ではなく戦後、日本はアメリカの経済の発展の為に行政が従ってしまったというカラクリがあったとしたら どうしますか?

    今回は また 医学博士 真弓 定夫先生のお話。

    実は戦後、日本人が牛乳を飲み始めた時から増えた病気は 骨粗鬆症だけでなく脳血管障害、ガン、心臓病の三大疾患があります!
    もともと牛乳は 子牛のものです。それを人間が大量に飲めば カルシウム濃度が高くなり それを排泄させる機能が高まり、かえって骨粗鬆症を起こしてしまうという訳。

    可哀相なのは人間だけでなく 子牛☆彡産まれてから自然な生活なら半年は一緒に暮らせるのに数日で引き離され 人間が横取りして 配合飼料に替えられ BSE(狂牛病)が発生してしまいました。

    そして犯罪や異常行動が増加…それも、どんどん低年齢化しています。実は、この現象も牛乳の過剰摂取と因果関係があると確信しています。その証拠に問題行動を起こしていた生徒に牛乳を止めさせただけで情緒が安定し暴力をふるう回数が減ったという記録があるのです。厚生労働省も牛乳の過剰摂取と心の偏りの密接な関係にも気付いたのか
    2002年(平成14年)度からは公立保育園の牛乳給食の量を2001年(平成13年)度までの1日平均 200mlから80mlに減量しました。何故 減量したかは一切不問にしています。
    そして2000年(平成12年)5月 厚生労働省は 「健康日本21」 という成人向けのガイドラインを作成しました。そこには成人向けの牛乳摂取量を乳製品を含めて1日130ml と明記しています。 それなのに成人よりはるかに体重が少ない小学生1年生の給食に200mlの牛乳は多過ぎます。園児が 80mlとしているのに わずか1年しか違わないのに2.5倍も 与えられているという事実。

    さらに常軌を逸しているのが保健所の栄養指導です。 「200ml〜400mlの牛乳を飲みましょう〜」 なんて指導しています。(゜o゜)\(-_-)牛乳は目にも影響を与えます。白内障の原因は牛乳、ヨーグルト、チーズのガラクトースが水晶体に沈着し混濁するから起こるのです。 (*_*)☆彡

    ☆日米の牛乳メーカーは牛乳の普及とともに生活習慣病が増えている原因は牛乳の脂質にあると分かっている〜??(゜Q。)??
    だから その対策として脱脂乳や低脂肪乳を生産せざるを得なくなったのです。

    牛乳−成分無調整で100%牛乳

    成分無調整牛乳: 牛乳100%で水分や乳脂肪分の一部を除去したもの

    低脂肪牛乳 :生乳100%で脂肪分の一部を除去したもの

    無脂肪牛乳 :生乳100%でほとんど乳脂肪分を除去したもの

    加工乳 :生乳または乳製品を原料にそれらを加工したもの

    乳飲料: 乳固形成分3%以上でカルシウムやフルーツなどを加えたもの

    それは 牛乳メーカーが牛乳をそのまま飲んではいけません!と白状しているようなものなのです。

    地球には オッパイで育つ哺乳動物が約4000種類いますが 他の動物の お乳を 我が子に与えてるのは人間だけで それは不自然きわまりない事なのです。  

    ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

    まあ、健康の為に飲むというのは控えます。

     

    でも、アイスクリームとかいろんな食べ物に使われているので

    少しくらいイイデショ♪

     

    好きな様にしろよ、モ〜〜

    ウッシッシ♪

     

    そして、また題名に戻る

     

    日本の官僚、お役人様達はアメリカべった煮のようですから

    モ〜〜牛(うし)なわれた日本精神では、外国に牛(ぎゅう)じられているのだ

    苦しいなあ・・・牛(うし)ししし

     

     

    葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻) クリエーター情報なし グスコー出版

     

    牛乳の飲みすぎに注意しましょう!―牛乳神話完全崩壊〈2004年版〉 (危険警告Books) クリエーター情報なし メタモル出版 牛乳神話完全崩壊 (危険警告Books) クリエーター情報なし メタモル出版

    0 0

    まあ、ボクとしてはどうって事無い題名の本だけど・・・

    ボクが言うと非難GoGoだろうが

    お医者さんが言うんだから

    マチガイナイ!

    と言っても

    ほとんどのお医者さんはそんな事言わないでしょ(笑い

     

    ステキな彼女に惚れてしまった

    「おい、不幸せになりたかったら、おれんとこへ来い」

    なんてね。

    え! それでも行っちゃった〜〜

    そんなもんですよ、だってこの世は体験ゲームだから

    君子危うきに近寄る

    だって、ゲームでしょ。

    障害の無いゲームなんてつまらなすぎる

     

    そして、泣いて悲しんで怒って

    よかったあ〜〜〜〜♪

    素晴らしい体験でしたあ〜〜〜♪

     

    となる。

     

    だから、気の小さいヤツはお医者さんに行かないが

    肝っ玉の太い人は平気でお医者さんに命を預ける

    これ

    ホント?

     

     

    医者に命をあずけるな (PHP文庫) クリエーター情報なし PHP研究所

     

     


    0 0

    高畑勲監督「かぐや姫の物語」は『スタジオジブリ』では作られてなかった!

     

    本日観ました

    感想は文字には出来ません

     

    のぞき魔の喜びはのぞき魔にしか分からない(阿茶

     

    YouTubeでは幾つかの紹介動画がありますが・・

     

    いまここで観る映画

    でした

     


    0 0

    【動画】Dr内海の聖域なき言いたい放題 ガイダンス 薬害研究センター

     

    びっくりするような話でしょうが

    このブログ読者さんなら、な〜〜んだ聞いたことあるジャン

    となる鴨ね。

     

    食べすぎにご注意・・・と言う食べすぎのボロ愚主だった・・・

     

    まあ、薬で病気を治すのではない、

    自分で治るのである

    寝ていても心臓も呼吸もしてくれているのだから・・・

     

    農業も人体も同じなんだなあ

    甘いものに気をつけましょう・・・・と言いながら甘いものを食べているボク・・

     


    0 0

    ビジネスです。
    が、あらゆる方面に役立つと思いますね。自分の想いを多くに人に伝えるとか・・

     
    あの和佐大輔の脳を徹底解剖

    無料ですのでお気楽にどうぞ

    じつはボクもこれから試聴するつもりでして(汗
    内容については説明はしませんし、個々の自由ですから。

     

     

    ひとは年齢にとらわれない方が自由だ

    見かけ上はじいさんでも和紙は和佐氏に先輩性を見ているのだな・・

     

    イエスさんだって、あの若い時代にあれだけの事を説いていた

    これからの時代は若い、年寄りの差が無くなる

    ただ、見かけ上はショウガナイが(苦笑

     

    そこで、なぜ推薦したか?

    和紙、いやボクは既に3年あまりも前から彼の言動に注目してきたからだ

    もうひとつはお小遣い戴きたいからだ菜(紹介アフィリエイト・・・こちらの方が本命
    一人で見るだけなら、ひとりで申し込んで終わるからね。

     

    登録メールで後で嫌な目に?

    嫌なら即刻解除すれば良い。

    別に困るような事は無いのですね。

    それは保証できます。

    ただし、

    別に案内があるだろう「有料講座」については自分で決めてね。

    当局は推薦も非推薦もしません。

    興味ある方はどうぞ

     

     

    和佐大輔氏の出版本

    テトラポッドに札束を (単行本) クリエーター情報なし 幻冬舎

    これも未だ読んでいません(汗

     

     


    0 0

    いまこうしている内にも・・・

    全国の病院などでカンチガイガン医療でガン治療を受けているんだろうなあ・・多くの人が・・

    さも心配そうに書いているが

    じつはそうでもない。

    自分の身内に近いものに比例して心配度は上がるが

    それが見も知らぬ人たちだと平気でいられるボクであった・・・

     

    過去記事にも紹介した例の「ガンは月光仮面だった!」論は

    おそらく、日本人にはほとんど読まれていないだろう。

     

    それはそれでもよい。

    どうせ他人事だからね。

     

    そこで、この紹介記事は

    将来自分もガン細胞にお世話になる予感がする人 近い身内で既にガン細胞のお世話になっている人 ヒマでショウガナイので、他人様にこんな事でも教えてやるかという人

    まあ、最後はなんだか自分のことを言われているようでいや〜な気がしたが・・

    ここで、なぜ「ガン細胞にお世話になる」んか?

    という強い反発心を持つ人も多いだろう。

    そういうひとこそ、ガン細胞=月光仮面説を読んで欲しいものだが

    怖いもの知らずのお人好しも含めて勇気あるひとはのぞいてみて欲しい。

     

    え?

    やっぱり怖くてのぞけない?

    ううむ・・キミはのぞきの魅力を体験してないな・・・
    これをいちどやったらもう障害闇付きになること請け合い(うけあってどうする

     

     

    そこで、当社もしぼりに絞ってスッカラカン(おい、元々無い頭だって!

    のぞきは怖いから

     

    ふふふ・・・聴くだけよ〜〜〜♪

    という文字が読めない言い訳の方は、ずいぶんと親切に読み上げにしてあげた

    きけ!わだつみのこえを!!

    「ガン細胞は味方だった!」医療界に衝撃 ←ここで聴ける

    なんとガン細胞はワタシの味方だった!

    現代医療のガン撲滅運動、早期発見検診、ガン三大治療・・・
    あらゆる面に「不都合な真実」となるだろう・・・

    がん細胞
    より


    (こんな事を書いているおじいさん:  隣近所の人たちにはすでに正体がばれちゃってたりして・・(悲笑

     

    どこが真摯な記事だ!

     


    いや、リンク先の事だよ。

    ひとは言葉にすぐ欺されるから本物が判別できない・・・特にニッポン仁は(悲笑

     

     

    「ガン細胞は味方だった!」医療界に衝撃

    なんとガン細胞はワタシの味方だった!

    現代医療のガン撲滅運動、早期発見検診、ガン三大治療・・・
    あらゆる面に「不都合な真実」となるだろう・・・

    がん細胞
    より


    0 0

    和佐大輔氏の無料企画です。

    【無料プレゼント】最先端のマーケティング技術とその生かし方

     

    裏話をばらします(汗

    ボクの楽しいアフィリエイト作業です♪

    あなたが登録すると無料プレゼントを試聴などできます。

    ボクには紹介料が自動的に発生します。

    これはこの業界の常識ですが・・・

     

    その後に、有料講座のご案内が送られてきます。

    それをご承知の上でどうぞ

    ただし、決して怖がることはありません。

    気に入らないなら無視すればよいだけですから(笑

    それはここのブログ記事と同じ、取捨選択件は誰でも無い、

    あなたにしかありません。

     

    和佐大輔氏とは

     この様な方です↓

    テトラポッドに札束を (単行本) クリエーター情報なし 幻冬舎

    0 0

    わかっているでしょうが・・・

    初めての方はご注意
    (当ブログはまえがきやあとがきは愚利己のオマケです。本キャラメルとは関係ないものです)

    年々歳々、若返り現象爆心中(但し、オツムの方だけ・・)

     

    なにもしない

    努力をしない

    旧時代のタブー文字でした(苦笑

    だから、

    キリギリスは凍死や餓死に

    働き蟻は裕福に暮らしましたとさ

     

    だが、新時代の到来で

    なんと、努力しない方が裕福に幸せに暮らしましたとさ・・

    お任せプレイが流行るそうです。

    それを放置プレイと言う人も居る(あ、オレだけか

    切り替わるという話があちこち出てきています

    ただ、期待通りになるかどうかはひとつのポイントがあるそうです。

     

    それが喜びだそうです。

    喜んで楽しく

    の状態でないと、単なるなまけ者(阿茶〜

    そこで、ナニが喜ぶかも知らないと

    エゴ丸出しの喜びか、真我の喜びかを見分けないと

    でも、エゴがいくら考えても見分けられません。

    とうぜん

    エゴの好きな方を選びますからね。

     

    じゃあ、どうする?

    そこで出てくるのが

     

    考えるな、感じるんだ!

    (むかし、ある筋の人に言われた事がある)

     

    しかし、どうすればいいんだ?(と、またエゴが考えてしまう)

    アア〜〜カンジチャウ〜〜♪

    となりそうだし・・・・ボクの場合

     

     

    さて、ガンになったら(宣告されたら)アナタはどうする?

    ガ〜〜ン!

    という衝撃とともに

    「センセータスケテクダサイ〜〜!」

    とすがるだろうか? それとも

    「いいや、どうせイク運命なんだから・・」

    と「外の先生」jなくて、「内の先生」にお任せするか?

     

    そこが問題だ

     

    これが世に言う、放置プレー

    じゃない!!

    ガン放置療法

     

    しかも、放っておくのが「療法」だというのだ。

    どうだ驚いたか!

     

    え?ちっとも・・?

     

    そりゃそうだ。ボクはガン検診など受けないから
    宣告される心配は無いのだな。

    しかし、ちみぃ〜クビの脇に塊があるぞ。それって癌じゃないの?
    (実際にあるのだが)

    が〜〜〜ん!そういえば・・ オロオロ (・_・ )( ・_・) オロオロ

     

    まあ、人様の癌なんてのはヘイッチャラだが

    こと、自分のことになると衝撃が走る、どこまでも何時までも走り続ける

    そして、息が切れたとき初めて覚る

    ああ、無駄な走りだった・・・と。

     

    そう、初めから分かっていたのに、ついつい引っかかってしまった・・・

    akyonn、アチャチャア〜ニッポンン!となる。

    (本当に息が切れて逝ってしまってからでも遅くは無いが・・)

     

    それほど、人間は努力、精一杯、できる限り、etc. が好きなんだ

    ようく考えて見ろ。

    いや、考えるな感じるんだ!

     

    癌を放っておいたらどうなる?

    考えるな、感じるんだ。

    どうしたら、うまく逝けるか?そこが問題だ。

     

    本当は癌バルトじゃだめ、闘ったらだめなんだけどね。

    ついつい、闘っちゃう。

    これを癌バトル → ガンバトル → ガンバルト → 癌との闘い → 抗ガン剤、手術、放射線(偽)治療

    となる。

     

    ところが

    12/18)「ガン細胞は味方だった!」医療界に衝撃

     

    という事を肝に銘じて、そこから始まる選択ガン(癌じゃないぞ眼)
    見分ける眼力だ。

    いや、弱視でも盲人でもよい。見るのは心眼だからね。

     

    究極の医療・・・それが癌放置プレイのすすめ   だ。

    なんで療法と言わないかって?

     

    そりゃあ、ちみぃ

    この世はすべて神の人間遊びゲームだというじゃないか

    だったら、遊び以外に無いってことじゃないの?

    だから、癌でさえもプレイするって感覚で楽しんで喜んで、ノリノリになって逝けば?

     

    ふふふ・・・自分の場合には

    (><@)(><@)ジタバタしまくってたりして  (><@)

     

    これは他人様には強くオススメして・・・

    自分には弱くオススメするかな・・・・

    ということで・・・(ナニが?

     

    ガン放置療法(プレイ←まだいってる)のすすめ

    (本には「がん」となっているが、癌>ガン>がん ←恐怖感の度合いで、今は柔らかく「がん」と表現される・・・うぃ〜好きペア)

     

    音声詠み上げはこちら

    ガン放置療法のすすめ1

    近藤誠著

    がん放置療法のすすめ 患者150人の証言 (文春新書) クリエーター情報なし 文藝春秋





    究極のガン治療とは
    無治療が最高の治療法だった!

     

    変集幸喜

    どこまでが、まえがきで、どこからが。あとがきなのか・・・わかるように区別しろ!
    という初心者の方に

    当ブログを最初からぜんぶよめば分かるのです。
    考えるな感じるんだ!

    今日は読み返してみた・・・・やっぱり逝ってるなあ・・オレ(いや、まだ気づく内はダイジョウブ・・か?

     

     

     


    0 0

    再投稿ですがこの動画じっくりご覧になって

     

     

    緊急!アンケートのお願い 大往生したけりゃ、医療とかかわるな 中村仁一先生と船瀬俊介先生対談

     

    そのまま転載です。

    資金供給(*^ー゜)尾根以外足します

    (^∧^)、オ、ネ、ガ、イ。

     

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

    公開日: 2012/11/15

    http://tyt.minibird.jp/iken.pdf
    緊急のお願いです。お医者さん、看護師さん、薬剤師さん、医学的な資格をお持ちの方、­医学にくわしい方に緊急のお願いです。
    A4で1枚でも1行のアンケート回答でけっこうですので上記のアドレスの質問について­のアンケート、もしくは意見の回答をお願いいたします!
    動画をつくるなどの活動の資金援助していただける方がおられましたら宜しくお願いしま­す。
    shinigaku@gmail.com  050-3571-8341

    http://funase.info/
    2012年8月の対談です。横暴に荒れ狂う"医猟"犯罪の惨状を語って頂きました。
    7〜10月に撮った対談や講演が他に15時間程度ありますので、随時アップしていきま­す。
    アップ予定 内海聡先生、医療過誤原告の会会長の宮脇正和先生、エビデンサー平塚俊樹先生 他 先生方の皆様、公開が遅れまして申し訳ございません。

    ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

     

    え? ボクの所には来ない?

    ☆=>=>=>(+_+。)SHOCK!!

    なら

    わたしんちの電子書籍だなあ〜。(^_^;

     

     (^∧^)、オ、ネ、ガ、イ。m(._.)m 

     


    0 0

    この前は

    がん放置療法のすすめ

     音声読み上げブログの目次
    (12/24)がん放置療法のすすめ4
    (12/24)がん放置療法のすすめ3
    (12/23)ガン放置療法のすすめ2
    (12/22)ガン放置療法のすすめ1

    近藤誠著

    がん放置療法のすすめ 患者150人の証言 (文春新書) クリエーター情報なし 文藝春秋

     

    でしたが、

    今回はなんと!

    病気放置療法のすすめ

    という題名にしました。

     

    これは世界の医学に逆らうものでしょうが、
    「全部」とは言いません。

    でも、かなりの部分、もしくは大半と言えるかも知れません。

    それについては過去記事で書きまくったわけですが、あまりにも荒唐無稽というか

    非常識極まる話になりますので、遠慮して参りました(それにしては結構書いてあるか)

     

    最近はもう船瀬俊介氏が過激過ぎるほど(ボクにとってはどうって事無いが)
    現代医学の批判論を出していますが、これに驚いている方も多いと思います。

    しかし、現代医学の批判とは単なる非難では無いと言うことを知らなければ
    むやみやたらに攻撃しているわけではありません。

    すでにそのような資料がたくさん出ているわけです。

    日本では岡田茂吉氏が昭和の初期から文書にして出しています。
    ただ、宗教に組み込まれてしまったので、そこが欠点というか拡がりの障害となっている。

    本来は宗教とは離れてみる必要があります。

    西洋でも当然そのような情報は既にあったわけですが、それも情報遮断されてきたわけです。

    また医学界からも既にそのような医学批判論は出ていたわけです。

     12/21)千人の医師の証言集5
    (12/21)千人の医師達の証言集4
    (12/21)千人の医師達の証言集3
    (12/18)「ガン細胞は味方だった!」医療界に衝撃
    (12/18)千人の医師達の証言集2
    (12/15)世界の千人の医師達の証言集1

    医療の犯罪―1000人の医師の証言 クリエーター情報なし 三交社

     

     

    ガン医療があまりにも目立ちすぎているだけのことで、精神医療(あまりにもデタラメすぎr買えって分かりにくい)、予防接種(天然痘からすでにトリックがある)等をはじめ、その他の医療もかなり含まれているようです。

    それが徐々に明らかにされてきているのが今。
    情報は既に出されているのですが、それを受け入れる側の準備が出来ていないのでしょう。

    週刊現代
    全国民必読 長生きしたければ病院に行くな
    余計な検査は受けないほうがいい、病気を作るだけだから

     

    放っておくのは危険だ

    構わないでおくと悪くなる一方だ

    なにか治療をしないと治るはずが無い

     

    この様な思い込みが先に立つのは長い間そのように人類全体共通の思いだったのと、時期の関係があるというのは「夜昼転換論」で岡田茂吉氏が解いています。

    それは原因と結果の時間が長かったこと。

    たとえ悪でも、時間が先延ばしになるから「必要悪」として薬は必要とされた。

     

    その時間が短縮されてきたという事が根本です。

    詳しくは電子書籍(電子書籍版ご案内)や過去記事に書いてありますが、病気=悪だという想念が今までの医学を支えてきたのですが、それが支えきれないほど現象として出てきているわけです。

     

    そろそろ、それが誰の目にも見えてくる時期になったわけですね。

     

     


    0 0

    むかし、医者いらずの極意

     という本がありましたが(当ボロ愚でもどこかで紹介したような・・失念)

     最近では既に紹介済みの

    医学不要論 クリエーター情報なし 三五館

    の著者が

    今度は、「医者いらずの食」です

    医者いらずの食 (veggy Books) クリエーター情報なし キラジェンヌ

     

     

    そこで、Amazonのぞいてみたら

    書評欄に優秀な記事を発見。

    もしかしたら、助手?かな・・・などと、なんでも勝手に助手にしてしまうボクですが。

    自分では書けないからね。

    でも、この文はかなり同調しちゃいましたね。

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

    5つ星のうち 5.0 世間に氾濫する健康の常識を疑え!という本 2013/12/17
    By 奇跡のゴリラ トップ1000レビュアー
    最初に結論。オススメです。
    健康情報の初心者にも、色々調べて玄米菜食などを信頼してる人にも
    読んでもらいたい本です。

    私は内海さんの本はほぼすべて読みましたし、
    自分でも色々調べて、健康に関しては内海さんにけっこう近い
    知識量を持っているように思います。
    だからこの本の内容も大筋で同意します。

    内海さんのフェイスブックやブログと同じ記事も半分くらいはありますので
    その点は注意でしょう。

    2か月前に発売された同著者による「社会毒」という本も
    食べ物に関する話が多かったので
    この新作の本とは重複する内容もありますが、
    新しい内容もありますので、読む価値はあるでしょう。

    本作がどんな本かというと、
    ベジタリアンや玄米菜食だけを盲信するのも間違いだし、
    肉食礼賛もおかしい、
    明らかに体に悪い砂糖や酒や添加物、電子レンジなどは
    避けることにして、
    あとは色々、高品質の肉や魚もバランスよく食べたり、
    日本の伝統的な食事(まごわやさしい)を取り入れよう、という本です。
    身土不二、マクロビ的な価値観に近いですね。
    まあ、なんでも食べるのが一番リスクが低いのは確かでしょうね。
    かといって食べ過ぎにも注意ですが。

    ただ、ちょっと気になったのは、
    昔のインディアンが肉をよく食べてて130歳くらいまで生きたという話を
    内海医師が友人から聞いて、それを根拠にして、
    肉食べてても長生きできるじゃないか、という説を強く主張するのですが
    その話って誇張や伝説とか風刺のような話かもしれないし、
    実際本当に130歳くらいまで生きていたのか、私は初耳でした。
    私は趣味で色々世界の長生き村などを調べたことがありますが
    その話は初耳でした。
    実際には80歳くらいなのに130歳だと誇張・勘違いしてる可能性だってありますよね。

    アフリカのマサイ族は肉や牛乳ばかりとるのですが
    平均寿命は50歳くらいとかなり低いです。
    アフリカの肉や牛乳というのは危険な成長ホルモン剤なんて使わないだろうから
    昔のインディアンと同じような食事と似ています。
    それでも50歳ですから、インディアン130歳説は疑問です

    確かに他のレビューの方も紹介していますが、
    日本や世界の長寿者は、ベジタリアンよりも肉食とか
    ジャンクフードもよく食べる、むしろ健康について無頓着な人のほうが
    長生きしてるのです。100〜122歳の話ですよ。
    逆に、健康について気を使って砂糖やお酒カフェインなどを制限して
    栄養管理をきちっとしてる人の方が死亡率や病気率が高いというデータもあるのです。

    ちなみに日本よりもアメリカのほうが100歳以上の人は1.5倍くらい多いのです。
    これってなんだか不思議ですよね。日本ってじつはそんなに健康的じゃないのかもしれない。
    お米もそんなにいいものじゃないのかもしれない。
    実際そういうデータがあります。日本全国の村を歩いて調査した近藤さんの本では
    お米を食べる村は必ず早死だと書かれています。肉や魚も早死。
    野菜(特にイモや人参、カボチャ)を食べる村が長生きなのです。
    といっても80歳とか90歳くらいを長生きと言ってる昔の話ですが。

    だから、ベジタリアンでも肉食でも、じつはそんなに
    凄い差はないんですよね。
    統計的にいえば圧倒的に肉食のほうが確実に長生きですよね。
    日本で100歳以上の人でマクロビとか玄米菜食の人ってどれくらいるのでしょうか?
    いたとしても、おそらく全体の1%くらいじゃないでしょうか?
    現在日本で最長寿の大川ミサヲさん117歳だって、
    肉もお米も饅頭も菓子パンもうどんもなんでも食べてます。
    内海さんの批判する1日3食を食べてますし。

    健康=ベジタリアンという風潮がありますが
    そういう風潮を批判してるこの内海さんの本は正しいと思います。

    ちょっと不満点は、ローフードにはもっと凄い利点が沢山あるはずなのに
    ちょっとしか言及していないのが残念です。
    電子レンジに限らず、普通に鍋などで加熱調理した食物(お米や野菜やパン)を食べると
    体内の白血球が増えて、毒物をとった時と同じような状態になるというデータがあります。
    つまり物を加熱した時点で体は毒だとみなすのです
    それに加熱したものを食べてるのは人間だけです。
    だからといって加熱食を食べてても122歳まで生きている人がいるので
    体に悪いとは言えないのですが、ローフードも取り入れた方が
    自然に近い食べ方なんじゃないかと思います。

    まぁ、現実を見れば毎日チョコ食べてる人が世界一の長寿122歳で
    2番の119歳くらいの人はチョコだけでなく、フライドチキンとかポテチも好きで
    しかも野菜は嫌いで、無理に野菜を食べないのが長生きの秘訣よ、なんていう人なのが
    最高に笑える話ではあります。つまりなんでもありなんですよね。笑
    この人たちは砂糖毎日食べてても長生きしてるんだから、
    結局、内海さんが最高に危険な毒物だという砂糖でも、
    人は殺せないんですね。笑

    とっちらかったレビューになりましたが、
    私の個人的なオススメとしては、
    この本の内容プラス、無農薬・無肥料の果物や生野菜を
    毎日食べることが大事なんじゃないかと思います。

    それと、最後に1つ
    アホンションと内海さんはバカにしますが
    実際アセンションは起きてますからね。笑
    こうしてみんなが内海さんの本読むようになったのだって
    アセンションでしょう。意識が拡大して真実に気づく人が増えるのが
    アセンションですからね。まぁ、アセンション話も色々な話があって
    胡散臭いのも多いのは確かです。

    また、ベジタリアンも肉食者も全く同じであり、
    野菜を食べてれば優しいという風潮を内海さんはとことん批判・中傷していたけど
    屠殺場での光景を見たこともなく肉を食べることこそ最も偽善であって、
    1年に1度、屠殺場の見学にいった人しか肉を食べられない制度にすればいいのではないかと思う。
    それを見てから食べるのと、野菜を畑から引っこ抜いて食べるのが
    同一だというのは観念的な話であって、感覚的には全然違うと思う

    また、子どもの目の前に果物と生きてる牛を置いて、
    腹が減ってどうするかを観察してみれば、
    誰だって果物を食べるだろう。
    動物を殺して食べるというのは本当に極限的な状況だけではないだろうか?
    そしてそのような極限的な状況は現代の日本には存在しない
    そういうことを突き詰めて考えれば肉を食べる必要もない、というふうに
    考えることもできるのだが、
    殺すなら牛も野菜も同じだという、哲学的な問題にすりかえて
    食性の問題を避けるのは違和感があった。
    これは内海さんが嫌悪しそうなヒューマニズム=人間中心主義なのではないだろうか。
    本当にヒューマニズムを排除するなら、そもそも長生きがいいのかどうか、
    昔の人みたいに30歳くらいで死ぬのが悪いことなのか?
    そういったことにも踏み込んでもらいたいなと思う
    そういう意味では、この本は突き詰めて考えることをしないで
    ほどほどの話で切り上げて終わっているのが残念ではある。

    ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

     

    歴史上、もっと長寿の人が存在したというので100才台はまだまだの口なのかも知れない。

    岡田茂吉は人間が薬を用いだしてから短命に向かったと言われていたが、それが本命なのかどうかも不明だ。

    大昔は、むしろ現代人より長命だったという話もある。

    それはともかく、食だけで寿命の長短が決められないのだろう。
    そして、薬(毒)だけでも言えないのかも知れない。

    むしろ、奥意識の方に寿命を決める何かがあるのかも知れない。

    だから、時には既に末期の癌でも奇跡的に治癒する場合もあるし、薬飲んで居てもちゃんと治る人も居る。

    長寿は持って生まれた生命情報に沿っているのかも知れないし、後の食生活と意識状態がそれを保つのだろうか。

    要は誰もその理由を知らず、また知っても証明出来ないから色々な説が出るのだろう。

     

    しかし、長命かならずしも幸福だというのも思い込みかも知れない。

    むしろ、時と場合によっては短命の方が幸せなの場合もあって当然だ。

    今の日本人は

    ただやみくもに長生きさえすれば善いと思っているが、トンデモナイ思い違いなのかも知れない。

    ひとは死ぬときに死ぬがよかろう

    という良寛さんの言葉には奥深い味わいがありそうだ。
    死ぬとき=ちょうどよい寿命(その人にとってだが)とき

    みんなが同じ顔して同じ体系で同じ寿命だったらこの世界はどうなる!

    だいたい、肉体の死は本当の死ではないから、この寿命談義もお遊びなのかも知れない。

    ただ、生きているという超リアル空間ゲームは一生懸命、マジメに遊ぼうってことだろうが、そこには楽しさがないといけない。

    たとえ、癌になっても

    ラッキー♪

    と言えるか(まあ言えないがね)

    本当は癌は究極の延命装置だったと分かれば、そこまでして長生きしようとする細胞群(人体)に感謝はするだろう。当然。

    ありがとうございます。ガン細胞様。

    まあこんなさとりがあれば苦しみもなくなるのだろうが・・・

    なかなか、人類何千年の思い込みはカンタンに消えてくれないのだな。


    0 0

    「ど素人は黙ってオレ!」

    まあね(笑い

    黙って俺・・・ならばこの世界は楽なんだろうけどねえ

    「オレは聞きたくないんだよ!そんな話!」

    ほんと、嫌がられてきました・・
    嫌われました・・・
    あたま疑われました

    みんな去ってゆきました

    本当の事をいうと、嫌われる。

     

    さらに「素人が何を言う!」とプロにも怒られたり

    「おいおい、だいじょうぶかあ〜〜」

     

    よく聞きましたねえ、この耳で(笑い

     

    船瀬さんがここで大便してくれている・・・

    あ、代弁ね

     

    緊急!意見書のお願い!!知らないことは罪である 船瀬俊介

     

    猿って、三猿主義のニンゲンだったのね(爆

    でも、ありがたや。

    ついに、地球次元上昇中で嘘ねつ造騙しの世界が切り替わりました。

    いよいよ、来年から現実化がハッキリとしてくるのでしょうね。

     

    でも・・・

    絶対拒否するのも自由な世界です。

    見ざる聞かざる言わざるの三猿主義のニンゲンをむりやりナントカしようなどとは

    決して思わないことです。

     

    向こうから見ると、こちらのほうが

     

    猿なのです。(笑い

     

    むむ、キキッキキ〜〜〜〜

    いくら言っても、猿の雄叫びにしか聞こえません(苦笑

    いや、顔も猿に見えるでしょうね、きっと。

    そういえば・・

    ご幼少のころ、わたくしめは猿に似ているとか、猿のまねも得意だったし・・

    やっぱり猿なんでしょうね、オレ。

     

    では、よいお年を。

    今年も、くだらないブログを読んで戴きましてありがとう〜〜〜〜!!

    と言っても、ほとんど他人様の転載記事だった・・

    と言う事は・・

    他人様の記事をくだらない?

    も、申し訳ありません。

     

     

    (またあした出てくるかも)

     


older | 1 | .... | 9 | 10 | (Page 11) | 12 | 13 | .... | 71 | newer