Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 861 to 880 of 1321)
(showing articles 861 to 880 of 1321)

Channel Description:

「医学革命」とは薬からの解放への「個人の気づき」の事である。雑多な情報も「取捨選択」&「鵜呑み厳禁」はセルフサービスにて

older | 1 | .... | 42 | 43 | (Page 44) | 45 | 46 | .... | 67 | newer

    0 0

    シィ~~~

    そんな事言うからつねられるんだ! イテテテ~~~!

    参考記事

    トランプとの支持率逆転 マッカーシー旋風(赤狩り)が60年ぶりによみがえる?

     

    とか

    何の根拠もないワシントン・ポストの陰謀論:米国の混乱はプーチン大統領の...

     

    真実を明らかにするFOXニュース、CIAの御用放送局のCNN クリント...

     

     

     

    わしの下る解説(あ、読んでも一切お役に立ちません)

     

    既にアメリカは●●勢力にのっとられていたわけ。

    そののっとられたアメリカにニッポン!アチャチャ~国がのっとられていたわけ。

    ほんとかいな?

    新聞テレビその他もろもろのメディアはちゃんと支配され続けてきたので、

    図書館で新聞を穴の開くほど眺めている人は、絶対に分からない野田。(笑い

     

    マスメディアが大本営発表の装具と化してから、はや何十年、いやもっとかも知れない。

    だって、営業会社でしょ。

    営業って金儲けが第一。

    安全第一と書いてもやっぱり儲からなければ従業員は怒られる、せっつかれるW

    建前は「真実報道」だが、本質は「御社大切」だから、支配層に逆らうはずがない。

    だから、真実をついた記事は出さない。

     

    そこで、アメリカの大統領選挙での真実報道はニッポン!アチャチャ~報道なのだ。

     

    あ、新聞屋さんには申し訳ない。

     

    いま世界で起こっている事は、コーリー・グッド情報やコブラ情報でだいぶ明らかになったわけだが、(中にウソもあるというけど、それがどれだか分からない・・だけど、不安恐怖をもたせるような話は捨てればよい、ポイ)

    このブログもいい加減な奴が書いている(というか、貼り付けばっかりジャナイか!)ので、「よいとこ取り」のセルフサービスとなる。

    たとえ、ボクが「これだけは真実だ」と言っても、信じてください、じゃないか!!信じないでくださいね。

     

    もう、人類の仮装パーティは終わりに近づいているらしい。

    マトリックスの自虐、自縛フェチももう飽きたという(わしはまだ好きだが♪)

    そこで、アメリカ大統領選挙に代表されるように大きな勢力争いという舞台が用意されていて、そこで起こる事が世界の大勢を示しているのであ~~る。

     

    ホントカイナ

     

    この大変化の時代はウソがバレバレになり、真実がいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやでも、明らかになってしまう、恐ろしい世界なのだ。(おまえだけだろ!)

    人に知られたくない秘密(たとえば、アダルト動画に何時間も熱心にはまり込む輩とか・・・あ、イテテテ~~~! ワシか)とか、ウソとでっち上げで創り上げた医学のエビダンス(別名エビデンスという)とか、こういうウソと捏造の世界が一挙に崩れ去る時が今なのだ。

    いまのうちに言っておこう。

    ワシはイケメンだ。ウソをついたことが無い。モテてモテてショウガナイオトコだ。昔だが。後ろから脚を捕まれて愛されたこともある。

     

    そのうち、

    逝け面だと知られ、ウソだらけの人生だとばれ、モテるのは軽い石ころだけだったとか、そして、脚を掴んだのがそこの家の犬だったことがバレた日には・・・・

     

    そんなことで、めげていられないのだが。

    それにしても、下らない文章に時間をかけやがってと自虐趣味もいい加減にしなさい!

    と言い聞かせ、めずらしく仕事(金儲けのことだ。ほんとうの仕事とは金の有無じゃないのだが、普通一般的に言えば仕事とは収入になることを言う。だったら泥棒だってスリだって鷺師だって、猛毒抗ガン剤を飲ませるい者だって、悪く効くワクチンを平気で薦めるお役所だって、立派な仕事ジャナイか)

    に出かけるので、この辺で擱筆といたすます。

     

    あなた、最後までよんでたのね!

    開いた口がふさがないね。爆

     

    追記

    フルフォード情報より

    (時々ホントカイナと思う話も満載だが・・笑い)

     

    フルフォードレポート英語版(10/31)

    ーーーーーーーーーー以下一部引用ーーーーーーー

    一方、毒を引き起こす癌によって攻撃された私のウエブマスターは最新の自然治癒法を使って治癒している。これは私の近くの誰かに対する個人的攻撃なので、反撃があるだろう。これは、慶応大学病院、日本医師会と米国医師会のトップは逮捕され、彼らのロックフェラー親分に背かされることになる。

    間違いなく、癌はロックフェラーとその仲間のハザール人が様々な日用品の中に発癌物質を入れ始めるまで存在しなかった。

    数千に及ぶエジプ以トのミイラの研究は、癌は存在しなかったことを確認している。ロックフェラーが医学界を引き継ぐ前の1世紀前の米国では、20人にたった一人が癌に掛かったが、今は二人に一人である。

    さらに、医療マフィアは癌に対するに偽の戦いの一貫として毎年、毒と放射線によって数百万人を殺している。このことは実際に、これを読んだ誰もがハザール暴徒によって殺された近親者がいることを意味している。

    正直な医者は彼らの患者に、彼等らの医師免許と仕事の失う罰を受けるとして、自然に癌を治すことと患者はどこの処置を受けられることを話すことは許されていないと話している。

    それが米軍とその機関が医療関係者の手入れをして、毒と放射線詐欺による殺人を止めさせ、首謀者を逮捕しなければならない理由である。

    ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

     

    さあ~~これが本当なら、あなたたち大変なことになりますよ~~

    いままで、癌を放っておいたらあなた大変なことになりますよ~~

    と言っていた立場が逆転する日が間近いのはマチガイナイ!(ホントカイナ)

     

     

     

     

     


    0 0

     

     意味不明な題名でした。真田丸じゃないぞ

     

     

     アメリカ大統領選挙は天下の趨勢を代表しているかのように

    FBI腸管まで巻き込んで、ハザールマフィアと地球同盟ががっぷり四つの大相撲に見せているが

    果たして;;;

    まあ、これは善悪の闘いというより、悪人同士の闘いなのか、どちらもばらされるとヤバイ傷をもちながらだから、押したり引いたりでなかなか土俵をわる気配は無し

    ところで善人と言われる良寛さんだったらどうする?

    そっと涙を流してうつむいている::::  そりゃそうだ。善は闘わないというから一見情けない風に思えるし、第一土俵にも上がらないと来た日には:::

     

    そてにしても、世界の医療支配はまだまだカバル側の圧倒的勝利により、メディアも医学界も政府もあらゆる機関に浸透してきたわけ。

    それが一度にひっくり返るには、どうしてもその前提となる 「金の支配」がひっくり返るひつようがあるらしい。

    つまり

    「金の切れ目が縁の切れ目」現象である。

    いくら強力な団子兄弟であっても、串が無くなればあっというまにバラバラになる。

    串=金

    串無しの鼻  (くちなしのはな)でも歌いながら、それを待っているバカなワタシ♪

     

    現代医学もカバルの支配システムに乗っていたんでしょうかねえ~

    そうでなければ、わがニッポン、アチャチャア~ニッポンン!のかけ声も無かったのかも。

    それが明治以来、西洋に追いつけ追い越せのスローガンにのっちゃって、いまやにほん人はあほん人とか呼ばれ(あ、一部のひとですよ)、猛毒抗がん剤をありがたがり、劇薬ワクチンを崇拝して、どんな結果がまっていても「ありがとうございました」と去ってゆく。

    シェ^--ン カムバック

    と叫んでもあの世にいってもうては

     

    おっと、いつものくだらなすぎて反吐がでるような書き込みはやめろ!

    という声にいやいやながらも擱筆とする。

     

     

    コーリー・グッド氏の「よくある質問集」から 転載

     

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

    経済リセット/ジュビリー(聖なる年、奴隷解放と借金帳消しとなるお祭りのこと)に関する情報/供給源についてもっと詳しく教えていただけますか?

    これから数日内に、その件について最新情報を入手する予定です。地球拠点の同盟が新しい経済システムに取り組んでいます。それも新たな名前のついた借金奴隷システムで別グループの支配による経済システムです。カバルがそのシステムを乗っ取り、崩壊しつつある現システムをこの新たな支配システムに入れ替えようと企んでいます。

    SSP同盟は、これが短命なシステムとなることを期待しています。私達がいったん「フルの情報開示」を行い、抑圧されてきたテクノロジーを世に出すことができれば、どんな経済システムも過去のものとなり、「AD文明(AD=After Disclosure 情報開示後)」の前段階の「闇の時代」の遺物となるでしょう。

    もちろん、これは「光の勢力」やET、地球拠点の同盟やSSP同盟の活動だけで実現することではありません。私達一人一人にかかっています。

     私達一人一人が「目覚め」ると、私達はパワーを得て集団/共有意識の「共同創造能力」が実現します。経済リセットや新たな経済システムは、大勢の人々にとってポジティブなことです。潜在的な不正やフルの情報開示ができない場合、そのようなシステムがあっても人類の真の自由はあり得ません。

    とはいえ、とにかく何かを始めなければいけませんから、地球拠点の同盟の努力を「あっさり否定する」つもりはありません。

    ただ、「あなた」がこのプロセスにとってどれだけ大切かはわかっていてください!「あなた」は無価値で無力だと感じさせられているだけで、本当はその逆です。

     『エリート』は私達の共同創造のパワーをツールとして巧みに利用し、私達を奴隷化してきました。もし私がこのパワーに気づけば、私達はそれを取り戻し、フルの情報開示のタイム・テーブルと自由をコントロールすることが出来るのです。

    私達は遺伝子レベルでも社会的プログラミングでもエリートを『高次の存在』として崇拝し、従うように出来ています。今はそのプログラミングを克服し、一人一人が私達の運命を決めるリーダーとなる時なのです。それこそが自由を得るためのキーです。

     「真実」や「ETもしくはET救世主」の情報を求めてエソテリックな導師やグルに答えを求めるのはやめてください。それが歪みであり、そのためにプログラミングを破ったり、ずっと私達のものであったパワーを手にすることができないのです。

    もうずいぶん前に期日は過ぎていると思いませんか?


    2015年6月3日

    ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

     

    これと

    2015.03デイビッド・ウィルコック「ブルー・エイビアンズと巨大な球体」 2014.12デイビッド・ウィルコック インタビュー
    (ジミー・チャーチ・ラジオ/フェイド・トゥ・ブラック)

     

     

    ハザール・マフィアの知られざる歴史

     

    こうした勢力を認めて来たのは

    誰亜朗

    そう、あなたの氏名なのです。

     

    え? アタシ女性

    じゃ、誰唖嬉子さんにして

     

    吾らが創作してきた宇宙的ETも巻き込んでの壮大な夢ドラマだったのでした。

    もっとも和紙らも皆ETだったということらしく、

    人類皆兄弟  ET皆兄弟

    崇拝するなと言われるわけですよ、きっと。

    それにしても、この堕落した僕も含まれていたとは、驚愕ガクガクな事実には

    なんともはや::

    はよ、めぜめよ   ← 叱咤激励の自分

     

     


    0 0

    うえ~~コワ!

    一番震えているのがボクだった・・・イテテテ~~~!

     

    魔坂のマサカが起こってしまいましたね。

    トランプがばば抜きをしてしまったわけですが・・

    その背景はコーリー・グッド情報でなんとなく分かりますが・・

    フルフォード情報にも震えてしまいますね。

    フルフォードレポート英語版:秘密結社は誰が大統領選に勝利しようが、敗北...

     

    なんだか、秘密結社の集まりが南極であるそうですよ。

    え? (?_?)n

    難局? 

    南極ですよ、オッサン。

     

    え? ・・・

    クリントン勢力と南極が・・・どうして、そんなところで・・・第一

     

    寒かろ~~~!!

     

     

    TPPなどダメダメダメダメ、ダメダメ~~

    ということはずっと前から明かされていたのに、その真相を理解出来ない盛事家たちが盛り上げちゃって~ここまで来ちゃったのですが、

     

    やっっぱり以前思ったように空中分解するのかも知れません。

     

    だってトランプ氏になれば・・・

    いまの時代がどういう時代に入っているのかということを知らない人にとっては

    あまりの急激な変化が起こっているということがぜんぜん見えないのでしょうが(オマエこそと言うなよな)

    それにしても、これから起こる世界的大激変は最終的にはボンクラ、じゃないか!!ボクらにとっての明るい未来は決まっているので、これから見えてくるものに一喜一憂してオロオロしないようにしましょう(オマエこそと言うなよ)

    で、なぜ今「南極」なのか?

    コーリー・グッド情報で知っていますね。

    ナチスドイツの時代からの話ですから

     

    え、意味不明?

    そりゃそうでしょうよ、ボクだって意味不明なんだから・・・イテテテ~~~!

     

    ここから、本文です。

    おい!

     

    あっという間に世界の常識が変わります。
    トランプ現象はその象徴のようなものです。(このままトランプ氏が大統領になるかどうかということは関係なくですが)

    その流れは医学界、医療界にも起こります。

    そう、偽物は明るみ出てくるから、嘘と捏造が大部盛り込んである医学の大激変へ

    嘘と捏造?

    こう言うと、なんだか陰謀論ですが、真実が隠されてきた医学上のウソが真実の前に明かされてしまうということなので、当たり前だのクラッカーなのです。

     

    そして、欺されてきた僕たちの責任が問われます。

    え? 欺されてきたのに責任?

     

    そう、欺される側に「欺されたい」願望が潜んでいたからです(もっとも潜在的な意識ですが)

    だからこそ、真実が示されても、三猿式に否定してきたのです。

    見ない、聴かない、知ろうとしない、知っても言わない

     

    もう、日光の三猿はこうも言っていましたよ。

    「もうけっこう」

    そう、日光へ行かなければ「けっこうと言うな」はもうけっこうと。

    三猿式時代は終焉となり、ぼくのチマチマした秘密(おもにアダルト動画に熱中していたことが玉に疵 )も明るみ出ると知ると

    もうドウシテいいのか右往左往している今日この頃でございます。

     

     


    0 0

    うえ~~コワ!

    一番震えているのがボクだった・・・イテテテ~~~!

     

    魔坂のマサカが起こってしまいましたね。

    トランプがばば抜きをしてしまったわけですが・・

    その背景はコーリー・グッド情報でなんとなく分かりますが・・

    フルフォード情報にも震えてしまいますね。

    フルフォードレポート英語版:秘密結社は誰が大統領選に勝利しようが、敗北...

     

    なんだか、秘密結社の集まりが南極であるそうですよ。

    え? (?_?)n

    難局? 

    南極ですよ、オッサン。

     

    え? ・・・

    クリントン勢力と南極が・・・どうして、そんなところで・・・第一

     

    寒かろ~~~!!

     

     

    TPPなどダメダメダメダメ、ダメダメ~~

    ということはずっと前から明かされていたのに、その真相を理解出来ない盛事家たちが盛り上げちゃって~ここまで来ちゃったのですが、

     

    やっっぱり以前思ったように空中分解するのかも知れません。

     

    だってトランプ氏になれば・・・

    いまの時代がどういう時代に入っているのかということを知らない人にとっては

    あまりの急激な変化が起こっているということがぜんぜん見えないのでしょうが(オマエこそと言うなよな)

    それにしても、これから起こる世界的大激変は最終的にはボンクラ、じゃないか!!ボクらにとっての明るい未来は決まっているので、これから見えてくるものに一喜一憂してオロオロしないようにしましょう(オマエこそと言うなよ)

    で、なぜ今「南極」なのか?

    コーリー・グッド情報で知っていますね。

    ナチスドイツの時代からの話ですから

     

    え、意味不明?

    そりゃそうでしょうよ、ボクだって意味不明なんだから・・・イテテテ~~~!

     

    ここから、本文です。

    おい!

     

    あっという間に世界の常識が変わります。
    トランプ現象はその象徴のようなものです。(このままトランプ氏が大統領になるかどうかということは関係なくですが)

    その流れは医学界、医療界にも起こります。

    そう、偽物は明るみ出てくるから、嘘と捏造が大部盛り込んである医学の大激変へ

    嘘と捏造?

    こう言うと、なんだか陰謀論ですが、真実が隠されてきた医学上のウソが真実の前に明かされてしまうということなので、当たり前だのクラッカーなのです。

     

    そして、欺されてきた僕たちの責任が問われます。

    え? 欺されてきたのに責任?

     

    そう、欺される側に「欺されたい」願望が潜んでいたからです(もっとも潜在的な意識ですが)

    だからこそ、真実が示されても、三猿式に否定してきたのです。

    見ない、聴かない、知ろうとしない、知っても言わない

     

    もう、日光の三猿はこうも言っていましたよ。

    「もうけっこう」

    そう、日光へ行かなければ「けっこうと言うな」はもうけっこうと。

    三猿式時代は終焉となり、ぼくのチマチマした秘密(おもにアダルト動画に熱中していたことが玉に疵 )も明るみ出ると知ると

    もうドウシテいいのか右往左往している今日この頃でございます。

     

     


    0 0
  • 11/13/16--13:05: 駅前透析
  • web魚拓から記事を読ませたものです。

     

    駅前透析?

    昔あったでしょ?

    なんでも駅前につくる教育産業 たとえば  ノバとか

     

    それほど、気楽に簡単に顧客を呼び込む? 人工透析

    いちど通ったら止められない?

    いいぇ、止められなくなる・・・・

    人工透析産業  ←音声読み上げソフト

     

     

     


    0 0

    いつもご愛読ありがとうございます。

    こちらをお試しください。

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

    「すべての親が知るべきこと

     危ないぞ予防接種  イギリスからのメッセージ」

    著 者   レオン・チャイトー 監修者  毛利 子来 
                    訳 者   藤井 俊介

    1992年9月30日   第1刷発行 農山漁村文化協会 定価  2,200円

    この本は、かなり専門的内容ですが、お嬢様がワクチン被害にあわれ、右半身マヒ、精神薄弱という重度の障害を負ってしまい、ワクチン被害者の支援活動をされている藤井俊介さんが訳され、小児科医の毛利子来先生の監修された本です。

    ワクチンさえ打たなかったらこんなことにはならなかった!そんな後悔をしないために、知る必要があります。

    最近、購入は困難になってしまい、昨年読めた記事も、バンバン削除されていますが、今なら、一部を転載記事から読む事ができますので貼り付けます。

    真実を理解するには時間がかかりますが、消される前に、早く、根気よく読んでほしいと思います。

    「ワクチンとは何か?」

    歴史的に調べてみると、今も、昔もワクチンというものは、病気を予防するどころか、毒(ウイルス)を体に入れることによって、病気を引き起こしているのです。

    スペイン風邪や、チフス、コレラ、天然痘などの疫病の大流行は、ワクチンによって撲滅したのではなく戦争中に軍隊で打たれたワクチンによって引き起こされてきたと考えざるを得なくなります。
    [/color]
    すべてのワクチンは、「予防接種」ではなく、「与病接種!」であったとは!
    「天使」の顔をして「悪魔」は近づいてくるのです。

    お母さん、お父さん、予防接種は天使か悪魔か判断が必要です。

    いままでの常識を捨てなければなりません。でも、大切なお子さんがワクチンの犠牲にならないために、忙しさに流されないで、真実を知ってほしいと思います。

    「すべての親が知るべきこと

     危ないぞ予防接種  イギリスからのメッセージ」[/size][/b]

     第1章 予防接種に問題はないか?

     第2章 予防接種の驚くべき歴史

     第3章 免疫と免疫機能の検討

     第4章 予防接種の「成功」に対する批判と反論

     第5章 予防接種による急性の害作用

     第6章 予防接種の長期にわたる危険

     第7章 エイズ―予防接種が発生させたか?

     第8章 免疫機能の増強と免疫獲得の他の方法

     第9章 結論と疑問

    以下、一部ですが、転載記事から読むことができます。

    この本は、現在、購入が困難になっています。昨年読めた記事も、バンバン削除されています。今のうちに、ぜひお読みください!【拡散希望!】


    第2章 予防接種の驚くべき歴史
    http://www.asyura.com/sora/bd16/msg/828.html

    第4章 予防接種の「成功」に対する批判と反論
              病気の減少は予防接種の効果なのか
    http://www.asyura.com/sora/bd16/msg/829.html

     第6章 予防接種の長期にわたる危険
              (白血病、ガン、多発性硬化症など)
    http://www.asyura.com/sora/bd16/msg/830.html


    ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー




     


    0 0

    ウイルスは地球の守護神である。

    その支配下には無数の細菌類がうじゃうじゃと生息して我らを護っている。

     

    え?

    ウイルスや細菌が地球上の守護神だって?

    うんうん、そういうわけじゃ

    でも、ウイルスや黴菌はわたしたち無垢で純粋なわたしたちを苦しめるでしょ!

    まあな。

    まあなって、あんた!

     

    ジャガ芋、あんたはちょっと完治しているんじゃ。あ、勘違いしているんじゃ。

    ??

    たしかに彼ら彼女らは守護神じゃが、無駄飯食い、じゃないか!!むやみやたらに無差別に護っているわけじゃないのじゃな。

    え? どういうことなの?

    ま、あんた、おまわりさんを見てどう思う。

    ん? 頼もしいとおもっていますよ。だってわたしたちショミンを守ってくれる公務員でしょ。

    そう、ジャガ芋、そう思わない時があるじゃろうが?

     

    あ!  

     

    ふふふ・・・あんたの都合が悪いとき、ドキッとしているじゃ郎が。
    たとえばアンタが覗きをしているところとか、道で1万ひろってそのまま懐に入れてしまったところに・・(自分の体験でスマン)  そこにおまわりさんがやって来たらドキッとするじゃ郎がね。

    そう、アンタの無垢純粋というその思い込みが勘違いというじゃ。

     

    そういうことを医学者は知っているんでしょうか?

     

    知らないから、ウイルス細菌病源説を後生大事にして研究しているわけじゃな。
    現代医学がウイルス、細菌だけを目の敵にしているのはそこにある「カンチガイ」なんじゃ。

     

    ええ~~マサカァ~~!!

    ほら、出たな、その魔坂が(笑い
    あんたね、トランプ勝利で「まさか~」と歯痛(吐いた)ばかりじゃろうが(笑い
    その「魔坂」が「カンチガイ」の証明ことばなんじゃよ。

     

    そのうち、毎日毎日ぼくらはてっぱんの~~♪
    じゃないか!!「まさか、まさかの~♪」のオンパレード合唱団よろしく、岸壁の母顔負けの繰り返しじゃよ。いまのうちに練習しておくんじゃ菜、

    そういえば、悪呑み友達が今年逝ってしまった。

    彼の口癖は「カンチガイしたままシンデイケ~~♪」じゃった。。。
    彼もワシと同様、かなりカンチガイしていたようじゃが・・・・
    残念ながら、その「カンチガイ」とは自分では分からんということがミソなんじゃなぁ~(感慨深げに)

     

    というわけで、こっちがカンチガイしているのか、アッチがカンチガイしているのかサッパリ分かりませんが

     

    ウイルス自然発生説かんたん版  詠み上げ

     

     

     


    0 0
    0 0
    0 0

    薬を知らない医師と患者が現代医療を支える

    医療妄信の危険HP 3 医薬品について音声読み上げ

     

    実は医師は薬の事を知らないというのは「薬の全部の情報を知らない」という意味です。

    「悪の製薬」という本に詳しく説明している

     

     


    0 0
    0 0
    0 0

     

    嵐が来る

    ナンだかなあ~

    と狼爺さんはいつも「嵐の前の静けさ」の前に屈折した思いをしていた

    が、インドの大騒ぎを見て「おお~~」とあっポン口をあけてみていた・・・イテテテ~~~!

     

    だ、だれだ! 口の中にゴミを投げ込むのは!!

     

    米国の長期金利が上昇 投資家は新興国からお金を引き上げへ 〜アメリカが...

    はあ? 破産?

    もうしてたんじゃ無かったのか??

    それにしても、インドは凄いことなっているようだ。

    引導わたされた庶民は、金の切れ目が縁の切れ目状態。

    いや、かねがね思っていた銀行システムの破綻が来るのかも知れない。

     

    預金おろしても、「預金しなければ無効になる」と紙幣を紙くずにするということらしい?

    いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいや

    よくもそんな悪政をやる揉んだ、インドは。

    コーリー・グッド情報やコブラ情報によると、地球世界はどうやら大激変を起こすのだが(その結果バラ色の世界という)、その前に過去の要らないものが淘汰されるという。

    日本の大神様、クニトコタチノミコト様が明治に宣った「金でここまで悪くした世をいったん金を引き上げるぞよ云々・・」が起こるのかも知れない。

    まあ、年間100万ちょっとで生きているワシにとっても金の切れ目はビンボウの切れ目となる不安はある(爆)

    しかし、世の立て替え立て直し と言われたことが起こり始めているらしい。

    つまり、見た目には破壊と創造なのだが、目に付くのはまず破壊の方だろう。

    あらゆる方面でそれは起こるとすれば、金融から始まって、いよいよ、現代医療の崩壊へと続くのはマチガイナイ!(そのマチガイナイは何度も聞いたけどねえ・・・)

    ロックフェラーの医療の世界支配(その奥にはロスチャイルド家もあるというが)も、金の切れ目が縁の切れ目となると、その配下にあるWHOだろうが世界各国の厚労省(あ、これは日本名か。普通は厚生省かな)だろうが、赤デミズム学会(がっかり)だろうが、支配側の宣伝マンたるメディア産業だろうが、金の切れ目が縁の切れ目となると

    もうぽろぽろと落ちる串なし団子だなあ~~~

    (?_?)などと、妄想も著しく激しくなってきた今日この頃でございます。あ、朝からだな。

     

    ところで、一見凄い破壊の裏にはちゃんと「創造」が待ち構えているから、諸君安心した前!(オマエが不安がっているんじゃないのか という自己ツッコミ)

    コブラ情報によると、地球のイベントが起こるという・・・

    そのコブラにキツイ意見を書いている竹下氏だが・・・(つまり、毒まんじゅうだというらしい)

    ただ、「イベントは起きる」と言っているのには驚いた。

    なにがなんだか?分からないが・・・・

    あとはセルフサービスでどうぞ

     

    今や、物理的次元の圧縮突破、すなわちイベントはいつでも起こり得る状況です。今や、物理的次元の圧縮突破、すなわちイベントはいつでも起こり得る状況です。

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

    注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

    ――――――――――――――――――――――――   転載元) NowCreation 16/5/27

    (前略) 

    〇イベント

    (中略) 

    コブラ:イベントとは圧縮突破の瞬間のことです。圧縮突破とは、地球上空と地下から上下に迫り来る光の勢力が、地表で出会う瞬間を言います。

    (中略) 

    この圧縮突破が起きるときが、私たちの言うイベントなのです。



    イベントとは実際、同時に起こる多くのことを指しています。光の勢力がマスメディアを掌握し、内部情報――ETの関与、カバールの犯罪、先進技術について――を公表します。ですから完全なディスクロージャーですね。これが一部です。他にはカバールの大量逮捕があります。金融リセットの部分もあります。

    (中略) 

    もちろん銀河のセントラルサンからのパルスも届きます。

    (中略) 

    私たちが圧縮突破を迎えるとき、グローバルな目覚めは、人類がギャラクティック・センターからの増大したエネルギーを受け取れるレベルにまで達しています。

    (以下略)

    ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

     

    それを竹下氏は

    今や、物理的次元の圧縮突破、すなわちイベントはいつでも起こり得る状況です。今や、物理的次元の圧縮突破、すなわちイベントはいつでも起こり得る状況です。

     

    と言っているのですよ~♪

    まあ、これから何が起きてもダイジョウブ。

    死んでもダイジョウブ。 そう死は夢の中での超リアル体験空間だというし。

    (オマエが一番分かってないというツッコミはけっこうです)

     

     

     

     

     


    0 0
    0 0

    効かない、有害、なんだいいとこ無いじゃ無いか!

    と明らかになって数十年・・

    相変わらずマヌケでトンマな接種が大流行するというインフルエンザ・ワクチン接種大流行

     

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

    ワクチンの参考書より。http://murdervaccine.blog.fc2.com/blog-entry-32.html

     

     

    インフルエンザ予防接種

    これは先ほどのH.Influenzaeワクチンとは全く無関係の、インフルエンザワクチンのことですが、これは比較的新しく開発されたもので、儲けもかなり大きなワクチンです。

    インフルエンザワクチンに関する誤った情報や政治的な裏工作がいかに世間に溢れているかは、ほんの少し調べてみればすぐに分かることでしょう。

    インフルエンザとは、たった1つの季節の間に感染者の間で常にバージョンUPし続けることが出来るウイルスです。ワクチンのほうには、病気の原因となるウイルスの何バージョン目かを薄めたものが含まれているとのことですが、インフルエンザにおいてはあるバージョンのウイルスを取り分けて、ワクチンの製造作業を終え、民衆の手に渡る段階に至る頃には、もうすでにそのワクチンでは全然対応出来ない型にバージョンUPしてしまっているのです!インフルエンザワクチンの製造業者であるAventis社のMD、マイケル デッカーさえも「ある型をつきとめる頃には、すでにそれに対して何の対処も不可能になってしまっている」と認めています。[75]


    ウイルスに感染した人の症状が重いほど、あるいは感染者数が多いほど、それだけウイルスの繁殖速度は速くなります。このような現象を、科学者は遺伝子増幅と呼んでいます。(Garret,pp578,580,614) [223]

    さらに、インフルエンザウイルスは、感染者の1人1人によっても、地域によってもそれぞれ変化します。それなのにワクチンの方は、みんな一緒にたった1種類の同じワクチンを接種するのです。とすれば…自然につけた免疫は、一生続くものですが、このワクチンだって本当に効果のあるものなら、来年また接種をする必要は無いはずですよね? 

    インフルエンザ接種が効かない理由

    皆さんは、インフルエンザ接種をいつも受けている人達に限って、毎回インフルエンザに感染しているということに気付いたことはありませんか?これはおそらく、ひっきりなしに接種を続けているせいで体が息をつく暇もなく、自分の体内で免疫機能を定着させる余裕もないのでしょう。

    インフルエンザワクチンの第一の問題点は、製造過程でいまだに水銀が使われていることです。(PDR,2007 p.1451)[240]また、ホルムアルデヒドやエチレン グリコール(暖房機に使われる液体)も含まれています。[240]また、2007年まではアルミ二ウムも入っていましたし、前も述べたように、こうした在庫は捨てられることなくちゃんと残っているのです。

    こんなに有毒物質が入っているのですから、このワクチンがインフルエンザを予防することが出来ないのも無理がありません。CDCさえも、インフルエンザ接種の「成功率」をわずか44%としているくらいです。[1]もちろん実際には、この成功率はもっと低くなります。CDCがこの成功率の裏づけとしている「研究」がどんなものか詳しくみていくと、それが何の医学的な試験も、効果やリスク面の実験もされていないことが明らかになります。唯一行なわれる「実験」は、これぞと思われるワクチンを選んで、それを実際に一般の人々に接種し、その上で証拠もない、年齢別、性別、人種別などに細かく分類してつかみどころのないデータを編集し結論をでっち上げているのです。

    こうした状況に落胆するのは私達だけではありません。イギリスの薬学誌のトップであるBritish Medical Journal誌は、インフルエンザワクチンについて次のように報道しています。[64]

    「…徹底した調査結果の数々から、このインフルエンザワクチンの効果がごくわずか、あるいは皆無であることが分かっている… このワクチンに関する研究には、きちんとした専門的な内容が欠けており、製造側の圧力の影響も大きい。これらのワクチンの安全性に関しての調査結果は、信用できるものがほとんど無い。」

    このような科学的な方針の廃れもひどいですが、インフルエンザワクチンの開発、製造においての様々な汚職、腐敗も目に余ります。例えば、世界有数のインフルエンザワクチン製造社の1つ、ベルギーのSolvay Pharmaceuticals社は2008年10月、GA州マリエッタに新しく予定していたインフルエンザワクチン工場の建設を中止しましたが、当社はすでにアメリカ政府から工場建設の人件費の60%を援助され、更には予定の2年も前なのにインフルエンザワクチンの開発費として300百万ドルを受け取った後だったのです![2]開発中止の理由としてSolvay社は、インフルエンザワクチンの市場が「不安定で減少ぎみである」としています。つまりこれは、インフルエンザ接種を受けた人が次々とインフルエンザに感染しているのを目の当たりにして、人々が次第にインフルエンザワクチンの効果に疑問を持ちはじめてきたという事実を反映しているのでしょう。

    売れ残ったインフルエンザワクチンの数は、以下の通りです。

    2006年  121,000,000回分の内、18,000,000回分
    2007年  140,000,000回分の内、27,000,000回分

    こんな売上表を見ては、会社もやる気をなくしてしまったのでしょう。Solvay社は、ビジネス会社であり、アメリカ国民の健康や幸せなんて関係なく、儲けのためだけに動いているのですから。インフルエンザワクチンを製造している会社は世界に5社しかなく、さらにSolvay社は、インフルエンザワクチンのみを製造する会社です。ワクチンを接種する側を危険にさらしても気はとがめないけれど、自社を危険にさらすのはやはり嫌だったのでしょう。

    WHOとは何か?

    WHOという機関の運営方針には、製薬業社の影響が常に関与しています。2006年にWHO
    は、世界各国が毎年自国の人口75%に配給できる分を目標としてインフルエンザワクチンを在庫するべきだという、馬鹿げた推奨宣言をしています。[2]幸い、生産社側も売り上げが確かだと分かっている分しかつくらないので、実際にはこれは無理な推奨なのですが…。

    成人用のワクチン接種と、その宣伝策

    ワクチン業者のこうした売り上げの伸び悩みを受けてか、2008年に成人用のワクチン接種予定表が突然あらわれました。それによると、18歳以上の成人はなんと計45回ものインフルエンザワクチン接種を受けることになっているのです![15]宣伝部門は特にお年寄りに目をつけ、その結果現在のインフルエンザワクチン接種率の72%は、年配の人々です。[2]

    この分だと、あの2005年のでっちあげ「カルフォルニア州ワクチン在庫不足」といった見え見えで失敗に終わった売り上げ策がまた流行りそうです。

    もう1つ、ワクチン業界で十八番になりつつセールス策は、「感染大流行」説です。この説は、本来はエヴィアン インフルエンザという架空の感染病だけのためにとっておくはずでしたが、この病気は一昔前に恐怖の伝染病として騒がれた後、忘れられつつあるため、ワクチンセールス部門では、もっと一般のインフルエンザにもこの手を使おう、ということになったのです。

    ということは、そろそろ映画でもこうした「感染病もの」が流行ることでしょうね?

    インフルエンザ接種とアルツハイマー病

    皆さんもお気づきかも知れませんが、アルツハイマー病は近頃どんどん身近な病気になりつつあります。免疫遺伝学の先端者であるMD.ヒューフーデンバーグは、2000年に
    850ページに渡る研究発表を出していますが、それをざっと読めば、どうしてこの病気がこんなに流行っているのかが伺えます。

    「1970年から1980年の間に、続けて5回インフルエンザワクチンを接種した人がアルツハイマー病にかかる確率は、インフルエンザ接種を受けていない人の10倍にもなる」[327]

    ひょっとして、アルミニアムがからんでいるのかも…ですね?

    ちなみに新しい成人向けの接種予定表では、65歳になるまで毎年のインフルエンザ接種を推奨しています。

    インフルエンザワクチンの勝利

    インフルエンザワクチンは、20年間もの検討の結果、2002年1月にやっと義務制の接種予定表に仲間入りすることが出来ました。そして2005年2月7日には、いままでのハイリスク区分からこっそりと定番の接種予定表に移り込んでしまいました。その結果、現在ではまず生後6ヶ月に最初の接種、それからは18歳になるまで毎年の接種が義務付けられることになったのです。これで、アメリカの子供達が受けなくてはならないワクチン接種の回数は、一気に40回から58回にも増えてしまいました。

    もちろん、これをニュースに取り上げたメディアなどありませんでしたが。

    ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

     

     

     


    0 0

     

     

    ウェブ記事から転載詠ませたものです。

    簡単版「ウイルス病源説の間違い」「自然発生説」

     

     


    0 0

    今更ですが・・・・

    このサイト、ずっと前からあった様で。

    ワクチンの統計でみると、ワクチンは私たちを救わなかった と。

     

     

     

    でも、何十年経とうと、相変わらずワクチン神話は長続きしますので、対抗上、古かろうが新しかろうが関係なく、真実を見つめてほしいものですね。

    いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいや、真実を見つめるのは嫌だ~~~~~!!

     

    となると、また今年もインフルエンザ流行の季節になると、決まって効きもしないのに、ワクチン接種するという唖本人が居るのですね。

    あ、日本人か。

     

    まあ、天然痘の神話創って、あれは自然に消えていったものなのに、さも吾ら医学界の功績であるかの様に吹聴して、それが信じられてシマッタのがウンのつき。

    それからワクチン神話が世界に鼻盛り。フンフンと鼻息荒く予防もできないくせに「予防」とは烏賊に、タコに。

     

    インフルワクチン:乳児・中学生に予防効果なし 慶応大など、4727人調査

    http://sp.mainichi.jp/shimen/news/20150830ddm001040149000c.html

    インフルエンザのワクチンを接種しても、6〜11カ月の乳児と13〜15歳の子どもには、発症防止効果がないとの研究成果を、慶応大などの研究チームが米科学誌プロスワンに発表した。4727人の小児を対象にした世界的に例がない大規模調査で明らかになったという。

    それにしても、ロスチャイルド、ロックフェラーの医療支配体制は完璧にこの日本の医師達ばかりか、教授級やら厚労省幹部まで洗脳してしまった。あとはピラミッドの構造よろしく国民全員に染み付いてしまった医学神話中の柱の一本、予防接種神話となったわけ。

    また、近々インフルエンザの流行期を迎えて、何年も何十年も繰り返してきた、効きもしない、どころか有害無益のワクチン接種が始まるのだろうか?

    これは国民がバカばっかりなのか、と言いたくなるが、ボクもバカかアホの部類だから、同類相哀れむのエグイ、いや、類(タグイ)となるのだろうか?

    もう、毎年毎年、ぼくらは鉄板の~~♪

    ならぬ、インフルエンザでアホとmanukeの総ざらしで、同じアホなら打たなきゃ損損、インフルエンザ・ワクチン音頭♪

    いや、もう腹が立って腹が立って、立たぬはあそこバカ理なりけり・・・イテテテ~~~!

    インフルエンザ、風邪、感冒・・・呼び名が異なるだけで同じ浄化作用の基本中の基本なのだが、人類は近代科学の台頭で生命まで自由に出来ると錯覚し恥じてから、今のていたらく。

    行き着くところまでいかないと気がつかないのだ。

    しかし、ロックフェラーの医療支配はハザール魔フェイ唖の衰退と供に次第に魔坂の坂を下り坂へと転げ落ちるだろうから、その時期になると、世界中がアフンと声をあげるだろう。

    え? もうアフンという声が聞こえるって?

    それは隣の爺さんが婆さんにナニナニしようとたくらんだけど、サッパリ負尿意で、ついつい発したアフンじゃないか!!・・・  な?

     

     


    0 0

    アメリカに紅白歌合戦があるかどうかは知らないが・・・イテテテ~~~!

    歌じゃなくてもありましたよね、紅白合戦。

    主催者は結局南極にいる秘密地球連合(別名ジサール) 冗談です

     

    なんどか紹介したと思いますが、バシャールの初期の頃の通信

    ニュー・メタジフィックス

    より

    宗教と政府への依存.mp3

     

    そして、

    これを↓ を読んでからボクの解説に   (あ、もうこちらには来ないって・・)

    らっきーデタラメ放送局 「世界裏読み観光ツアー」

     

     

     

     

    あ、戻ってきたのね♪ (ムダな時間が有り余っている?)

     

     

    まあ、なにがなんだか?というアメリカ大統領選挙後の

    期待と失望が錯綜しているアメリカと海外各国家の展望(意味不明な言説だな)

    これは盛事家(政治家や政府のこと)や臭教(一般に宗教という組織で、教えについては個々の取捨選択が必要・・なんだか複雑な解説だな)に依存するなという、自称宇宙連合からの指令である。 

    あ、指令ジャナイな。ご忠告というかご教授かな?

     

    だから、トランプ氏になったからどうだとか、別の人になったから失望したとかを越えている話ね。

    どうせ、あれは紅白歌合戦のようなもので、赤と白の闘いにみせて、裏でNHKが勝敗を決めていた・・・・・・イテテテ~~~!

    なんてね。

    もう、騙し尽くせないので、目立った小悪党は切り捨て御免。

    そして、こちらはそういう灰汁頭共を退治して立派な世界を作って揚げるという天ぷら屋さんだとしたら・・・

    なるほど、キッシンジャーが最近こころがわりをしたかのように日本の政治を変えるような発言をしているという。

    いままで灰汁頭の番頭みたいだったのに、どうして急に?

    マサカの坂のあのkoizumiさんが反原発に急転回、どうして?

    むむ、ひとは急に心変わりをするのは珍しくもないが・・・

    それにしても、あざやかさにニッポン!アチャチャ~ じゃないか!!

    (゚Д゚)akyooon~~~~~!!

     

    まあ、灰汁頭どもが回心するのは結構。だが結局南極(南極で決定してる支配層がいるらしく、これからは結局南極と言おう 笑い)、

    その紅白合戦の裏には未だ未だオゾン層、じゃない、依存層をなんとかしようという意図があるんじゃないかな~~

    と勘ぐっている、いつまでもいつまでも素直になれないボクであった。

     

     


    0 0
  • 11/26/16--19:35: 浄霊は万能では無い
  •  

    岡田式浄霊法はかなりの奇跡的治療を現していたことは過去の治療報告を見ていると分かります。

    それを現代に通用するかというと、それは「有り」と「無し」でも正解だと思います。

    なぜなら、治療法がいくら素晴らしくても、それは主人公じゃないということです。

     

    例えば、薬という毒がどうして効くのか?

    これは原理的に言えば毒の効用です。毒の性質によって体内に様々な反応が起きます。その反応のひとつ(症状に対して都合のよい反応を選ぶ)が主作用。同時に起こっている反応は副作用と名付けただけのこと。

    しかし、人間は精神的な作用がかなり重要な役割を起こしているのですから、「薬は効く」「治す力がある」という強い「思い」(思い込みであろうと)が作用します。

    だから、抗ガン剤のような強毒でしかも治すものでは無く、むしろ害を与える(癌誘発剤の抗ガン剤もあるくらい)のに、なぜか少数のひとが、抗ガン剤飲み続けても癌が治癒する場合がありますね。

    それは主人公が自分だという証明なのでは?と思うのと、逆に浄霊法という一種の「デドックス」(霊の曇りを取るということが血液の毒素を消すという働きだというのが浄霊法だから)であっても、治癒しないで逝く場合もあります。

     

       ※ 後半に紹介記事がありますの

     療法としては真逆(薬は毒入れ法、浄霊は毒出し法)なのに、どうしてとなるかも知れM線が、ここに主客が転倒している原則があるのではないでしょうか。

    つまり、主は療法ではなく、自分自身だということ。あらゆる療法は、たとえ天地の差がある程の効果の差があったとしても、しかも原因療法か対症療法に限らず、副だということです。

     

    そうなると、なぜ素晴らしい療法なのに、とか、なぜ素晴らしいヒーラーだとか、そういう条件はあくまで副であって、主は自分自身だということに気づくのでは無いでしょうか。

    それにしても、薬の効果の4割以上(本当はもっとあるかも)は気持ち次第(プラシーボ効果だった。)という様に、医学教では「自然治癒を教えない」そうですが、むしろその「自然治癒力」に助けられている方が医学の薬物療法なのではないでしょうか?

    それは「この薬が治してくれる」という強い思い込みが強く作用しているからでしょう。
    それが主は自分自身の力だという意です。

     

    あくまで、薬とは毒の作用で、治す力を持ち合わせておりません。
    が、対症療法としては効果があるので、その時点で自分は治るという意識が起こり、その作用が自分で自分を治しているのではないでしょうか?

    しかし、薬を飲み続けているという意味は「治せないから続ける」ことと、「毒を飲み続けている」のと同じ意味ですから、物質的にはどうしても体内毒素が蓄積され、やがては自分自身の治癒力を越えてしまうと、むしろ病を重度化してしまう、もしくは別の病気症状を創り出してしまうという結果が待ち受けていると思います。

    薬を使わない療法は多種多様でしょうが、なかでも霊的療法と言われている「レイキ」が有名ですが、日本では岡田式浄霊法が一時は世間の耳目を集めるほど効果を発揮していたことがありますね。

    現在は鳴かず飛ばずの状態のようで、岡田茂吉研究は未だ初歩の段階でしょう。
    いずれにしても、

    レイキにしても浄霊法にしても、これは主ではないのだよという話です。

    それが21世紀の真実なのかも知れませんね。

    薬依存はもちろんですが、レイキや浄霊依存も「依存」になるので、21世紀は宇宙から見て、それは「主客転倒だよ」と言われているのかも知れませんね。

     

     レイキは魔法じゃない

    より抜粋転載

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

     

    では、今日はさくやさんからのメッセージをお伝えしますね

    「あのね、レイキは魔法じゃないの。

    レイキをすればなんでもかんでも出来るわけじゃない。

    レイキをすれば、超感覚を思い出してテレパシーやチャネリングなどが出来るようになる

    訳じゃないの。

    レイキをすれば病気がたちどころに治るわけじゃないの。

    レイキをすれば、心のブロックが取れて別の人間になれるわけじゃないの。

    レイキをすれば、(自動的に?)思考が変わって、自己革命がおきて、素晴らしい人生を

    送れるわけじゃないの。


    外に答えを求めないでちょうだい。

    レイキをすれば、なんでも出来るんじゃないのよ。

    確かにレイキは素晴らしいツールよ。

    でもね、そのツールがあなたを変えてくれるんじゃないの。

    ただ、あなたのサポートをしてくれるだけなの。

    何か物を持てば、自分は何もしなくても幸せになれる・・っていう考えと同じことよ。

    黄色い財布を持てばお金持ちになれる・・というのと同じ考え方よね。


    確かに、黄色い財布を持ってお金持ちになった人もいるわ。

    でも、それは黄色い財布がその人をお金持ちにしてくれたんじゃなくて、それを持つことで

    お金持ちになれるとその人が本気で信じたから、その人の思考エネルギーが動いて

    その現実を創ったってこと。

    それを信じない人は、いくら黄色い財布を山のように持ったとしても、お金持ちにはなれない

    ってことなの。

    そして、黄色い財布を持つとお金持ちになれるって聞いたのに・・それを言った人は嘘つき!

    って腹を立てることになる。

    思考はエネルギー・・思考が先、現実があと。


    すべては、自分の思考だってことなの。


    話が逸れたからもとに戻すけど・・・

    レイキのエネルギーはあなたのサポートをしてくれるだけ。

    太陽の光エネルギーがたくさんのサポートをしてくれるのと同じ。

    太陽エネルギーがあなたを超人にしてくれるわけじゃないでしょ?

    太陽エネルギーがあなたの心のブロックをはずしてくれて、人生を転換させては

    くれないことは知ってるわよね。


    太陽エネルギーは、植物などを育ててくれる・・でも、それは太陽エネルギーが植物を直接

    育ててるわけじゃなくて、植物が本来持っているパワーをサポートしてくれているだけ。

    わかる?

    もちろん太陽エネルギーがないと植物は育たないけど、でも太陽エネルギーが主ではない

    ということ。

    植物が自分で育つ意志がなければ、いくら太陽エネルギーが降り注いでもその植物は枯れる。


    何が言いたいかというと・・なんでも外に頼らないで欲しい。ってこと。

    レイキは素晴らしいツール・・でも、ツールにすぎないってこと。

    本来はすべてあなたが主だということ。

    それを、サポートしてくれるだけのツールなの。


    レイキが病気を治してくれるわけじゃないの。

    レイキは、リラックスすることであなたの自己治癒力や自己免疫力を高めてくれるだけ。

    レイキは万能・・そんな風に思ってしまうと違う方向へ行ってしまうわ。

    レイキさえ習えば、エネルギー療法さえ習えば、すべて自動的になんでも出来るようになる・・

    まったくナンセンスな考え方だと思う。

    自分の思考を変えることなく、外に何かをしてもらおうと思ってもムリなの。

    それこそレイキや他のエネルギーを使わなくても、自分で自分の思考を少し変えるだけで十分

    現実は変わるわ。


    レイキや波動エネルギー療法?は、魔法じゃないってことを分かって欲しい。

    それらはただのあなたをサポートしてくれるツールだってこと。


    あなたの波動エネルギーが軽くなれば、あなたが望んでいることが出来るようになるわ。

    そのためにサポートとして使うなら、とても素晴らしいツールであることも確かよ。

    でも、それよりも何よりも一番なのは、あなたがご機嫌さんでいること。

    ご機嫌さんでいて、波動を軽くすれば、そんなにツールはいらなくなるわ。


    怖れから、ツールを探し廻らないでね。

    不安から、ツールを使わないでね。

    違うことになってしまうから。


    あなたがご機嫌さん出来ることが一番なんだから。

    ご機嫌さんでいれば、ヒーリングも必要なくなるわ。


    あなた達を心から愛してるわ~」

    ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

     

    ナルホド~~~~♪ (ボク)

     

     

     

     


    0 0

    薬が病気を治す

    と固く信じているとプラシーボ効果が起きる・・・・ことが多い。

    だけど、薬は毒だから本質は「毒を身体に入れている行為」だからね。

    初めよくて、あとパッパ アッパラパ~~

    になりかねないのです。

    もっとも金になるので成り金ですかね。医薬産業にとっては治せる薬などかえってタブーなのですな。

     

    「薬は病を治す力を持ち合わせておりません」

     

    治せない、治らないからこそ

    ずっと飲み続けるて貰える。      儲かる♪

    それはともかく、製薬企業だけが悪であるかのように言う人が居ますが、そうじゃないデショ。

    需要があるから供給が起こる。

     

     

    欲しがらないなら、作らないデショ。 あらゆる産業がビジネスとして成り立つのは供給が先でなく、需要(欲求)があったからデショ。

    だから、需要側が欲しがっている内は無くならないのよね。

    欲しがるアンタが主人公なのね、製薬企業とか政府とか厚生省とかそれでアンタ達の要求があるから成り立つのでしょ?

    だから、主人公はアナタ。

    欺された? 違うでしょ

    アナタが欺されたがったからよ。 その証拠に反対論など見もしないし、聴こうともしない、シャッター下ろしているのはアナタよ。

    だって、今の時代なら知ろうという意欲があるなら、全部、情報が出ているのね。

    そこで、これからは三猿は山へでも帰ってチョウダイね。日光へ・・

     

     

    「薬は病を治す力を持ち合わせておりません」

    で検索してみたらいいのではないのかなあ~  

    ほんと、「残念ながら」ですが。

     

    じゃあ、どうして治るの?

    ってのは先回の記事でも

     

     

     

     あっと驚く薬理学 - 27 ページ - Google ブック検索結果

     

    薬剤師は薬を飲まない - Google ブック検索結果

     

    病気は薬では治らない: 「本当に病気を治す」たったひとつの方法

     

    医者に命を預けるな - Google ブック検索結果

     

    【薬は病気を治せない】自分自身の自然治癒力を信じよう - KURA

     

    岡田茂吉医学論文集では

    「薬は病を延期する。症状緩和は治ることではなく、一時停止であり、その薬の毒によって次の病を造る」と。

    しかし、その毒作用を超えて治る人は自分自身の治癒力が相当強い人なのです。

    普通は一時抑えに過ぎない。

    治してないのだから、いずれ再発する。 だから飲み続ける。

     

     

     

     

           

older | 1 | .... | 42 | 43 | (Page 44) | 45 | 46 | .... | 67 | newer