Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

「医学革命」とは薬からの解放への「個人の気づき」の事である。雑多な情報も「取捨選択」&「鵜呑み厳禁」はセルフサービスにて

older | 1 | .... | 60 | 61 | (Page 62) | 63 | 64 | .... | 71 | newer

    0 0

    りんごについて「なるほど~」と思う話でしたが、木村秋則さんと昔握手した縁で・・

    (といっても、講演会後の懇談会で勝手に進み出ていっただけのこと。それも2回も)

     

    リンゴの消毒・・・これは感染症対策と似ているんじゃないかなとおもいまして。

     人間の栽培する植物(野菜や樹木の果物等)と人間などの生物との関係。

    それは動物ではウイルスや細菌(病気の原因とされる微生物群)、植物でもウイルスや細菌、そして、もっと大きな虫たち。

    人類はこの地球上では単一種で生きているわけじゃありません。

    どうしても、見えない生物から見える虫たちなどと共存しているのが自然界です。

    しかし、人間は自己虫(ちゅう)ですから、自分たちにとって都合の悪いものには「害」をつけます。

    病気でいえば病原ウイルス、病原細菌とか・・

    野菜や果樹には害虫・・

     無農薬栽培は不可能と言われてきたリンゴに挑戦した木村さんの努力は想像もできないほどの苦労(自殺まで行ったほど)のたまものですが、それが今じわじわと世間に知られてきたと思われます。

    しかし、実際にはそれほど無農薬栽培のリンゴが広まってはいないと思われます。

     それについてリンゴ農家(一軒だけのようで、これだけで判断材料になりませんが)にレポートされた記事とその記事に対しての記事がありましたので貼り付けました。(ややっこしいな)

    順序としては

    まずこちらから

    リンゴ農園に突撃(?)してリンゴ農家の本音を取材したよ(前編)
    リンゴ農園に突撃(?)してリンゴ農家の本音を取材したよ(後編)

     

     

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

     

    「リンゴ農園に突撃(?)してリンゴ農家の本音を取材したよ」を読んで blogとらねこ日誌で,木村秋則氏のいわゆる「奇跡のリンゴ」に関連して,doramao氏が弘前市のリンゴ農家を取材された内容がUPされている。

    リンゴ農園に突撃(?)してリンゴ農家の本音を取材したよ(前編)
    リンゴ農園に突撃(?)してリンゴ農家の本音を取材したよ(後編)

    非常に興味深く参考になる内容だが,取材対象のリンゴ農家H氏のコメントで,一部事実誤認と思われる部分があったので,以下に取り上げる。
    いずれも,後編で取り上げられているコメント。

    昔は「りんご密病」なんて呼ばれてまして、長期保存すると「みつ」の部分が悪くなりやすいから生理障害とみなされてた
    現在でも,植物生理学上は「みつ症」は生理障害の一つとされる。リンゴの場合,蜜入りリンゴは品質の良い果実のしるしと見做されるが,日本ナシの場合,果実品質を低下させる現象として嫌われる。リンゴの場合でも,H氏のコメントにあるように蜜入りリンゴは長期貯蔵には向かないため,販売形態によっては多量の蜜入りは好まれない。

    基本的に内部に浸透して残留するような薬剤は危険だから認められて無いと考えて良い
    間違い。
    ネオニコチノイド系剤やDMI剤など,一般に使用される農薬に浸透移行性剤は存在する。もちろん,そうした剤の特性を踏まえて,残留農薬基準や農薬使用基準が設定されている。

    実には基本的に直接はかけない
    有袋栽培の場合に言えること。
    有袋栽培では,確かに袋掛け後は果実に農薬散布することはできない。一方,無袋栽培では,果実にもきちんと農薬が届くように散布する。そうしないと,果実を食害する害虫や果実病害を防ぐことはできない。
    有袋栽培は効果的な耕種的防除だが,労働力やコストの問題から,地域によっては無袋栽培が主流となっている。

    収穫前1ヶ月以降は全く使わない
    品種による。
    晩生品種の場合はそのとおり。収穫時期の異なる品種の混植園では(ほとんどのリンゴ園が該当する),早生品種は収穫1か月未満まで農薬散布している場合がほとんど。中生品種は,最終防除時期による。

    袋を外したあとに虫にやられるなんて事はあまりありません
    品種による。
    有袋栽培の目的のひとつ,モモシンクイガ被害防止ではそのとおり。除袋後に発生が懸念される害虫被害や,炭疽病など秋季でも発病の可能性がある病害は,除袋後も被害リスクはある。

    基本的にリンゴ果実自体には農薬いらない
    間違い。
    理由は,上記のとおり。

    葉っぱにかける農薬も、昆虫がサナギから成虫にならないような薬とか、特定の昆虫にだけ効果があるとか、無差別に殺すような薬でもない
    間違い。
    脱皮阻害剤(IGR剤)やチョウ目害虫に卓効を示すジアミド系剤は,非常に選択性の高い殺虫剤だが,非選択性殺虫剤といわれる有機リン剤も一般に使用されている。ほかに,カーバメート系剤・合成ピレスロイド剤・ネオニコチノイド剤なども,一般に使用される殺虫剤。

    農薬をまいて育てた野菜は虫も食べないなんて誤解
    状況による。
    気門封鎖型殺虫剤など一部の殺虫剤を除き,殺虫剤散布直後の葉を昆虫に与えれば,殺虫剤の適用範囲内の昆虫は死亡すると思われる。
    一般に販売されている農産物は,ほとんどの場合,薬効を示すほど農薬成分が残留していないため,昆虫に与えても殺虫剤の影響はみられない。

    うーん、そのような話はきいたことない
    (農薬による皮膚障害についてのコメント)
    皮膚のカブレ症状を示す農薬は存在する。
    かつて使用されていたダイホルタン水和剤(登録失効後に販売禁止農薬に指定され,現在は流通していない)が,人によってはひどいカブレ症状を示すことはリンゴ農家の間では有名。現在50歳以上のリンゴ農家であれば,このことは記憶していると思われる。
    現在でも,一般に使用される農薬のうち,有機硫黄系剤・ジアチノン剤・フルオルイミド剤・フルアジナム剤など,人によって皮膚のカブレ症状を示す農薬は存在する。ただし,ほとんどの場合,ダイホルタン水和剤ほどひどい症状にはならないと思われる。

    それが大学や研究機関などがきちんと条件を揃えたところで検証していただければ
    現在,試験中。
    農水省の独法である農権機構の果樹研究所リンゴ研究拠点,青森県の地独法である青森県産業技術センターりんご研究所,弘前大学農学生命科学部で,木村氏の栽培方法について試験中。
    私の聞いた限りでは,年次変動はあるものの,一般栽培と比較して収量・果実品質とも劣るようだ。


    なお,上記の私の指摘は,東北南部のリンゴ生産現場での現状も踏まえているので,一部は青森県のリンゴ生産現場とは異なる場合もあるかもしれない。
     ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー    これは人間でいえば、無医薬とか予防接種に関しての話に似ているのではないでしょうか。   リンゴ自体がすでに改良を重ねていて、極端に害虫に弱い。 人間自体がかなり弱体化してきて、極端にウイルスや細菌に弱くなった。   などと、考えて煮たもの同士、これからの時代かなりの期間が必要かもしれませんが結論を出す頃には、結果が出ているのかも知れませんね。   ただし、結論と結果が同時期だと「あとの祭り」の覚悟も必要ですが・・    ま、いいっか!     それでも  失敗は成功のもと。   永遠の魂ですから(w    

     


    0 0
  • 04/25/18--15:46: 2018/04/25のアクセス
  •  

    順位ページ名投稿日時公開コメント数公開TB数閲覧数 1 プレアデスの智慧「アセンションの時代」より-4 2018-04-25 08:15:59       2 トップページ         3 「薬が人を殺している」抜粋1 詠み上げ 2018-04-25 23:08:43       4 宗教は長い間、人類をコントロールするツールとして使われてきた 2018-04-24 14:19:26       5 このシナリオを書いているのは誰だあ~~ 2014-03-27 06:32:08       6 コーリー・グッド 宇宙人種族の紹介 2017-12-09 11:01:50       7 戦後日本の塩抜き政策 2013-06-17 11:23:50       8 「・真の思いやり 」 私はどこ?ここは誰? 2018-04-22 20:19:38       9 ソーラーフラッシュの時期とちょい悪宇宙人の断末魔 2018-04-19 07:17:19       10 高血圧をむりやり下げると、ガンや認知症になり易い? 2015-09-18 05:58:50       11 コズミック・ディスクロージャー シーズン 9, エピソード 10南極の秘密 2018-04-09 18:30:33       12 岡田茂吉研究の医学編から薬毒とその他の体内の毒素について。 2018-02-07 06:59:08       13 「神は崇拝を求めることもなければ、される必要もない」 2018-04-21 11:28:59       14 プレアデスの智慧「アセンションの時代」よりー2 2018-04-22 21:20:05       15 営利庵インタビュー (エイリアンインタビュー) 2018-04-09 18:06:40       16 カテゴリー毎の記事一覧(宇宙精神)         17 記事一覧         18 画像一覧         19 「地球再生――来るべき地球変化への序章」pdfより 2018-04-22 11:00:44       20 ベンジャミン・フルフォード×内海聡×三上丈晴「医療マフィアのタブーと真実」ダイジェスト2013.10.27 2014-07-07 14:19:59       21 北方四島は戻ってくる・・・はずだった。 (報道されないので知らなかった日本人) 2016-12-18 09:25:32       22 解説】「地球再生――来るべき地球変化への3章」より 2018-04-22 08:45:41       23 条件無しの自己浄霊法の基本 2005-11-29 13:27:45       24 松果体を破壊すれば人類は目覚めくなる フッ素の威力ここにあり 2015-02-02 10:02:01       25 ガンを放っておいたらどうなる?  2012-06-23 07:11:39       26 遅すぎたじゃあなリストたち・・医療の事実報道 2014-04-08 05:53:29       27 「世界人口削減はワクチンによって行なわれる。。MMR三種混合ワクチン 2018-04-18 11:10:53       28 世界の構造はエネルギー交換で成り立っていた  結界とその崩壊まで 2012-08-03 20:26:56       29 昨日のアクセス 2018-04-22 11:12:20       30 小児病 子どもの病気は心身両面でみる必要 2013-02-28 07:36:56       31 ウイルスの役割(何でもかんでも病源にするな!) 2013-07-03 05:47:39       32 海外のガン治療とは……「まったく治療しない」が基本 2008-02-21 18:43:04       33 世界は飽食と飢餓の国の狭間で 2015-09-29 08:07:32       34 「ミクロの世界ー結核菌を追って」・・・菌と白血球の蜜月な関係 2013-06-18 09:04:54       35 薬に病気を治す力はない!唯一治すのはあなたの中の自然治癒力だけ 2018-02-07 06:57:39       36 「製薬会社の真実」怖くて読めない人へ2 2007-12-15 10:01:45       37 予防接種が免疫低下を招く理由(抗体=免疫という嘘) 2011-01-25 22:56:26       38 2018年から2024年までに? ソーラーフラッシュ 2017-11-20 10:03:04       39 シュバイツァー博士と桜沢如一氏 2014-07-14 07:46:34       40 自己免疫疾患とは?その解決法はコレだ! 自分を褒め称えなさい(?) 2015-09-02 07:59:34       41 彼らの一番恐れていることとは? (ジョンレノンは知っていた) 2016-12-17 09:14:14       42 月別表示(2009年01月)         43 「大ウソ医学にだまされない極意」という本 2017-03-19 07:20:03       44 医療の世界支配 2011-10-16 19:13:29       45 タミフル「ワクチン接種を義務化することが目的」だった? 2018-04-18 10:23:20       46 コブラ&コーリーインタビュー2016年5月13日 2016-08-17 07:12:44       47 『 エイリアンインタビュー 』 ローレンス・R・スペンサー編 Lulu com 2016-09-23 11:07:07       48 すべて、神の内側にある_ハリー山科 2016-08-17 11:06:41       49 三猿には見えない聞こえない、知ろうとしないワクチンの真実 2013-10-12 10:42:33       50 記事のタイトルを入力してください(必須) 2010-05-28 07:09:28      

    上位50件まで表示します。

     


    0 0

    題名がアレだね。

     なんだかわからないね。

    阿呆陣?  魔法陣じゃないの?

     でも、この魔法陣の結界は世界中に張り巡らされているから、気づくに大変なんだ。

    で、その魔法陣って、何の魔法なの。

     いい飽きたけど・・・・(聞き飽きたか?)

    アレだよ。アレ。

     

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

    隠された真実! - 高知大学 医学部 臨床教授・うしおえ太陽クリニック 院長 野中一興 医師 【 抗がん剤メーカーと医師の癒着:製薬企業は「捏造データ」で代替療法を潰す 】

    0 0

    現代風にいえば、勝負パンツでしょうか?

     女性の場合はどういうかわかりませんが、多分勝負ナントカと言って、彼氏に気に入られたいバッカりに持ち物の中でも素晴らしいナントカをハイテクというじゃないのかな?

    で、オマエのその「他人のパンツ」ってのは?

    まあ、自分の持ち物で相手の気に入るものがなかったので、「とりあえず」他人のパンツで勝負しようかな・・・・と思いまして・・・

     (それよりも、漏らしたパンツはよ洗えよ)

     

    それはともかく、人間は病気をすることを非常に恐れ、悪いものと一方的に決めつけていますが。

    じつは神様のほうから見れば、じつはありがたいものだという事も考えなければならない時代じゃないかな~~と思いまして。

    薬で病を治すことはもちろん出来ません(薬理学博士も言っている)が、そんなものでもなく、他の方法であっても、病気の本質とは体だけの問題ではなかったということに気づいたのです。(遅いぞ)

    それよりか、精神の方がもっともっと重要なポイントカードじゃないかと思うこの頃です。

     それは手かざし浄霊をやっていた頃は気づかなかったのですが、どうやらこれに限らず他のどんな療法(外からのもの)は内側のあるものには敵わないなあ・・と。

     どんな素晴らしい効果のある療法であっても、素晴らしく効いた人、まったく変化のない人、逆に、癌など治せるはずのない抗がん剤を飲んでいた人が治ってしまうことなど・・

    ここにある治療、治癒の関係は方程式ではかけない何かanyがあるはずです。

    一つの療法だけですべてを解決できないのと、どんな療法でも(たとえ治せない薬でも)治るケースがあるのはどういうことなのか?

    これがひと、ひとり筒もっている「意識」が千差万別だということから来るのでしょう。

     元は意識、肉体はその現れ

    見えない世界の奥の奥のまたその奥に入らないと俯瞰できないことがあると思います。

     よい食べ物と薬を飲まなくても人は死にます。そして、その際にはほとんど病気症状となるでしょう。(たまに枯れるように亡くなる人もいますが)

     やった方がよいが、それだけでは決められない止められない合羽えびせん。

    健康食もあらゆる療法も人の意識には勝てないのではないでしょうか*¥

     

     でもやった方がよいのはもちろんです。

    でもそれだけじゃない・・

     人の意識が病気も死にも関わっている・・・・

    何が言いたいのかわからない?

    そこで、他人のパンツをはいて勝負します¥

     

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

    http://cancer-treatment-with-diet-cure.doorblog.jp/archives/52547872.html

    気になるということ - 内海聡 医師【 病気とは「神が与えた課題」であって、それは非常に「複雑」かつ「深い意図」を持って与えられている「必然的な課題」である!】

     


    0 0

    なんのこと?

    せんかいの他人のパンツの話。

    「気づき」に気づくことね。

     

    だから~何のこと!!

    「気づき」に気づきなさいというのが答え。

    で、オマエは?

     

    進行形

     

    ま、他人のパンツで勝負しているうちは気づけないだろうね。

     

     


    0 0

    「神性を生きる」抜粋集2(zeraniumの掲示板)


    0 0

    zeraniumの掲示板より

    完全転載

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

    苦しい時期、誰にも精神障害を患った時があった 再掲 .    精神のアンバランス、不均衡は、現在、人類が直面しているものの中でも最とも大きい問題だ。人間1人1人の精神の偏り、つまり精神がバランスを失っている状態は重症とも言えるものだ。私たちは心理的なアンバランスに対処するにはどうすればいいかについて、新しい方法を見ていく。 .    現在、地球上の人間たちのマインド(表面意識)は膨大な量のストレスを抱えている。私が話しているのは神経症や統合失調症、精神障害などと分類されている人々についてである。それは、生まれつき精神的に制限を抱えた人たちについてではなく、それとは別のカテゴリーである。生まれつき知育発育不全や精神的制限を持った人たちのほとんどは、実はカルマの結果を体験しているということ。 .    私がここで述べている精神のアンバランスとは、脳への過大な負担の結果生じたものだ。そこで、脳に本当は何が起きているのかを見出すために、すべての層を剥ぎ取ってみると、その原因は精神的なアンバランス、偏りであることがわかるが、それが流行(はや)り病いであるのがわかる。 .    あなた方はもう、マインド(表面意識)だけで生きることを超えるべき時に来ている。未だにほとんどの人々が、表面意識や頭脳だけが人間の知性の最高の形態だと考えているが、それはまったく正しくない。あなたの本質である「意識体」の内側には膨大な知性形体が備わっており、実はそれらが人間たちの人生体験に関わるべきものなのだ。 .    時に、人生において大きな体験や変容をくぐり抜けている時、あなたはその出来事やそれがもたらすショックから、自分はちょっとおかしいのではないかと思うことがある。そして精神科にかかると医者もそのように分類する。ほとんどの場合、あなたは自分の内面で何が起きているのかわからず、医療関係者も実はそうしたことをまったく知らず、理解していないというのが現状である。 .    現在の地球上では、膨大な人々がこうした精神のアンバランスを体験している。そして医療にかかると、彼らのほとんどはさまざまな投薬治療を施されるが、それはごく表面的な解決策でしかない。
    .
          しかもこうした(向精神)薬品を長期間にわたり摂取し続けることは、まったく摂取しないよりもダメージがより大きいことを、今では多くの人が知っている。 .
       こうした薬品はさらなる鬱(うつ)だけでなく、自殺衝動すらを引き起こす。なぜならその薬剤の摂取が、本来の自然な治癒プロセスを妨げてしまうからだ。 . 苦しい時期、誰にもいわゆる精神障害だった時がある .    少しの間、過去10年、あるいは20年を振り返り、あなたがこれまでの人生で、目覚めの過程でくぐり抜けてきた、内なる闘いや葛藤を振り返ってみてほしい。苦しくて自己批判的で、憂鬱な時期をくぐり抜けるのはどのようなものだっただろうか? それというのもすべて、あなたの内側で神性が目覚め始めていたからであり、マインド(表面意識)にとってはまさに試練の時だったのである。 .    そして同じく今ここには、目覚めようとしている苦しむ1人の人間がいる。しかしその人は自分において何が進行しているのかさっぱりわからず、安易に医療に助けを求めた結果、医者からは精神障害者の診断を突きつけられている。 .    精神のアンバランスは、地球上ではすでに異常な割合にまで達しており、エネルギーが爆発的に放出されるか、あるいは統合され、とにかく何かが起きなければ治まらない状態になっている。 .    自分に完全な信頼をするようにと私は言っているが、それは表面意識のコントロールを手放すことにも関係している。つまり、あなたが内の顔と外の顔をコントロールして繕(つくろ)うことをやめ、ありのままで生きられるようになること、あなたが内なる世界を広げ、自分自身を信頼するようになれば、その生き方はあなたの意識に影響を与えるはずだ。 .    薬物に頼るのではなく「内なる自分」に焦点を合わせるようになれば、人間の精神的アンバランスに対処する方法は変わって来るだろう。 . .             アダマス・セント・ジャーメインからのメッセージ              『神性を生きる』 ジェフリー・ホップ、リンダ・ホップ著                            ナチュラルスピリット .                                抜粋 . . . ――多くの方々の文章や著書から掲載させて頂いています。    私は基本的に「誰もが知るべき真実」は、まだ知らない人々に伝えなければならないと考えています。その意味で新たな情報、真実と考えるものを掲載させて頂いています。削除をお望みの際は、コメント欄にてお知らせください。いつでも削除いたします。掲載させて頂き、ありがとうございます。
    .      ここからコピーして掲載される方は、「本のタイトル・著者名・出版社名」を明記し、削除しないようお願いします。                                    zeranium  

    投稿者 zeranium 日付 2018年5月 1日

    ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

     

    薬で源からの改善は絶対できない。

    いや、それどころか、問題の先延ばしになって、オマケまで追加されるのではないか?

     それは精神的な分野だけではない、風邪に始まって、インフルエンザに点火して、その先延ばしが癌につながっているのではないのかな?

     薬で一番効果を見せた「抗生物質」などはその代表例だろう。

    内海氏でさえ、完全に行為性物質を否定できないのは、それほどの「一時的効果」が顕著だったからだろう。

    空かす、人間一代限りでみるとわからないが、次世代、そのまた次世代へとつながっているものと見れば(俯瞰すれば)、いくら効果のある抗生物質でもそれは「問題の先延ばし」効果に過ぎないと気づくときが狂うだろう。(来るだろう・・・か)

    薬は対象療法の筆頭的なものだろうが、その反対の浄霊法にしても、問題の先延ばし的要因はあるのかもしれない。

    なぜならば、どんな療法も外からの対処療法となれば「問題」の本質を見逃しているからだ。

    本質とは何か?

    それを自分で知るまで、人類から病はなくならないだろうし、同時に万病に効く療法も出現しないのだろう。

    ね。

    最後が「ね」じゃねえ~

    ね。

     

     


    0 0

     

     

    製薬業界の真相、健康生命抜粋集1(zeraniumの掲示板) mpeg4 aac


    0 0

    「ワクチンとスペイン風邪、テレビのデジタル化」


    0 0

    「宗教が目指すもの」転載読み上げ


    0 0

    細胞の数よりも多い体内の細菌   

    この「ばい菌(細菌)野郎」と罵倒する愚かな人がいたら笑ってやろう・

     抗生物質で体内の悪い細菌(本当は一方的な見方であって、悪くないのだが)をやっつけようとすれば、良い細菌までやっつけてしまう。

    安易に抗生物質を飲めば体内細菌はめっちゃクチャにされてしまうのだが、それはもう何度も紹介した記事でも読んで、もうひとつの「やっかいもの」とされているウイルスについてだ。

    下の方にノーベル賞提出の論文も付したから読んで見た前。

     

     

     

    気になるひとこと。

     ウイルスが感染した細胞は「印の旗を出す」

     つまり、ウイルスがその細胞を壊すのではないようだ。

    自分自身の掃除役細胞がその「旗印を出した細胞を攻撃して壊す」

     ということは?

    「細胞「私」をつくる60兆個の力」

     

     ウイルスと細胞たちのコラボレーション。

    細胞59兆

    細菌299兆

    そして、ウイルス 変幻自在の数 (それは必要に応じて増減自在だから)

    ま、細胞の数は誰かが数えたのか?60兆でもいいんだが。、

    細菌も100兆という人も入れ歯、細胞の10倍だという人もいる。

    だって、それを証明できないんだから、いい加減でいいんじゃない? (オマエがいい加減)

    それよりも、細胞のアポトーシス、つまり自壊作用でノーベル賞いただいた人がいるらしいから、ぼくだって欲しいよ。(賞金の方だけど^¥)

     

    細胞自身がなぜアポトーシス?

    それは不要になったからでしょ。つまり自分で部屋掃除やっているって賢いやつ。

    でも、あまりにも汚れてしまった部屋はどうする~~? (オマエの部屋だろ)

    そういうときは他人様のお手伝いを頼むんだな♪ 

    スカス、どれとどれを片付け捨ててよいか迷っちゃこまる。

    そこで、コレとアレは片付けて、それ以外は残してね。 と。

     

     つまり、他人様から面倒見てもらって片付けものをするw

    プロは凄腕だからね。あっという間に片付けものに印をつけてやる。

     

      結局は身内が片付けるんだな・・・
    印つけたら、あっという間にかたづけものと一緒に去って行く

    シェ~~~ン、カムバック~~~~

    用事が済んだら消えてゆく月光仮面も真っ青ないいオトコ(オンナはいないのか?)

    その名も「ウイルスちゃん」(アイリスちゃんに似ていないかな)

     しかし、よの愚かなひとたちはそんな「アイリスちゃん」を怖がって忌み嫌うのだ。

     ワシは悪くない。悪いのはあいつらだ! と。

    そして、効きもしないワクチン爆弾をしかけて、結局はもっとウイルスちゃんを呼び寄せるのだが・・・・ちっともわかっていない世界中の無駄飯食いの医学者達よ。

    いや、その医学者達を応援するお役人から大衆酒場のひとたちまで・・

     だが、体はウイルスを欲している

    ウイルスを呼び込んでいるのは細胞たちなのだ。 (ウイルス夜這い説)

     

      ここからノーベル異学賞ゲットの論文だが・・・・

     

    体内にはいろんな毒素が溜まる。ある程度なら自分自身で壊れてゆく細胞。

    だが、あまりにも多く汚れた細胞が増えると緊急速報(アラート)が出る。

     そこで、頭隠して尻隠さずの避難訓練(北ぞ~~~ミサイルが~~)

    じゃないか。

     援軍を呼び込む。いや体内で突然のように現れるのだ。まるで月光仮面のように。
    他からやってくる方が多いのかな? (論文にしてはあやふやだな)

     ところで、感染症にかかると癌になりにくい、とか、感染症にかかったら癌が消えたとか、の話を聞いたことはないだろうか?

     それは感染症とは体内の緊急お掃除だから、強力にお掃除がすすみ、癌の用事がなくなるからだな・・・きっと。 (おい、論文にきっとはいらないじゃない?)

     あるひとは、風邪を引いていれば癌にならない・・と極論を言う人もいる。これも当たらずとも遠からず。理屈にあっているからだ。

    つまり、癌とは究極の掃除形態だが、掃除は掃除でもゴミを外に出せない状態なのだ。
    ため込んだゴミを押入に押し込んでいるから、部屋はきれいになっても家は汚い状態、つまりワシの家みたいな・・・アレ?  

    ところが、感染症という掃除はまあ、緊急対策じゃないが大掃除で一挙にゴミ出しをやるから、本当の掃除といえるだろう。

    だけど、あまりにもゴミが多すぎた場合、体力消耗でヘトヘトになるやろ?

     そこをうんと養生して乗り越えれば、お部屋はきれいになって家中もきれいなって、ますます元気になれる・・・のだが・・

    医科ん戦、それを逆にねじ曲げて解釈してしまった勘違い医学が邪魔をするわけね。
    掃除の途中で手を止めたら、家中がシッチャカメッチャカのまま、掃除の途中放棄だ。

     まあ、掃除役にも細菌という直にゴミを片付ける(食う)やつと、自分じゃ食わないが体の掃除役(キラー細胞)に食わせるための目印(旗を立てる)やつ、つまりウイルスがいるのだな、きっと。  (きっと・・)

     そのウイルスの役割は汚れてヨボヨボの細胞にだけ旗印をつけてやる。どこもかしこも旗印つけるわけじゃないだろ。だから、いつまでもいつまでもウイルスが増殖しっぱなしでない。

    適所にだけ印をつけたら、すぐ去って行く。

     

    あんども言うように、ウイルスは細胞とコラボしているのだ。

    汚れてしまって使い物にならない細胞にウイルスが旗印を出してやる。

    キラー細胞は、むやみやたらに細胞を攻撃しないのだ。

     不要なあってはならない細胞、つまり中身がどうしようもなく汚れてしまった細胞が多すぎるときに、ウイルスが強力な味方になっている。普段なら細胞自身だけで自滅(アポトーシス)すれば済むように、自然浄化作用が行われている。

     

    だが、あまりにも汚染細胞が増えた場合は、ウイルスが現れ(自然発生)、もしくは他から入ってきて、汚染細胞の情報を得て、そこから一挙に増殖して他の汚染細胞に入り込む。

    そして、「ここは破壊してよいよ」という旗印を出してやる。

    その旗印の細胞だけを破壊してやるキラー細胞が攻撃目印として活動する。

    ウイルスもめたらやったら細胞に感染するんじゃなくて、ちゃんと細胞を選んでいるのだな。

    その細胞は汚染されているから、体にとっては邪魔になるからね。

    細胞の方でも「アタシは要らないほどヨボヨボになっちゃたの、ウイルスさん入ってきて目印出してチョウダイね♪」と、自ら呼び込むんだな、きっと。

    きっと?

    ウイルスは地球上の大管理人だ。細菌でさえも支配しているのはわかっている。

    にんげん様の遙かな上をゆくウイルス様々に管理されているわけね。

     それを、さも賢そうに「ウイルスが悪いんだ。ボクは悪くない」とえばって、ウイルス犯人説を後生大事に研究して「生活の糧にしている」全国の、いや全世界の医学屋さんたちに捧げる歌。

    ぼくは~~~いまおも~~う~~~ういるすさ~~ん~~~♪

    あなたに~~~たすけらえた~~~ぼくの~~~じんせい~~♫

     (武田鉄矢風に歌う) 

    これは全世界にヒットまちがいなし^^¥

     

    そして、ノーベル異学賞ゲット¥

    賞金でのむぞ~~~!!

      

     お、そこでウイルス様からのチャネリングが・・

     

    「いいかげんにせいよ~」

     

    ね。 世界の医学者に捧げる。

     ウイルス病源説← いいかげんにせいよ~~

     

    え?   オマエに言っていることば?  

     

     

     


    0 0

    「神性を生きる」抜粋集3(zeraniumの掲示板)


    0 0

    注目されていた2012年も静かに過ぎ・・

    あれからどうなったの? 母さん・・・

    麦やら帽子じゃないでが、もうすっかり忘れてしまった今日この頃ですが、

     大根の輪切りじゃないだって!

    トントントン♪  台所の母さんの包丁さばきのようにはいかないのがこの世の常

     だが、見えないところでは怒濤の変化が起きているようです。

    そして、最後にはいんぽう論も消え去る勢い。

     なぜなら、そういう嘘とねつ造満載の演劇役者が存在できない舞台になるらしいからです。

     (え? オマエもいなくなるだろうって! 憂~~夢)

     

    もう、居づらくなるですって。苦しくて住めない舞台にはもう居られないってね。

     

    貴奴らを非難攻撃しなくても、もう自ら去って行くしかない舞台になってきているという。

     そうなると、彼らの役として残した宗教(当然現代医学も含まれる)の8、9割くらいはゴミとなってしまうんじゃないかな・・・・・

    と、五三男は語る。 性は何にしようかな・・

     

    2018年1月12日:マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ


    0 0
  • 05/05/18--15:31: 動画も
  • 0 0

    himaari0akyoon さんのアップロード動画 himaari0akyoon1 / 86   煮たもの同士ですが・・・    

    0 0

    himaari akyoon さんのアップロード動画 himaari akyoon1 / 130

     

     

    親玉といっても、三強大、いや三兄弟猿のうちで、一番チャンネル登録者が多いという意味です。

    こちらの方は分散している理由がありますが、意図しないところに人気が出るという現象というだけのことです。

     


    0 0

    日本薬剤師会会長(児玉孝氏)が決意の告白「患者よ、クスリを捨てなさい」


    0 0

    「臓器移植がもたらすもの」より


    0 0
  • 05/06/18--22:49: クローン人間
  • クローン人間


    0 0

    「ウイルスの正体と細胞の招待」


older | 1 | .... | 60 | 61 | (Page 62) | 63 | 64 | .... | 71 | newer