Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

「医学革命」とは薬からの解放への「個人の気づき」の事である。雑多な情報も「取捨選択」&「鵜呑み厳禁」はセルフサービスにて
    0 0

    本元のコズミック・ディスクロージャーは、いまだに大半の記事が消滅している状態ですが、この参照HPはどこで見付けているのか分かりませんが、最新の情報をアップしているようです。

    日本語もママならぬボクには、どこがどうなっているのか分かりませんが、ヒジョーーに興味津々の内容でしたのでご紹介。

    ただし、どこまで真実なのか、まったくのデタラメ話なのかはあなたのハイヤーセルフ任せサービスです。

     

     

     

    コズミック・ディスクロージャー re-boot http://dwcges.blog.fc2.com/blog-entry... より、転載詠み上げ。  ぶっ飛んだ話なのでいつものように、あなたのハイヤーセルフ任せサービスです。

    コズミック・ディスクロージャーETの拘留と尋問s11e13

     

     

     

    ホントかいな・・・・

    でも、あまりにも面白い話なので。

     聴くだけ聴いてやろう・・・という、現時点では証明も否定もできない

    トンデモ話です。

     

     でも、おもしろい・・・

    この三次元世界は「真の現実ではなく、仮想現実、つまり夢のような世界」だそうですから、

    ナニがあっても不思議では無いのでしょうし、、

     ひとりひとり宇宙が異なるとして自由選択なんでしょうね。ホントは・・・

     

     

     

     

     

     

     


    0 0

    そこいら変のじいさんに聴いてみな・・

    (あ、オイラじゃ無いぞ)

     

    アセンションってどうなったんでしょうね?

     

    ああ~^~・・・ 暑いねえ~

    汗とションで出るから、たくさん水を補給しなさいってば♪

     

    う~~む。 よい水ありますか?

     

    ああ、あそこの奥に「惜しくも名水百選から漏れた水が出ている」

     

    おおお~~それは知らなかった!

    (行ってみると、タダの田んぼから流れてきている水じゃ無いかよ!)

     

    もどって

    おい、ジイサン あれが名水か!

     

    な~~に、名水百選以外はぜんぶ「おしくも名水百選から漏れた水じゃよ」

     

     ということで、「アセンション」などという言葉を、その変のジイサン、ばあさんに聞いてみても

    ナニそれ?

    でしょうから。 (あ、ワシは例外よ)

     

    こちらから飲用(銘水かな?)

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

     

    <近年のアセンション年表(笑)>
    2012~13年 一斉アセンション方式の中止。セルフ方式へ転換。
    2014年 象徴的表現:土星評議会の制限撤廃。
    高次帯域の波動は、客観世界(=仮想集合システム)の法則に適合させて
    実現させなければならないとする制限がなくなる。
    →奇蹟や超能力が特別なことではなくなる土壌ができる。ヒーリング、リーディング能力
    などが発現しやすくなる。
    2015年 客観世界(=仮想集合システム)が強制適用ではなくなり、離脱が自由になる。
    →瞑想状態、変性意識に入りやすくなる。気づきが増える。「悟る」のが易しくなる。
    2016年 客観世界(=仮想集合システム)のシステムを暗黙に絶対条件として受け入れて
    いる意識(人)と、そのシステム性、仮構性に気づいて離脱可能としている意識(人)との
    決定的分離、分裂。
    2017年 象徴的表現:アセンション支援合議体による集合的啓発活動の終了。 
    →客観世界(=仮想集合システム)の仮構性に気づいた意識(人)がさらに分化、
    多様化する。客観世界の下に潜在していた坩堝性の表面化、指標(お手本)の喪失。
    2018~20年 多様な宇宙モデルの揺籃。

     

    ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

     

    全文は

    ソロ・パブリッシュ エア充。 でごらんください。

    アセンションについて (7)

    にて

     

    どうやら、「母さん、ボクの麦わら帽子はどうなったんでしょうね?」

    のセリフに対して

    「ああ、自分でさがしなさいよ」

    と言うことのようで

    いっせいアセンションから勝手にアセンションへと切り替わったようで・・・

     

    もう、アセンション話もヒソヒソとしなくちゃならない時代に入ったようで

    お後はあなた任せになりました。

     

    ところで、ゼロポイント・フィールドに入る、新時代の画期的方法は読みましたか?

    あれに似たようなQEですが(瞬間ヒーリングの秘密の本)

     二つの奇跡が起きました。

     パソコンと瞬間湯沸かし器の奇跡(ゼロポイント・フィールドにリセット)

    詳しくは。。。

    気が向いたら書きます。

     

     


    0 0

    りわたしんちに起きた二つの奇跡(きっとゼロポイント・フィールドのしわざに違いない・・・)は後編と致しまして。

     

     

    ソースに繋がる

    しょう油じゃありませんのであしからず。

     

     それがゼロポイント・フィールドに繋がる裏道(今は表道になるのかな?)

    突然、知ったこの裏技、というか技術(というほどテクニックは要らないのだが)、方法、やり方、、

     

     古今東西、覚り、悟りへの道は遠く険しい・・・というのが定説だった。

    だが、これは

      いったい、ナンナンダ!

    可笑しいほど、簡単では無いかよ~~(大笑い)

     

    でも、それは個々人がやってみた場合のこと。

    疑うな信じろ!  などとは言わない。

     

    最初から信じるなんて無理でしょ、一般として。。

     

      それよりも、やってみる意識の方がよっぽど大切。

    それを「試してみる」というと、変に勘ぐられて「それじゃ、ダメだ!」というか?

     

    じゃ、やらない・・・

    そんなのやらない・・・・

     

    でしょ。

     

     考えるな、やってみるんだ!

     

    で、イイデショ?

     ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

    出版案内3

    『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

    ようこそ☆ゼロポイントフィールドへ みけ 無料 ゼロポイントフィールドとつながる方法、つながると何が起きるか、ゼロポイントフィールドとは何か、意識がつくっている宇宙の構造、「私」意識(自我)のからくりとその本当の役割について解説します。

     

    ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

     

     

    あの電子本、読んで最初の一章だけでよい、あとの理屈は後回し。

    やってみるんだ、考えるな! いつやるの?

    今でしょ!

     そのゼロポイント・フィールド 裏技大公開中  しかもタダだ。

    タダほど怖いものはない(笑い)

     

     

    記事参考

     縦書きになるかと思います。

     

    ゼロポイント・フィールドへの関連記事、そしてちょっとした付加テクニック

     

     ところで、これってQEテクニックに似ていないかな?

    あれは、両手の人差し指(だったか)を身体の任意の所に軽く当てて、カンジルンダ

    だったかな?

    それが、生き物だけじゃない、対象がなんと

    パソコンと瞬間湯沸かし器の奇跡(先回書いた文言)

    として出ました~~~♪

     

     と言っても証明のしようも無いから自己確認だけで自画自賛説だが。

     

    ノートパソコン

    ふとしたことで、画面が急に

     C、A、D(いわゆるフリーズしたときに押す三点セット)の指示画面に。

    それをやっても、何度も同じ画面が・・

    電源ボタン押して、強制終了してみても、立ち上げるとやっぱり同じ現象。

     これは! CD使ってリカバリーか、復元ソフトを立ち上げるか・・・・

    「まてよ、そのまえに!」

    とひらめいたのがQE。  フランキロー先生の「瞬間ヒーリングの秘密」他三冊本がある。

     

    どうしたかというと、右手の人差し指をパソコンの右側に当て、左手も同様に左側に当てた。

    できるだけ直そうなどという想念は入れないようにして、(もともと直るほうへの意図があったからこそQEをしたのだから、それ以上はくどくなる)

    人差し指の感覚だけを感じていた(2,3分かな?)

     

    そして、o(^-^)oワクワクしながら パソコンの電源を入れたら

     あららら~~~ 直っちゃっている¥

     

    瞬間湯沸かし器

    電池の消耗でランプが付くような仕組みになっている。

    プッシュしても燃焼反応しないので、見たらランプが点灯していた。

    さっそく、電池交換。

    プッシュ

    あれ、反応無し。

    電池の向きを確認。 何度もやってみたが反応無し。

    別の新しい電池でやってみるも、反応無し。

     ららら・・・分解掃除が必要なの・・・

    配線でも切れたのか?  ガス会社に持っていけば金かかるし・・・ 自分でカバー外して見てみるか・・・

    そこで、ふと

    「そうだ、QEやってみるべか¥」

    と。

    「やってみる」だけで、治そうというような医師は要らない。もっとも「医師には病を治す力を持ち合わせておりません」と言われるのは決まっているからね。(なんのこっちゃ)

    具合の悪いのをの直そう

    などという意思をもってやるのではなく、ただカンジルンだ。 ふれている指先を¥

    ということで、湯沸かし器のカバーの下側、左右に両手の指先を当ててみた。

    ただ、指先の感触を感じるだけよ~~♪  アフ~~ン 

    じゃないが、

    なんと、プッシュボタンを押してみたら、シュパと一発点火。

     

      今度

    よろず修理承ります屋

    を開業するつもり。

    物品だけじゃない、

     猫でも犬でも山羊でも牛でも、なんでもどうぞ~~

     ただし、ワシが直すんじゃ無い。

    直るのはアチラのかって。直るのも直らないのもアチラの勝手。

     元来QEとはそういうものらしいデス。

    そういえば、掌をかざす浄霊法も同じ穴のムジナ・・(ムジナじゃないだろ!)

     

    えてして、素晴らしいことは「勝手に起きる」ものでゴザイマス。プっ (楊子を飛ばす紋次郎)

    え? 紋次郎知らないって!

     

     

     

     

     

     追記

    よろず修理の件ですが・・・

     ひと? (三次元世界の幻想ではありましょうが・・)

    限定サービスを考えております。 

     たとえば「女体に限る」とか「年齢制限あり」とか・・

    この場合は「指先に限らず、掌も当てます」とかなんとか・・・

     

     


    0 0

    パチンコ久しくやっていないのですが、なぜかこの音楽を流されるとはりきっちゃうんですよね~

     

     もっとも、もう昔の闘いは終わりでして、いまは鉄(くろがね)は黒い、金

    となったようでして・・・

    守るのも金、攻めるのも金

    かね、カネ、金、カネ ・・・・  (さいごのは女房の名前だったっけ・・)

     まあ、さいごのは守るというよりも、こちらの方が護りの体制にならなきゃね。

    攻める一方の我が家のカネ  (こういう名前の女性は今は希少価値でしょうが・・・)

     

    ところで、相殺銭、いや、総裁選

    一句、

     

    いしばしたたいてわたるいいおとこ

     

    石庭氏叩いて、渡れば怖いものなし、いいあんべ~~に進まれる  

    なんちゃって。

    え、こんなこと書いたら共謀剤だって~~~    (わし、薬は飲まない、が百薬の長は呑む)

     

    もう、政治家なんてだれもいい加減にせい~~

    じゃないか!!

    だれでもイイんだけど・・・・

    いしばし叩いたので、各県ごとに便をたれました。

    じゃないか!!

    弁でした。

    で、新潟県(これしか見ていないので他県のは県民にお任せ致します。)

    http://www.ishiba.com/sousaisen/47_niigata/

     

    注、ボクは以前からずっといしばさんは好きで無い、軍事オタクだと思っていました。いまでもその疑いはあります。

    でも、薩長政治の終焉の途上において、この人の役割があるんじゃ無いかと・・・

    だって、その他、だれも出ないでしょ。

     

     みんなが薩長政治の続編演じちゃっているわけで、本当は東辺北からの人物を期待しているんですがね。

     会津藩(福島県)あたりから、出てチョウダイね。

     

    で、いま「反薩長弛緩」じゃいない、史観の本がブームとなっているそうです。

    ボクも最近2冊読みました。 (もっとも、一刷は読み上げソフトで聞いたのですが )

     

    「明治維新の過ち」 (こちらはKindle版をテキストにして読ませた)

    「薩長史観の正体」

    その薩長政治ですが、アベさんがつい漏らした(濡れたところは異なるが)、薩長政治の件。

     

     こちらに解説がありました。

    なぜいま、反「薩長史観」本がブームなのか 150年目に「明治維新」の見直しが始まった


     

    そんな薩長政治が明治維新以来、ずっといままで続いてきたことは羞恥の事実でしょうが、ボクはカンチガイしていました。

    この本二冊読んで聞いて、「トカトントン♪」が聞こえてきたのです。(ダサい治じゃないですが)

     

    「カンチガイシタママシンデイケ~」といつも豪語していた悪友も先年ついにカンチガイシタママ逝きました。

    ぼくもソロソロあとを追いかける時節なのでしょうが、どうも・・・・カンチガイしていることが多すぎて・・・このママしんでいけるのもよし、気づいて逝けるのもよし・・・

     まあ、カンチガイは人類が共通してもっていた宝物でしたかが、その宝物を放り投げる勇気があるかどうか・・・・それがもんだいだ。

       

     あべちゃん、ゴメンね。

      

    倍晋三首相の発言が物議!「薩摩藩、長州藩で力を合わせて新たな時代 ... https://johosokuhou.com/2018/08/27/8668/   もうすぐ終わりなのに・・・        

     


    0 0

    つまり、

    人類は月に行った、行かないが未だに論じられている・・・・あれから40年のきみまろもあきれ顔

    そんな話を直接NASAに聞いてみたら?

    すると、

    窓口が二つあったという話です。

       表 「ちゃんと行っていますよ。」
      裏「ちゃんと行っていますよ。」

    あんだ、同じじゃ無いか!

     ただし、表の方は「なんチャラで今は月に行けません。(行っていません)」

         裏の方では、「ああ、今でもちゃんと行っていますよ。」

     

      まあ、自分では確認も出来ないので証拠も出せないのであなたのハイヤーセルフ任せサービスで。

     

    なさけNASA自慰(ジジイ)の裏の顔

      表はニッコリ、好々爺

    裏は好きで好きで大好きなスケベ爺

      おい、誰がワシのことを書けと言った!!

     

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーーリンク先

    最新記事 NASAの裏の顔 (09/01)

     

    ETの拘留と尋問 (08/26) 地球でくつろぐ異邦人 (08/18) 苔男の創生 (07/31) 地下暮らしの一日 (07/30)

     

     


    0 0

    一度出したらもうダメヨ♪

     「まあ、チッチャイこと♪」

     

    これはボクの小さな手のことですが。。。

     一度出したら、消せないボクの恥ずかしい過去(今でも日々やっとるじゃないか)

     

    web魚拓という神的記憶倉庫で、あなたの過去はもう隠せない (ドッキドキ)

     

      これはインターネット上のお話で、あなたの過去には一切関わりありません。

    (ただし、宇宙の図書館にはシッカリと貯蔵されているそうな・・・・イヤだねえ~)

     

    zeraniumの掲示板

     

    ゼラニュウムの掲示板  こちらでした。

     

     このページはweb魚拓ですね。

     しっかり残っています。(今年の4月頃までのようですが)

     

    後は上の方にある、「グラフの様な棒」に合わせてクリックすると年代が変わって出てきます。

    後は自分でやるセルフサービスで。

     

     

     

      ゼラニュウムの掲示板がなぜ消えたのか?

    常識的に言えば著作権の違反でしょう。

    非常識に言えば、インターネットでは出ていない様な情報が本にはたくさん載っていることがある。

    それをインターネットで知られると、あっという間にイッパンタイシュウ人に知られてしまう不都合な真実もある。

     なぜなら、それがもしも「真実」ならば強力な力を与える事になるからでR。

      奴隷に奴隷と気づかれたら困るでしょ。

    だから、あらゆること(医学など筆頭株でしょうけど)に対して真実を知らせてはならない。

    という闇の思惑茶があるのでしょう。(それがこの体験世界の重要な要素だったわけ?)

     知ったら困る、古閑の謎・・・・

    漏れているのを知られたら困る古閑の謎・・

      個人的な思惑はイイとして・・・

     

     

     

    たとえば、宇宙人とかETとか(同じか)の真実に対しても

     「みなさんは「シラNASA過ぎる」ほうがよいのです。」

    と、裏の顔で言う。

     

    ・闇の力に対する対抗策は真実を知ること »

     

     グリア博士は、宇宙人情報は「ETが居るとか居ないということよりも、そのテクノロジーがあまりにも素晴らしいという情報の方が重要だ」と言っている・・・・のかな?

     よく読んでいないので、後はセルフサービスで。

     ・新テクノロジーの公開で欧米の権力支配が不可能になることを彼らは怖れている

     

     夜の世界の主役は

     明るさに弱い

    ニンニクじゃないぞ。

     明るくなると、縮むのだ。

    だから、アレは夜やる揉んだな。

     

     「時節には神も敵わないぞ世。」 と、神も嘆いたほどだ(うしとらのこんじん様)

     と言うことは、時節の方が上の神ってことかい?

     

    悪の主役は昼の時代の到来をしって、ヘナヘナになるのだが、でも

    「アタシ、がんばる」と最後までつらぬくシトも居る。

     彼らは極端に明るみが怖いのだ。

    だって、すべて「白日の下にさらされる」からだ。 

     今の時代は真実が明るみなるわけでして、

     

     そういえば、なんとなく、ボクもざわざわするのはなぜでしょうか?

      ざわわ~ざわわ~~ざわわ~~~♪  誰か歌っている・・・

      さとうきび畑かい!

     

     

     

     

     


    0 0

    いちばん分かっていないakyoonが贈る、他人のふんどしから^^^

    ゼロポイントフィールド回路の応用~問題をゼロに還す

     

    ゼロポイント・フィールドへの表道 (世界中の先哲が今も昔もこれだった?)

     

    とこが、時節が参って「裏道」(裏技とでもいうのでしょうか?)

    が公開された。これは前の方の記事で・・

    今回はそのゼロポイント・フィールドに繋がるとどういうことになるんねん?

    という、ボクがいちばん分かっていないことを発表します。

     といっても、他人が既に発表したふんどしを、自分につけただけじゃないか!

    はみ出してないか?

     それはダイジョウブ(キッパリ)  でるほどのモノではない (シメジか)

     

    ただし、借りたふんどし(女性用にはアレ・・腰まきかな)にちょっとデザイン加工してありますので原布をご確認ください。

     ※ 「。」のところを「。改行×2」に掻こう、じゃない、加工。

    ゼロポイントフィールド回路の応用~問題をゼロに還す

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

     

    ゼロポイントフィールド回路の応用~問題をゼロに還す
    2017.1.10(火)

    ある読者さんからご質問いただいた、
    問題をゼロポイントフィールドに投げ込む方法について書きます。


    「投げ込む」というと乱暴なようですが、
    これは問題をゼロに還して、整理→解決をゼロに委ねるという意味です。


    投げ込むのは問題に限らず、お願いごとでもかまいません。



    ゼロに委ねることのメリットは、「悩む」「迷う」という状態が止まることです。


    前々回の記事にも書きましたが、
    悩みは悩むことそのものが止まらないと止みません。


    高次存在を通して、あるいは端的に直感で何かの指示が来ても、
    悩みモードでウダウダしていると受信できなかったり、
    受信したものを疑いはじめてさらにウダウダの迷路に入り、腰が重くなってしまう。


    重くなった動作モサモサのパソコンみたいになってしまうのです。


    なので、モヤっとしてきたら、まずマッサラに戻すことが肝心です。



    委ねることは、依存や寄りかかりではなく、
    呼気が吸気につながるように、
    自然な行動や自然な休息を喚起する、ということも自然にわかります。



    以下は私がやっているやりかたです。



    ①ゼロに還すコマンドを作成しておく。


    私の例)「すべてのコンポーネントをゼロポイントフィールドに還します」
    コンポーネントとは、感覚や思いが組み合わさったセットのこと。


    オーディオ機器のコンポみたいな構成体のイメージです。


    ②目の前に窓をつくって、心のなかでコマンドを唱え、
    いろんなものがゴタゴタくっついたカタマリが、窓から出ていって融けていくのを
    イメージする(解体されて消えていくイメージ)。


    ※前もってゼロポイントフィールドを体感しておく必要はありません。


     ゼロが実感できていれば、もう回路が開いているので、
     コマンドやイメージだけで呼び出せます。



    これだけです。

    事後、窓は閉じても閉じなくても、どちらでもかまいません。


    実際にやることは②のイメージ操作だけなので、慣れれば1秒もかかりません。



    要するにイメージワークなんですが、
    こういうイメージ操作に実効力をもたせるには、
    ゼロポイントフィールドを実感できていることが大前提です。


    何度もゼロにつながって、「うん、これ、この感じ」というのがわかってないと、
    何をやっても、想像でなぞってみただけで終わってしまうので。



    何度もゼロにつながって、
    「たしかにこれはずっとここにあったわ。

    なんで今まで気がつかなかったんだろ。


    物理界と重なってるわ。

    てか大元じゃん」とわかると、
    問題解決であれ、お願いごとであれ、どんなテーマにせよ、
    その人なりの応用方法が降りてくるでしょう。


    どんどん実験していくなかで、自分のツールができあがっていくと思います。



    ただ、これはゼロにつながったり、それを応用したりすることに限りませんが、
    真面目になりすぎない、がんばらないということが、意外にも、とても大事です。


    がんばって、コンプリートめざしてゼロを落とし込もうとすればするほど、
    ムーンウォークするように周波数が落ちてしまい、ゼロから遠ざかってしまいます。



    「地球の人ってまじめよねえ。


    あたしに物理体があったら、2、3回つながったら“よし、わかった”って、
    ゼロにつながれるかどうかってこと自体をゼロに投げ込みそう」
    ・・・これはアリエ@リラ(琴座グループ)のツィートですが、核心を突いてます。


    何度も“融けてる感”としてゼロを体感してみるというのは、
    納得するための手段であって、
    体感を積み重ねて、加算的に習得に至るという意味ではありません。


    自転車に乗れるようになるのと同じで、
    一度、乗れるようになったら、もう乗るための練習はしなくていいんです。


    このブログやゼロ本(ブログ右「出版案内3」で、
    体感からゼロの信号をキャッチすることを勧めているのは、
    ともかく実際に乗って、漕いでみないことにはわからないからです。



    前回の記事にも書きましたが、
    テラン(地球人)の通称は「制限のマスター」で、
    公には言われませんが、これには多少草が生えているんです。

    (→www笑)
    ゼロとのつながりを絶ち、ソウルワールドとも絶交して、
    自分の心身(自我)だけを頼りに環境と戦い、他人と競ってきたので、
    その真剣勝負モードのまま、関が原の合戦に参戦するかのような構えで
    アセンションに臨んでいるらしい。


    これは「ぼやぼやしてると攻め込まれて討ち死にするぞ。

    死んだら終わりだ、消滅だ」
    というリスクを負って、ゲームと知らずにゲームをやってきたためで、
    デムパ宇宙では「デリート強迫」と呼ばれています。


    じつは、前回の記事でふれた年頭デムパ宇宙会議の主要議題はこれで、
    「デリート強迫をデリートしよう」だったのでした。



    ゼロポイントフィールドにつながることは、そのためにも役立ちます。


    なぜって、ゼロは最大のリスクヘッジですからね。


    消えようがないもの。

    あるいは最初から消えてるから怖がりようがない。



    テランのアセンション支援プロジェクトというのは、当然、
    この惑星ポイントで意識拡大したアセンデッドマスターたちが主導していて(記録に
    残っていない人も多数おられます)、
    ために、物理界→ソウル界→叡智界(0/1)→ゼロポイントフィールド(0=∞)、と、
    オーソドックスなルートがデフォルト設定でした。


    この場合、エンドポイントは「ハイエストセルフ、またはそれを中継するハイアーセルフとの
    通信回路を開く(ハイエストセルフまたはハイアーセルフとつながる)」ことです。


    ソウル宇宙を統括するハイエストセルフとつながれば、
    叡智界とゼロからなるワンネス帯域に開通するからです。


    また、本にも書きましたが、非物理帯域の記憶がアクティベートされている人、
    子どものころからサイキッカーだったり、チャネリングができたりする人は、
    オーソドックスなルートのほうが開きやすい。


    それで、そういう人たちを先発部隊にして引率していってもらうという計画もありました。



    しかし、テランというのはとにかくあまりにも数が多い。


    7のあとに0が9つもつくほどの数の魂がひしめき、
    物理場を閉じても(亡くなっても)まだ“つづき”をやっている魂もひしめき、
    それぞれがそれぞれの宇宙を開いており、
    それぞれが翻訳装置として自我構造体を構築しているので、
    異なる宇宙と接したときに、情報交感ではなく摩擦が起きやすい。


    しかも「異なるものを征服する/異なるものに服従する」ゲームに慣らされていて、
    「共感できないものと共存する」状態になじみがありません。



    そういう背景から、2011~2016にかけて支援体制が整うにつれ、
    ソウル宇宙の接点では発火、炎上、延焼、戦闘モードの発動などが多々みられ、
    消火しても頻発するんで収拾がつかず、
    だめじゃん! これ、どうすんのよ?ってことになってたわけ。



    こういう情勢下で、
    「正統ルートにこだわる必要はないんじゃないか。


    アンドロメダンやアルクトゥリアンがよくやってるアレを公開してはどうか」
    という意見が出て、なんやかや揉めた末にどうにかまとまり、
    アセンデッドマスターサイドも了解してくれて、
    裏ルート(物理界からゼロに還流する方向)からゼロ回路を開くやりかたが公開される
    運びとなったのでした。


    むろん私の特許というのではなく、独自にダウンロードしたり公開されている方も
    おられると思います。


    なんというか・・・右クリックとか、ショートカットキーみたいな?

    ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

     

    ところで、以前掻いたあの「パソコン、湯沸かし器」の奇跡もゼロポイント・フィールドに類しているんだろうか?

     QEってのも、不如意になった物をゼロポイント・フィールドに投げ込んでしまうと、初期化出来るってことの応用なのでしょうか?

     上記の転載ものにもあるように、自我意識をいれない、力をいれないという方がよいというから、あの「手かざし療法」も似たような概念だね。

    ようするに、ゼロポイント・フィールドは万能というもの?

    ただし、使い切れるかどうかだろうが・・・

    機械や道具にも初期化?現象が起きたのたのだから

    すると、物にも「者」や「モノ」が含まれるから、同じような効果が顕れるのでしょうね。

    だったら、あの、その・・・不如意になった「モノ」にも・・?

    さて、どうやってやるのか、それが問題だ・・・

     なにしろ、ボクの最大の欠点に

     

    真面目になりすぎる、がんばっちゃうことが、

    意外にも、おおいからです。

     

     意外でもない?

     

    ところで、ひとのふんどしを借りてはいたakyoonのふんどしではイヤだ、きたならしい

    と言う人は、直接あちらのふんどしをのぞいてください。

     たぶん、中身がちがいますからねえ・・・・(僻み心)

     

     

     

     

     


    0 0

    これが波動情報なのかどうかは分かりませんが、とりあえず。

      もとのふんどしをのぞいてください。

    地球人のアセンションどーなってるの問題① 2,地球人のアセンションどーなってるの問題②

     

    股股、他人のこしまき、いや、ふんどしを借りて、はいてます。(はいちゃイカン見せるだけにしろ)

     

     面倒なので1と2をふたつくっつけて履きました。(もっと面倒だろうが)

     ただし、見せびらかすためにちょっと加工してあります(改行を入れました)

      

    ーーーーーーーーーー以下転載ーーーーー

    地球人のアセンションどーなってるの問題①
    2017.1.24(火)

    わーい! ここ1週間くらい刺さってた細いトゲが抜けたぞ!
    と、なんの脈絡もなく、ここ数回のデムパ宇宙会議の議長を務めた
    ソフィア@シリウスとの対談を掲載します。
    今回は読みやすいように、発言者を色分けしてみました。





    みけ テラン(地球人)とは、物質の原型(元素のソウル)のうちでも地球という座標点で物理次元を開いている人たち、言い換えると、自分のソウル宇宙に地球という像をもっている人のことですね。
    テランのアセンションではグルーヴが起きにくい。


    ソフィア 別々の宇宙を開いているソウル宇宙間の接点で情報交感が起きにくい。
    これはアンドロメダモデル(一斉ではなく個々宇宙でアセンドするやりかた)採択時から織り込みずみでした。

    みけ グルーヴが起きやすいと、形態形成場(ポジティブなテンプレート)ができて、技術とか経済とか家族モデルとか、集合インフラへの反映が加速度的に進んで、
    物理レベルでの変化が速く、わかりやすいから、追い風になる。

    けど、それがなかなか現れてこないから、先発部隊の人たちの情報発信が空回りしてる感があります。
    2012年がインチキなら、“2016年秋の大変化”は頓挫したという気分も広がってます。


    ソフィア 形態形成場は副産物だから、できてもできなくてもいいんだよ。
    形態形成場がほとんどつくられることなく第5密度に移行した太陽系もあるし。
    みけ アルタイルですね。宇宙12chには“石器時代のままアセンドした人たちw”的なことが書いてある。でも、もともとアルタイル星人はゼロポイントフィールドとのつながりがしっかりしてて、地球人みたいにアグレッシブじゃなかった。

    だから、引きこもりんで瞑想づけでも、線形時空間的にいうと、ハッと気がついたらみんなが同じ時期にアセンションしていた。


    ソフィア あそこは、他星系からの干渉を退けるために、むしろ引きこもる必要があった。


    みけ とにかく、こっちの太陽系とでは環境設定が全然ちがいます。


    ソフィア そうね。ただ私が言いたいのは、物理レベルの革新や進展がアセンションの条件ではないし、意識拡大が進んでいる証拠でもないということです。

    最初に言ったように、それは副次効果であって、あってもなくてもいい。


    みけ 第4密度をへて第5密度に移行していくというプロセスは、物理的な事物(飲食物や防寒防暑対策など)の必要不可欠性が自然に減っていって、事物の確保のために依存的な対他者関係を築く必要もなくなり、むしろ事物ではない、見えない帯域が充実していくということだからですか?



    ソフィア 禁欲なしに、自然にね。
    針路は、物理性が薄まって精神性が濃くなる方向を向いてるんだから。
    グラウンディングとは、いちばん下(ゼロから見るといちばん先)を切り捨てない、
    底ごと上に上げていく(ゼロから見ると元に戻す)ことであって、物理レベルの進展や福利厚生の向上に貢献することではありません。

    石器時代だろうが、スペースコロニーの時代だろうが、関係ないよ。

    あなたが某惑星で物理化から第5密度移行までの全プロセスを体験したとき、
    電気やガスや水道や、インターネットなんかがありましたか?


    みけ ・・・あれは石器時代以前でしたwww

    私たち(アマール・アルクトゥルス)はみごとに何もしなかった。
    2世代目以降はウォークインで入って、初代の物理体をリサイクルしたから、
    繁殖する必要もなかった。


    ソフィア それでいいんだよ。惑星環境を降りたときの状態のまま、物質の原型
    (元素のソウル)にお還しするのがディセンド‐アセンドの基本だから。
    みけ 正負どちらのカルマにも傾かず、敷金がきっちり返ってくるパタンね(笑)。

    ソフィア 個々人の意識拡大が進むと、科学技術の革新や政治、経済の諸制度の
    進展に直ちに反映するはずだ、人々の生活がよくなるはずだ、というのもひとつの
    固定観念です。



    みけ “人々”とか“生活”とか、“みんなに”影響する技術、政治、経済とか、
    二元モデル(自分vs.環境に分離した状態)下にしかない概念だもんね。
    二元モデルという前提がなくなってるのに、そこだけ古いルールが遺ってるのは、
    たとえば固定電話が有線じゃなくなってからも、ケーブルの差込口の近くに電話機を置いていて、その位置を前提に家具の配置も決めちゃってるとか、そんな感じ。もう差込口に縛られてないのに。

    とはいえ、チャネラーさんやサイキッカーさんのなかには、
    国内外の情勢や経済情勢や社会的事件に言及して、なんらかのシルシを読む人も
    いますけど、そういうのが私にはいまいちわかりません。



    ソフィア その人のソウル宇宙ではそうなっている、というだけの話よ。
    それとね、地球人のアセンド支援にかかわっている宇宙存在の星系のほとんどが、
    個々人の意識拡大と、二元下でのシステムの改変や進展がダイレクトにリンクした
    事例なの。
    リラ、ベガ、シリウス、オリオン、プレアデス、ゼータ、ヤイエル(エササニ)、太陽系の金星。なかには惑星規模の環境変化(自然災害)を経験した人たちもいるけど、結果的には、たしかに“人々”の生活はよくなった。

    なぜなら、一斉アセンションとかグループアセンションとか、ある程度のまとまりをもって意識拡大が起こり、情報交感がポジテイブに進んだからです。

    0°=360°(中立)から動かなかったアルタイルやアルクトゥルスを別として。



    みけ だから、地球人はどうなってるんだ!?ってなってるわけね。

    しかしアセンションのタイプがちがうんだから、グルーヴによる巻き込み現象は
    少なくて当然だよね。アンドロメダモデルのもとになったアンドロメダンはどうなの?



    ソフィア アンドロメダンは他宇宙のことなど気にかけない。
    よい意味で個宇宙主義者だから、これはこれでうまくいく。

    彼らは星系とか惑星とかにこだわらず、地球でいうところの遊牧民で、物理体化するソウルが特定ポイントに集中するということがなかったから、他宇宙との接点も少なかった。


    みけ じゃ地球人のケースって、ひょっとして前人未踏・・・。


    ソフィア どんなケースにしろ、個々の物理界が個々のソウル宇宙を反映するとは、
    個々の魂の繁栄を映し出すということであって、二元モデル下で、線形時空間に沿って進んできた集合体・集団の技術、経済、社会制度の進展または後退には、副次効果以上の影響はありません。

    具体例を出そうか。
    たとえば、あなたがメディアで何かのニュースを見たとします。
    “トランプ米大統領が~”でも何でもいい、
    そのニュースと、あなたがいるこの場面に、何か関係がありますか?


    みけ ありません。


    ソフィア そのニュースを見て、どんな反応が起きますか?


    みけ 正直、画面に映ってる絵面が下品だな、と思ってしまう。
    アメリカの、ケバケバしい低俗なバラエティ番組を見てるみたい。


    ソフィア ご自身の反応によって、不愉快になったり、連鎖的にほかのさまざまな記憶、思考に結びついたりしますか?


    みけ いいえ、まったく。


    ソフィア “トランプ大統領が~”というニュースと、1週間刺さっていたトゲが抜けた件と、どちらが重大ですか?


    みけ トゲの件です。


    ソフィア ならば、その種のニュースは、あなたのソウル宇宙に、ほとんど何の
    影響も及ぼしていないということです。
    “日米の関係”とか、“世界経済への影響”といった思考がはじまるのであれば、
    それは二元モデル下で学習した知識に有効性を与えているからで、その思考に囚われている間は、再び二元モデルの周波数域に戻っていることになります。


    みけ ネガティブな反応が起きるニュースに当たってしまったら、どうしたらいいですか?


    ソフィア まず深追いしないこと。次に、その反応をゼロポイントフィールドに還すこと(2017.1.10「問題をゼロに還す方法」カテゴリ:デムパなメソッド参照)。
    するとね、そういう反応を起こした理由や背景も、適切な時期にわかるから。

    ついでだから、私のほうから質問していいかな?


    みけ ・・・どうぞ。


    ソフィア あなたのソウル宇宙で、トランプ氏が大統領に選ばれたのはなぜですか?
    ハイアーセルフに訊いてみて。


    みけ ・・・二元モデル下でのテラン集団に多大な影響力をもつ合衆国という集団意識、これの底上げのためです。
    引いては、私が意識化していない過剰防衛反応を表出させてゼロに還し、ソウル宇宙の底辺を底上げする意味をもちます。
    いわば番長を生徒会長にして、最底辺の不良の底上げをはかるというのかな。
    “うちの学校にはいない”ことにしてしまっている生徒を見えるようにするためです。






    地球人のアセンションどーなってるの問題②
    2017.1.28(土)

    前回のつづきです。


    このチャネリ対談は、文字にしてみたらけっこう長かったので、2回に分けました。
    文中に出てくる否定‐回収コードについては、ゼロ文書(ブログ右「出版案内3」)を参照してください。この文書は無料公開しています。




    みけ 先発部隊の人たちとは、“過去世”という形で太古や古代の地球人のデータにアクセスしやすい人たちのことですよね。
    ソウル宇宙のコンポジション(構成)がそうなっている。
    この人たちは、自身が神官や巫女などの立場で率いていた集団に起きる出来事、たとえば星の配置とか自然環境の変化なんかに集団全体の傾向を読んで、指針を与えていたわけです。また、その集団独自の修練メソッドがあったり。
    しかし地球人のアセンションはランダム意識拡大だから、集団というまとまりはない。

    だから、従前と同じように指針を示したり、メソッドを降ろして公開しても、共振する人としない人がいる。曲解する人もいる。
    あれっ? と思ってテコ入れすると、別の部族集団の意識や、別の元神官のソウルと接して、互いに排斥反応が起きて炎上する。

    あるいはスターチャイルドとかスターシードとかいって、太古の体系的知識はクローズしたまま割り込んできたやつらがピーチクパーチク勝手なことをほざいてうるさい、ウチュージンは黙っとれ、ここは地球だ! といった排斥反応もある。

    こういうのが飛び火して、上で起きることは下にも響き、不安定になっている、というのが最近の会議の焦点でした。



    ソフィア 先発部隊の人たちは、一斉とか、ある程度のまとまりをもってアセンションが起きることを前提に物理界に降りてるからね。
    支援方針の二転三転から起きた混乱です。

    しかし、アクシデントをポジティブに活かして回せるくらいパスワークがうまくいく集団なら、一斉アセンションも可能なわけで、こういう摩擦が起きるからこそランダムにしたんだよ。
    先発部隊であろうとなかろうと、どなたであれ、もうまとまりというのは無効なんだから、ソウル宇宙間の情報交感が起きても起きなくても気にかけず、先に進んでいただきたい。

    階段を使いたい人にエスカレーターやエレベーターを勧める必要はないし、逆も然り。

    他宇宙には干渉しないこと。そのほうがかえって牽引力になります。



    みけ 俯瞰的にみて不安定という状態を、もっと具体的に言っておくと、ある週は覚者モードで、ものごともうまく回っている、何かあってもすぐリカバリできる、けど次の月曜の朝からはなぜか元の木阿弥で、感情や気分が揺れまくり、かと思えば翌週はケロッと回復し、ところが翌々週にまた元の木阿弥・・・というように、意識の周波数域がアップダウンしている。これが数時間単位で起きたり。
    フッと過去のやりかたに、二元モードにスリップしちゃってるんです。



    ソフィア だから、交感を求めて検索かけて情報収集したりしないで、ゼロあるいはモナドもしくはハイアーセルフ(全部同じ)とつながった状態に慣れていただきたいのね。慣れるというのは、簡単にいうと、 ゼロポイントフィールド > 物理界の事象というように、濃度あるいは遠近がシフトすることをいいます。

    それまでべったり同一化していた物理界が遠ざかって、ゼロが濃厚になる、と、遠いほうで何が起きようと必ず最適化されるという信頼が生まれる。

    そうすれば、ソナーである自我構造体が正常に機能して、分離モードをやってる“私”がいつ、何をすればいいかも自然にわかります。



    みけ ソナー? 自我構造体=探知機ってことですか?


    ソフィア 探知機であり受信機でもある。
    自我構造体は、分離と融合の結節点にあって、分離のほうから見れば探知機、融合のほうから見たら受信機です。
    どちらの側からとらえるにせよ、ソウル宇宙からの信号をとらえて、最も下の次元、往路でみてゼロから遠い次元の情報に変換・翻訳するデバイスです。



    みけ だから、アサッテな方角を探査してるとロクでもない情報しか集まってこないんだ。



    ソフィア あなたは、ゼロポイントフィールドと重なっているとわかっているとき、
    あるいはハイアーセルフに包まれているとわかっているとき、自我構造体が初期化されて“?”の信号を発してるのに気づいたよね(2016.12.29「初期化された自我の声」)。

    あれが、探知機が探査のために飛ばす電波にあたるわけ。

    “?”は、個々のソウル宇宙が分離にフォーカスしたときの信号で、0=∞が0と1に分かれた0/1(叡智界)に降りたときの信号がそのまま踏襲されている。

    つまり、ゼロが自己観察という創造に乗りだしたときの信号なんだよ。



    みけ なんかそれ、わくわくする。



    ソフィア 降りた“時”、乗りだした“時”というのは便宜的な言いかただけど。



    みけ 時空間のない非物理帯域の“今”で同時に起きてることだからですね。



    ソフィア “?”は、<~ではない>という否定コードが働いている、分離モードのときの信号なんだよね。

    同時に<~ではない“ではない”>という回収コードで融合モードになり、答がわかる。

    ゼロやハイアーセルフと開通していると、否定‐回収の両コードがトーラスで連結して、問うとともに答が降りる。逆に知っていることを問うているといってもいい。
    これが、ソナーが正常に機能している状態です。

    ゼロやハイアーセルフに気づいていないと、答が降りてることにも気がつかないから、探査が暴走して、出口のない自己確認=アイデンティティ強化運動に陥ってしまいます。



    みけ わからないことがわからないってのもありですか?
    何がしたいのかわからないとか、何がしたくないのかわからないとか。



    ソフィア それも問いのひとつ。ゼロやハイヤーセルフと開通していれば、
    問いが明確になり、答がわかり・・・というように整理されていきます。



    みけ 否定‐回収コードは、ゼロも0/1もソウル宇宙も使ってる統一コードですよね?
    自我の機能が正常になると、まるで“私”などいないように感じられるのは、オクターブちがいで同じ音程で鳴っているみたいになるからですか?



    ソフィア 回収コードの側面からみればそうなります。
    ソウル宇宙の視座だったら“まるで魂などないかのように感じられる”し、0/1だったら“まるで0/1などないかのよう”になる。

    全部がゼロに還っているというのが<~ではない“ではない”>の融合状態です。

    でも同時に否定コードも作動しているから、それぞれ分離して別々でもある。



    みけ あ、わかった。
    否定‐回収って、ソナーの探査信号の“?”が垂直真上に送られてる状態だ。
    自我即ゼロポイントフィールド。



    ソフィア そう。その針路で、個別化した事象も思いも最適化されます。
    自我即ゼロの状態でゼロに委ねるとは、自身に委ねることにほかならない。
    それでも、ネガティブな反応を起こす周波数帯域そのものが消えてなくなるわけじゃないんだよ。
    ただ、その帯域から遠ざかるんです。
    だから、たまにその帯域にふれて何らかの反応が起きても、その反応を周波数の変調を修正するサインとして使えるようになる。わかりますか?



    みけ えっと・・・たとえば、何かの拍子にお金や健康の心配がはじまったりとか、人と話したりネットを見たりして不愉快になったりしたら、それは周波数が落ちてるってことだと。
    つまり、その不快な反応が周波数が落ちてることに気づかせてくれるわけね。
    異常を知らせる計器みたいに。



    ソフィア そうです。そうすれば、その反応にもとづいて対処するんじゃなくて、ゼロやハイアーセルフとのつながりを確認して、周波数を正常値に戻せるでしょ。
    ゼロに慣れた人なら、深呼吸するだけでも修正できる。
    ソナーの探査信号が、利かなくなった磁石のように、分離した環境に向けてくるくる水平に回って暴走していくのを止められる。



    みけ 宇宙会議って、穏やかに粛々と進められると思われてるけど、そんなのアセンデッドマスター会議とか、プレアデス会議とか、内輪のミーティングだけだよね。星間会議は混乱、炎上して何度も仕切り直しになるのが珍しくない。



    ソフィア 異議や不信や不満が出尽くさないと、実効性のある結論は出せないからね。



    みけ スパークして火花が散ったり、爆発したりしながら、だんだん融合して、まとまっていく感じ。星ができていくプロセスと似ている。
    視覚化すると、興奮して火を吹いたり、羽が開いちゃったりする人もいてさ。
    おまえは怪獣か!? クジャクかよ!って。
    アセンション関連会議では、こじれてくると、たいていシリウス人が責められるよね。
    “そもそも原因をつくったのはあなたがたなのだから、あなたがたが始末をつければよかろう”“そうだ、エデンに蛇を放ったのはきみたちだ!”ってやつ。

    そのくせシリウス人に丸投げするのはイヤなの。絶対、参加したいのw

    ああいう発言や野次に対して不快になったときも、周波数修正に使ってるんですか?



    ソフィア いや、あれはもう儀式と化してるからね。なんとも思ってないよ。
    言われてること自体は事実だし。




    ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

     

    よく、精神世界の話で「う~~む、深いねえ~~」というセリフが吐かれますが

     それは浅井さんのカンチガイですよ。 (深井氏が不快げに言った)

     

    かりてきて直ぐ自分のふんどしに使い切れるかどうか・・・そこが問題だ。

     あ、途中ですり切れちゃおしまいよ♪

     

     

     

     

     

     


    0 0

    コズミックディスクロージャー、新しい記事がでましたね。

      よくスピリチュアルの世界では「時間は無いのだ」と言っていますが、どうやら、地球上の科学者でもそれを実験で確認しているようですね。

     浦島太郎の物語が現実に 

    もっとも、その「現実」がじつは「夢」だったというオチがありますが、、

     この仮想現実世界(イリュージョン)は人の顔をつねってみてもムダですよ。

     他人の脚を思いっきり踏んづけてもムダね。 怒り心頭で殴られる覚悟でならイイか?

     

    とにかく、この世界にフォーカスしている内は、そんな簡単に夢だとはばれないように出来ているようで・・・

    でも、確認できなくてもやっぱり夢には違いないというけどね。

     

     ところで、インタビューする人が替わったようです・・・

    それと相変わらず、本家のHPでは記事が出ていませんね。 

     操作されたんでしょうか?

    それにしても、ボクらの知らないところで圧倒的に科学は進んでいるんですね~~

      あいかわらず、鍬と鎌で畑作業をしているボクはどうなんでしょう?・・・

     

    最新記事 タイムトラベルと変化する現実 (12/01)

     

    NASAの裏の顔 (11/14) ETの拘留と尋問 (11/13) 地球でくつろぐ異邦人 (11/12) 苔男の創生 (11/11) 地下暮らしの一日 (11/10) 抑圧される医療技術 (11/04) 南極の秘密 (09/10)

    0 0

    金、かねだいすきなボクですが

     大ブロ色(当ブログ)に紹介する記事は、一文にもならないものばかり

     

    やっと気づいたか?

     

    そりゃそうでしょ。

    これまでの時代は、金、かね、カネ(おカネという女房の名前)・・・

    これ無くしては世の中まわれない・・・特におカネさん亡くした亭主の落胆ぶりにはあきれるぜ。

     

     そういえば、一昨年

    貰ったばかりのお小遣い3万7千円。

    あの日の内に消えちゃって、いまでも悔やんでいる。ずっとずっと死ぬまで忘れないだろう。

    え? 女房の命日?  う~~む。

     

    どうでもいい前置きはこれくらいで勘弁して、

     例のコズミック・ディスクロージャーの新記事が出ていましたね。

     

    シーズン12(2) エピソード2 偽情報戦術     その他   エピソード1 タイムトラベルと変化する現実   シーズン11(7) シーズン10(1) シーズン9(1)   なお、今も本家コズミック・デスクロージャーの日本語訳のページの大半が消えたままです。 でも、ねっと検索でそのままコピーがたくさん出てきますので問題なし¥   たとえば、これなどはテキスト文だけですが シーズン7まで一ページでOK:    検索しやすいので試しに、ゼカリア・シッチンを・・・・   すると、シッチンのいかがわしい、怪しい話がいろいろ出てきますね。   例のあまりにも有名になった、アヌンナキ神話のどこが骨抜きになっているかを見抜くには、シッチンの話をリセットし直した方がよろしいようで。   チャネリングも相当ゴミが入っているものが多いと言われ、そのまま信じてはいけないのです。   え?  ボクのブログの載せるもの? それは、ぜったいダイジョウブ¥      と。 なんたって、あなたのハイヤーセルフ任せサービスですから、間違いなし!    要するに、嘘かホントかなど自分で決める意外に無いってことです。   医学問題にしても、どこまで真実でどこがウソかなども発信者にはもちろん!わかり得ないのです。 医学論文にしてもそれはもう知られていること。 エビデンスなどという科学的根拠など一種の希望的観測にたまものが多いそうで、最初から眉につばつけてから読んだ方がよいということもわかっています。   ただし、つばは他人様の眉にはつけないようにしましょう。    ほんと、この世は嘘とねつ造満載の楽しい冒険の世界でした。   そこにはたとえウソであっても、夢や希望をいだかせるトリックがあり、楽しくもあり悲しくもあったのです。   スカス、そのウソやねつ造がばれ始めると、トタンに癇癪を起こすのも止めたいものであります。(自戒の念)   欺されるにはどうしたらいいか・・・   ゼロポイント・フィールドと縁遠くなることです。    ハイヤーセルフのいうことなど聞く耳を持たないことです。   そして、いまボクは最高にアホのなりきれた・・・・ばんざ~~い♪   じゃないか!!    能力あふれるボクが一切をわすれ、貧乏貧困貧しい・・・(おなじだろ)生活を楽しくあそべたのも、それをしたからです(自らだそうですよ、あなたもですが)    損なゲームがそろそろ・・・・   さて、これから金儲けの算段しようか・・・・・      一文にもならない投稿記事かいている場合じゃ無い!       本文より 一部転載 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー    
    Emery: そして私は何を言えて、何を言えないかわかっています。

    そのうちに、ますます多くの情報が出てくるでしょう。私はその時もまだここに毎週来て、みなさんにお話ししていることでしょう。情報を世に出して、一般大衆を啓蒙して、世界を救ったり、地球をきれいにできる多くの技術をお伝えしているでしょう。それこそが私の目標なんです。

    他に何の目的があってここに来ているわけでもありません。実際に地球をきれいに掃除して、世界の全ての疫病を根絶して、飢餓をなくし、全ての殺戮を止めることだけが目的です。そうしない限り私たちはどこへも進めないからです。そして地球も本当に私たちに堪忍袋の緒を切らすでしょう。

    だから私の主な目的は世間に向けて「秘密基地があるよ」とか「ETがいるよ」とか言うことではないのです。

    ええ、確かにそれは事実です。でもそんなことすでにみなさんご存知でしょう。

    George: 表ざたになっていますね。

    Emery: でもそれが彼らの抑圧しているテクノロジーの話や、私たちが助け合って世界を良くするという話になっていかなければならないんです。

    なぜならこういったテクノロジーがあれば、私たちにはガスも石炭も石油も必要なくなるからです。それを巡ってお互いに争うこともなくなるでしょう。

    私たちは集合体としてもっと高い意識になり、地球を大事にして、お互いを助け合うようになるでしょう。

    私はそこまで変化を起こしたいんです。啓蒙活動によって。

    George: しかしですよ。誰があなたにそれを暴露する許可を与えているのです?

    Emery: そういう人は誰もいません。

    George: 上に立つ個人はいない?

    Emery: 個人で私に接触してきた人はいません。私はただ最初から話せることと話せないことをわかっていただけで、今もそうしているだけです。

    秘密企業から電話がかかってきて「これは話して良し」と言われるようなことは一度もありません。

    軍隊の元指揮官から電話であれこれ言われたこともありません。

    George: でももしあなたが言ってはいけないことを言ってしまったら?誰があなたのもとを訪れますか?

    Emery: 私にはわかりませんが、みなさんにはわかるでしょう。その時は私は死んでいるでしょうから。

    George: そこまで深刻なことに?

    Emery: ええ、もちろん。

    George: 間違ったことを口にしたら?

    Emery: まあ、もし私が間違ったことを2、3回、口をすべらして言ったとしたら、まずは軽く懲らしめられるでしょうね。

    誰が私を懲らしめるのか?まあ、わかりますよね。彼らは家族の命を奪うかもしれません。親友の命かも。おそらく私の犬もそうだったんでしょう。ちょっとした警告としてね。

    だからこういった脅威は現実のものです。そしてほら、私はフリーエネルギー装置の開発をしていましたし、おそらく言うべきでなかったことも言ってしまったんでしょう。TVカメラの前でとは限りませんよ。ちなみに・・・

    George: ええ。

    Emery: ・・・仕事仲間との電話で言っただけでもです。それでも彼らは私のもとへ確実に警告をよこしますよ。

    George: 「彼ら」の正体はわかりますか?

    Emery: それはほら、間違いなく秘密の大企業で、私が利益侵害したのかもしれない知的財産の持ち主ですよ。

    George: あなたは彼らが誰だかわかっているようですね。でも当然ながら、それは明かせないと。

    Emery: 彼らは大きな組織です。そして世界中の大企業で構成されています。誰だか具体的に特定して知っているわけではありませんが、彼らが存在するということは知っています。なぜなら彼らから警告を受けてきたので。

    メールや電話だったり・・・

    George: 彼らとは企業だと。

    Emery: ・・・それにあったのが・・・ほら、彼らは外堀を埋めてくるんです。

    ある時は、私の家の近くに彼らが白いバンで乗り付けてきました。戦闘服を着た2人の男が出てきて、MP5機関銃を私に向けたんです。

    それで私は何かまずいことをしたか、言うべきでない事を言ってしまったのだとわかりました。

    George: その男達はマスクか何かをかぶっていましたか?

    Emery: おー、はい。その通り。

    George: おー、そうでしたか。

    Emery: はい。

    George: 彼らはあなたに知らせたかったんですかね。もし一線を越えたら、いつでもあなたの家にやってくるぞと。

    Emery: そうです。こういったことから隠れる場所はありません・・・逃げ隠れはできないんです。

    George: エメリー、以前の「コズミック・ディスクロージャー」のエピソードで、あなたはET関係のことを随分話してきましたね。彼らは私たちにETの存在について偽情報を流そうとしているのですか?隠蔽しようとしているんですか?

    Emery: 彼らは偽情報を流そうとしていると言うよりは、ETの存在についての情報を出さないようにしていますね。

    ほら、他の国々はUFOについての公式文書をすべて公表しています。誰も話題にしませんが。

    アメリカ合衆国だけが・・・まだすべてを公表していないんです。

    George: ええ。

    Emery: なぜでしょうね?

    George: 公表しきれないほど凄い真実がたくさんあるから?

    Emery: ええ、だから私たちはすべての人々に外に出てもらって、自分で真実を見つけ出してもらう必要があるんです。

    私の言うことを鵜呑みにしないで下さい。私はここに私の経験を信じるように誰かを説得しに来ているわけではありません。

    私はここにいくつかの事実を明らかにするために来ています。それによって科学コミュニティ全体で協力していけるように。そして政府抜きでもこういった技術を開発して、それを世に出して、世界を癒やす手助けをするためです。

    George: ETによる地球侵略といった偽旗作戦プログラムについてはどうですか?そういった偽旗作戦は様々な種類用意されているんですか?

    Emery: まあ思うに、ネット上を見れば多くのある一定の国々で記事が出ていますよね・・・もしくはアメリカで記事になっていることもありますが・・・例えばボリビアあったことだと書いていて・・・ETが縛られてインタビューされているビデオを見せたりして。

    これらは偽情報キャンペーンです。ほら、そんな記事が表に出ることを彼らが本当に許すはずがありません。もしくは1時間もしないうちにその記事を消してしまうでしょう。

    George: そのキャンペーンは成功していますね。

    Emery: ええ。そういったニュースは見ていて興奮しますからね。人の興味をそそります。そしてそれが一般大衆が何を信じるかに影響を与えるんです。

    一番効果的な方法は、白昼堂々とただ映画を作って、ETには触手が10本あって人間に卵を産み付けるみたいな考えを大衆に植え付けることです。

    だからそれはかなり昔から行われていることで、それが一番簡単で効果的な方法なんです。偽情報作戦はみなさんの目の前で行われたということです。

    彼らが私たちを支配しようとして行っている全ての事は、目の前の身近な所にあるんです。そして彼らはそれをメディアを通じて行います。映画を通じて行います。TV番組を通じて行います。

    でも救われるのは、そのことに気づいている人も多いということです。多くの人々が・・・気づくということは実際に意識が少し拡大するということでもあります。真実が明らかになった時に、宇宙にいる様々な種族や様々な人々を受け入れることのできるオープンな心になるということです。

    それでもこうしたとても邪悪な目論見があるのは残念なことですね。

    George: 大衆としては真実と虚偽をどうやって見分けることができますか?本物らしく見えたり、偽物のように見えたりする時に。どうやって判断したら?

    Emery: 何が真実か解読するというのは最も難しいことですね。ふつう、本当に本物の映像が表に出て、彼らがそれを削除するのが間に合わず、拡散してしまった時は、その後を追うように他のよく似た偽物の映像がいくつも出回ります。彼らはそうやって大衆に偽情報を与えます・・・本物のビデオとの類似性を示すことで。

    そしてこれが人々の関心を振り捨てるんです。なぜならみんなこう思うんです。「あー、この5つはすでに偽物だと証明されているよ。だからこれも偽物に違いないよ。とても似ているもの。」

    George: でもその1つが本物かもしれないんですね。

    Emery: 本物が出ることもあるんです。世界中でそれはたくさん起きています。たいていはよその国で。というのも、アメリカでアップロードするよりも、彼らに気づかれて削除されるまでの時間的猶予があるからです。

    George: 偽情報を流すことにテクノロジーはどのように利用されていますか?というのも、今では信じられないような事ができるでしょう。映像加工や・・・

    Emery: ええ。

    George: ・・・音声加工や、CGを使って。情報をねじ曲げるために様々なことができます。

    Emery: まさに。映像があったとして、どうして信用できます?・・・私が友人と一緒に写真を撮って、その友人をあなたに見えるように加工することができるというのに。

    それかビデオを撮って、私とあなたがどこかで一緒に夕食をとっていたように加工することも。

    George: ええ。

    Emery: ・・・そして何か秘密の話でもしているように、しゃべらせることもね。

    George: その言葉を言っているように口を動かすことすらできると。

    Emery: その通り。だから負の連鎖的に何も信用できなくなってきてしまっていますね。本当に難しい状況です。

    一番良いのは人々を巻き込んで、証人になってもらうことです。そうすれば世間に向けてこう言えます。「はい、これが起きたことですよ。ビデオに撮ってあります。それに私と一緒にこれだけの人々も目撃していますよ。」

    例えば、私のCE-5 (第5種接近遭遇)の時に一度、光の生命体が現れたことがありました。とても小さな生命体です。私が撮ったその写真は民間では世界中で最も有名な写真の一つです。

     

    ーーーーーーーーーーー以上ーーーーー

      

     

     本物は偽物に見え、偽物は本物に見え

     

    しかし、一部は

    本物は本物に思え、偽物は偽物に見える

     

    嗚呼、どうしたらいいか・・・わかんな~~~い♪

     

     

     そいういときは

     

    紹介したでしょ。

     

    ゼロポイント・フィールドに繋がる裏技、大公開中!!

     

     

     でも、、

     

    でも?

     

    それって本当のことなの?

     

     

    あのね・・・・

     

    やってみなきゃわかんないでしょ!!

     

     

    でも、

     

    でも?

     

    信じなくちゃだめでしょ?

     

     

    ナニも無いうちからアンタ、こころの底から信じることができるの?
    それこそ、しんじられな~~い♪

     

     

    あ、

     

    まだここに居たのか・・・