Quantcast
Channel: わたしんちの医学革命と雑多な情報
People Here Also Viewed:

「ウイルスが感染しない」という論が再浮上中? 驚愕学!ウイルス論

0
0

これは今世界の先端の医学者の記事からだと思われます。

感染症の正体はこれだと思います(肉体的にですが)

 

マイクロソフトエイジの自動翻訳をはり付けました。

インターネットを見る方法(Microsoft Edgeの使い方) - FMV ... https://azby.fmworld.net/support/fjadviser/internet/edge_001.html   自動翻訳も音声読み上げも設定できます。      こちらで音声読み上げソフト読み上げます いきなり音声が出ますのでご注意

ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

 

ウイルス学の欺瞞|コロナウイルスが伝染しない理由 (thebernician.net)

 

ウイルス学とワクチンの欺瞞|コロナウイルスが伝染しない理由
ウイルス学とワクチンの欺瞞|コロナウイルスが伝染しない理由

電子メールでウイルスとウイルス学の本質に関するこの本質的な匿名の投稿を受け取った私は、それが無防備を正当化するために使用されている不正な主張をマストに釘付けにすることを考えると、このブログに再投稿せざるを得ないと感じました。

それ以来、ジェフGの著書『欺瞞の時代』から取り上げられたことが知らされ、著者の親切な許可を得てここに出版されています。

ウイルス学とワクチンの欺瞞|コロナウイルスが伝染しない理由
この記事は、ウイルス学とワクチン接種そのものの心臓部に行き、ウイルスが病気を引き起こす感染因子であるという、ウイルス学とワクチン科学の全体が述べているものによって、どのようなワクチン接種が支持されているかを示しています。

この理論がなければ、ワクチンは人々の心の中で「効果的」または「働く」ものではない。

ウイルス理論がなければ、ワクチンはカードの家のように崩れ落ちるでしょう。

この記事では、ウイルス学を支える理論とその膨大な問題の背後にある疑似科学を紹介します。

ウイルスは生物ではない
第一に、ウイルスは生物や生きている微生物ではありません。

彼らは呼吸器系を持っていないし、核や消化器系を持っていません。

ウイルスは生きていないし、ウイルスは伝染しない。

例えば、コロナウイルスの背後にある恐怖は全く不当です。

あなたがウイルスや細菌について知っていると思うすべてを忘れてください。あなたは嘘をついています。

ウイルス学の科学はウイルスの研究に基づいています。しかし、ウイルス活性の実際の映像は存在しない(最近リリースされた(2018年)ウイルス理論プロセスの20%を示すHIVウイルスの短い映像を除く)。このような映像は、単なる3Dアニメーションとモデルです。

科学的百科事典は、ウイルスが特別に構築されなければならない非常に強力な遠心分離機によって実験のために得られた状態。

ウイルスは非常に小さいので、典型的なウイルスの平均サイズは約0.1ミクロンです。

ウイルスの観察は本質的に欠陥がある
ウイルスは細胞培養/シャーレ環境で観察されます。

細胞培養は自然環境外の制御された状態で増殖し、細胞は有毒な液体によって人工的に生き続け、細胞活動に損傷を与える。

このような無菌環境では、細胞は人体のように通常のクレンジング方法の全範囲を利用することはできません。

これらのプロセスは次のとおりです。

食道炎(およびその全過程
)細菌
性真菌
寄生
ウイルス(ウイルス)

貪食のプロセスでは、細胞の破片と死んで死んでいる組織が吸収され、体内から排除するために廃棄されます。

まず、まず、スカベンジャーとして、このプロセスを実行するのは細菌です。

特殊な場合には必要に応じて真菌や寄生虫が呼び出され、この過程で少量のウイルスが他のすべてのプロセスに付随して利用される可能性があります。

これらのプロセスはすべて生きていますが、ウイルスは生きていない。

細胞が生き続けるが血清によって健康でない人工環境では、細胞は退化し、ウイルス管理人は目立つようになる。

ウイルスは、自分で増殖しません。細胞の生命を維持する肥沃なペトリ皿に加えて、追加のウイルスタンパク質構造は現れず。

細胞が添加された場合にのみ、ウイルスタンパク質構造の増殖がある。しかし、これは、ペトリ皿が細胞にとって適切または健康的な環境ではなく、ウイルス廃棄物が発生するためです。

これは、細胞は体内で発生するようなクレンジングプロセスの全範囲にアクセスできないため、このような有毒な環境で自分自身を浄化するためにウイルスを製造しなければならないからです。私は理由を示します —

注:組織が非常に有毒な場合、ウイルスは死んで死ぬまで毒されることなく、それらの組織、廃棄物、細胞の破片を供給し、排除することができないときに死んで死んでいる組織を溶解する必要があります。

ウイルス活動が顕著になるのはいつですか?
前述のように、ウイルスは少量でこれらのプロセスに付随する可能性があります。しかし、ウイルスは、これらの他のすべてのプロセスが主に殺された場合にのみ顕著になります。

環境毒性

汚染 化学物質 の
悪質
悪い
水質
貧しい食品
の質 栄養不足
の栄養不足 間違った組み合わせまたは食品の選択 抗生物質や薬などの治療

体に高い毒性がある場合、その有毒な死物や組織に餌を与える細菌は死ぬまで毒殺されます。

体が全身毒性のそのようなポイントにある場合, 細菌レベルと体のすべての生きている微生物が減少または上記の理由のために殺されている場合, 体は自分自身を浄化するためにウイルスの助けを求めます.

体が風邪(通常は細菌)のような穏やかな方法を利用できない場合、それはウイルスとして知られている非生きているタンパク質溶媒の助けを利用します。私はこれが唯一の論理的な答えである理由を示します。

ウイルスは、粘膜を介して、皮膚を通して、または腸管を介して排出することができる小さな粒子に物質を消費し、排除するのに役立ちます。

細胞は、組織が非常に有毒な場合にウイルスを産生し、食細胞、寄生虫、細菌、真菌は組織や体液を浄化、修復、再生するのに役立ちます。

科学は、ウイルスが体外に発生し、細胞のRNAまたはDNAを「ハイジャック」し、細胞を無差別に攻撃しながら複製することを、証拠なしに誤って述べています。

これが本当なら、ウイルスは無限に複製され、最終的にすべての健康な細胞を攻撃しますが、そうではありません。

私たちは、白血球の一種である抗体がウイルスを調節することを知っています。

3D レンダリングや理論に基づくアニメーションを除き、ウイルスハイジャックセルのビデオ証拠は存在しません。

ウイルスの真の創造(単純な見解)
科学はウイルスが自分自身を複製すると偽って主張しています。実際には、ウイルスを産生しているのは細胞そのものです。

ウイルスは、健康な細胞によって製造されるが、それを破壊しないことに注意してください。

RNAおよび/またはDNAは、体内の特定の物質を溶解するために宿主細胞によって与えられる。これが当てはまらない場合、ウイルスはそれを作成した細胞を破壊するだろうが、そうではない。

ウイルスは排出され、細胞の一部に損傷を与えるが、完全に破壊されるわけではない。セルは時間内に自分自身を修復することができます。

細胞は、新しい細胞活動が繁栄できるように、自分自身とその周囲を浄化するために1つのユニットとして共謀します。

体が生きている微生物を毒する組織の全身毒性のために自分自身を浄化するために穏やかな生きている微生物の解毒方法を使用することができない場合、大量のウイルス活性が存在する。

ウイルスの作成手順
細胞によってどのような種類のタンパク質が生まれるかを決定する、すべての細胞に存在する生体のゲノムのウイルスタンパク質の一部が作用に呼び出される。
細胞内に存在するウイルスタンパク質は、細胞の核に入る。ウイルスは細胞内の全形で製造され、RNA/DNAホスト指令を介して配列/コード化されます。
ウイルスは核を離れ、細胞を離れるまで細胞に収容される。
ウイルスは細胞によって排出され、細胞の一部に損傷を与えるが、それを破壊しない。
ウイルスは 72 時間ごとに変化します。
ウイルス複製は継続し、72時間ごとに最初の株が使い果たされ、全く新しいウイルスのセットが細胞によって製造され、プロセスが完了するまで前の仕事を続けます。

ウイルスの製造方法|ウイルスの真のプロセス
ウイルスは健康な安定した細胞に感染しません。彼らは死んで腐敗した細胞と組織を溶解し、新しい細胞活動が繁栄できるように溶解する。

良いたとえ:

ハエは死んだ物質に現れますが、死んだ問題の原因ではありません。彼らは死んだ問題を打破するスカベンジャーです。このようにして、ウイルスと細菌は体内で同じ方法で動作します。廃棄物を浄化するために地球上のスカベンジャーがなければ、地球の空気は有毒になります。同じプロセスは、顕微鏡マクロレベルで体内で行われます。

科学は、私たち自身の自然の観察を通じて現実が私たちに指示するものの反対を述べています。私たちの体は、自然が私たちの体の外で動作する方法のためのミクロコズムであるため、これは不可能です。これの反対を仮定すると、私たちの観察可能な性質に反し、愚かです。

述べたように、体の正常な管理機能が全身毒性のために大部分減少し、殺されたとき、細胞はもはや自分自身を維持することはできません。赤血球は、自分自身を救うためにユニット全体として一緒に来て、死んで死んでいる細胞、細胞廃棄物、組織、および外国の破片を分解し、分解する溶媒タンパク質構造(ウイルス)を製造することによって自分自身を浄化するために共謀します。

細胞は細胞全体の形でウイルスを製造します。.このプロセスでは、ウイルスは細胞内およびゲノム内の既存のウイルスタンパク質を使用して細胞内で直接製造され、宿主細胞によってRNAおよび/またはDNAに埋め込まれる/コード化される。

細胞はウイルスを排出し、そのコード(抗体)を介して白血球によって調節され、ウイルスのプロセスを監督する。これにより、ウイルス活性を適切に制御し、制御することができます。

これら 2 つの機能は 1 つのプロセスとして結合され、個別に動作しません。細胞がこのウイルスを排出すると、細胞は部分的に損傷を受けますが、破壊されません。多くのウイルスは、死んで、死んで外来組織、破片、不健康な細胞、および細胞廃棄物を消費し、溶解する。

このプロセスは、関連する毒性に応じて時間がかかります。その除去の効果は、風邪やインフルエンザで経験する症状です。ウイルスは、粘液、皮膚、および腸を介して排出することができる小さな粒子にこれらの物質を分解します。

プロセスが完了すると、その人がさらに自分の体を毒し続けなければ、体はより強くなります。もし彼または彼女がそうするならば、そのような極端な解毒は常に起こります。

ウイルスの事実
ウイルスは皮膚や眼を通して侵入することはできません。粘液膜や免疫系はウイルスなどの少量の外来タンパク質を捨てるので、このようなベクターは機能しません。

私たちは内向きではなく外向きに出血するので、ウイルスは傷を通って入ることができません。

ウイルスは、シャーレ溶液や生体外に「存在する」わけではありません。

ウイルスは、それらを製造し、それらをコードする宿主細胞なしでは機能できず、ウイルスは宿主細胞なしでは複製できません。

ウイルスは細胞に「感染」したり「侵入」したりしません。彼らはそもそもそうするために生きていない。

ウイルスは、金属毒性が存在するポリオや変性神経系疾患などの特定の状況でない限り、生体組織をほとんど溶解しない。

ウイルスの主な機能は、死んだ物質を溶解することです。

細胞は、関係する組織の状態に応じて異なるウイルス株を産生する。

人体に固有のウイルス株は320,000個あり、各細胞にはウイルスタンパク質メイクアップが含まれているため、体がそれを求めるときに各株を製造します。

ウイルスはRNA/DNAを介して血液細胞によって配列/コードされ、特定の死死組織および死んでいる組織および廃棄物を分解する。

ウイルスは非常に特異的なタンパク質構造である。

咳、くしゃみ、吐き出しはウイルスの伝染のベクトルではない。唾液および粘液膜は、そのような粒子を分解する。

ウイルスは死んだ皮膚層を横切ることができないので、皮膚はベクターでもありません。

ウイルスは、環境によって引き起こされる内部毒性の結果である。

ウイルスは動物の循環的である。

ウイルスは血液や組織の中の廃棄物を供給します。

自然な手段の外でウイルスを得る唯一の方法は、直接注射(ワクチン)またはウイルスを持っている患者の輸血を介してである。しかし、そのような場合、体はそれを排除しなければならない異物組織として分析するだけです。

ウイルスは身体の宿主内で発生しなかったので、その体はウイルスが活動する時間と場所を知らず、それを解読する鍵(細胞によってコード化されたRNAまたはDNA)を持っておらず、その活動の時間を見つけることができません。

そのため、排除しなければならない異物として分析されます。タンパク質溶媒(ウイルス)は、生きている微生物がそれを排除できない場合、この廃棄物を廃棄するために様々な強度で製造されています。

年間を通じて、季節と気候/温度の変化に際して、体は除去のために大量の毒素を血液中に投棄します。これらの毒素の中には、水銀、ホルムアルデヒド、その他の化学的副産物などの本質的に非常に有毒なものがあり、生きている微生物は死なずにそれらを供給して排除することはできません。

非生きているタンパク質は、このクレンジングが必要な身体の対応する場所で各細胞によって製造されます。これらの有毒物質は分解され、体がそれらを排除できるようにウイルスによって分解され、分解され、恒常性を回復させる。

ウイルスを生物兵器として使用する唯一の方法は、注射、期間を介してです。このような人工ウイルス株が通常の既存のワクチンに含まれる可能性があり、これは可能性として排除されるべきではありませんが、前述のように、身体外からのウイルス株は認識されません。

しかし、注入された人工物質は、組織殺菌およびアジュバントの様々なレベルを介してヒトの極端な反応を引き起こすように設計することができる。

ウイルスは、種を越えることはできません。動物から人類へ。人間が動物のインフルエンザを発症することは不可能です。なぜなら、ウイルスは伝染性ではないからです。なぜなら、動物RNA/DNAはヒトRNA/DNAと互換性がないからです。

動物組織が血液中で観察できる唯一の方法は、消化管をバイパスして血液に向かう動物組織の注入です。そうして初めて、豚組織、鳥の組織、またはそのような動物組織が体内に現れます。

動物の肉は、人間によって消費されるとき、それは人間の組織に変換されます。ヒト細胞は動物細胞やウイルスを産生できない。私たちがウイルスを開発するならば、それらは人間のウイルスです。動物ウイルスがヒト細胞を「ハイジャック」したとしても、ヒト細胞は動物ウイルスを産生できない可能性がある

コロナウイルスは、全身毒性を浄化するために肺および呼吸器領域の細胞によって製造された呼吸器ウイルスである。

このようなコールド ウイルスが発生し、次のように機能します。

空気中の化学的に有毒な物質が肺や呼吸器系に吸い込まれ>毒性粒子は肺の表面に着陸し、肺(肺胞)の体液で満たされた嚢は、毒性と性質のために生きている微生物によって取り除かれたり溶解したりすることができない>特定の非生きたタンパク質溶媒構造(ウイルス)は、呼吸器系の細胞によって分解し分解し、> 肺を破壊する軽度のインフルエンザ様症状は、通常、咳や発熱を含む結果として、クレンジングと治癒プロセスを開始します。

咳は呼吸器系に血液と栄養素をもたらします。その除去に関連する症状はSARSの間に起こるものです。このような空気中の有毒物質は、プラスチック、ホルムアルデヒド、工場汚染空気を燃やすことによって引き起こされ、これは非常に有毒な副産物の広い配列を包含する。

すでに免疫系が弱まっている高齢者は、より高度な呼吸器ウイルスの解毒を起こしやすく、ほとんどの死亡を占める。この病気は、中国のような人口が日常的にそのような空気中で呼吸しているため、何百万人もの人々に発生する可能性があります。これは伝染性という意味ではなく、伝染性ではありません。

コロナウイルス作成のための4つの主要なステップ
1. 空気中の化学的に有毒な物質が肺や呼吸器系に吸い込まれる。

2. 有毒粒子は肺の表面に着陸し、肺(肺胞)の液体で満たされた嚢に着陸し、毒性と性質のために生きている微生物によって取り外されたり溶解したりすることができない。

3. 特定の非生きたタンパク質の溶媒構造(ウイルス)は、肺の中でこれらの物質を分解し、分解するために、呼吸器系の細胞によって製造されます。

4. 軽度のインフルエンザ様症状は、通常、咳や発熱を含む結果、クレンジングと治癒プロセスを開始します。

ウイルスが体内で起こる理由
前述のように、すべての生きた微生物である貪食、真菌、寄生虫、細菌のプロセスは、死んだ細胞、細胞廃棄物、および外来の破片を消費し、排除する責任があります。しかし、生きている微生物が毒を持たずにそれらの物質を養い、排除することができないほど有毒な場合、細胞はウイルスとして知られている特定の非生きた溶媒を製造することによって自分自身を浄化しようと共謀し、それらの物質を分解して粒子に分解して皮膚、粘液、腸を通して排出されます。

ウイルスは細胞を離れ、細胞の一部だけを損傷するが、それを破壊しない。細胞から出ると、白血球抗体によって調節され、相対的な恒常性を回復するために必要な特定の組織および破片を溶解する。

ウイルスは複製される細胞を破壊しないが、科学は他の細胞に感染し、証拠がなく論理的な意味を持たない他の細胞を無差別に破壊すると述べている。ウイルスは原因なしですべての生きている細胞を攻撃し、毎回体を殺すので、そのような理論は明らかに真実ではありませんが、これは起こりません。ウイルスは、ほとんどすべての状況で死んで死んでいる廃棄物を溶解するだけです。

ウイルスが生体組織を攻撃するように見える唯一の時間は、ウイルスが脊柱領域に入り込み、組織を浄化しなければならないポリオ症例などの組織に金属が埋め込まれる場合です。金属は体から取り除きにくいため、ウイルスが生きている組織を分解してそれらの金属を取り除くのは自然であり、ウイルスが何らかの形で身体に対して働いているような錯覚を与えます。実際には、ウイルスは体の全身毒性を癒し、それを逆転させようとしています。

結論
人体が自分自身を維持する方法についての他の説明はありません。それは唯一の論理的な答えです。真実は200年近く科学によって隠されてきたが、1800年代にアントワンヌ・ベシャンのような科学者によって明らかにされ、ウイルスは地形に依存し、廃棄物を分解する非生きているエージェントであり、彼らは内部から来ている。

ウイルスは浄化するタンパク質に過ぎません。癌についても同じことが言えます。癌は、体が適切に除去することができない腫瘍の死んだ細胞を後で溶解し、浄化することによって、身体が自分自身を癒そうとするもう一つの方法です。身体は奇跡的で、どんな状況でも癒す方法を見つけます。それはトラブルの時に短絡および短い切る経路の方法を有する。

現代科学が自分の体に関して彼らの考え方を非常に迷い込ませたことは悲しいことですが、その結果、権力者のために巨額のお金を稼ぎながら、恐怖とパニックを生み出すだけです。そのような恐怖は、私たち自身の体、隣人、自然そのものに不信感を抱き、病気に直面しても無力であるかのように見えます。それは私たちの手に負えないものであり、医療施設だけが私たちを自分自身から救うことができるということです。

権力者はこのような混乱からどのように恩恵を受けるでしょうか。その考えを探る。この混乱は、コロナウイルスの「アウトブレーク」と、この製造を取り巻く恐怖と混乱につながっています。

このウイルスは明らかに世界中の警察の州スタイルの法律や措置を制定するために使用されており、これらは大多数がウイルスや病気の性質を取り巻く嘘に目を覚まさない場合にのみ増加します。

参照
毒針:予防接種に関する抑圧された事実、1956年、エレノア・マクビーンM.D.N.D.(予防接種の多くの危険性、歴史を通じて操作された統計、ポリオがどのように起こったか、ウイルスと病気の性質を示しています)。
ベシャンかパスツールか?E.ダグラス・ヒュームによる生物学史の失われた章、1923
アントワーヌ・ベシャンによる血液とその第三の要素、1912
年の予防接種:神話の背後にある現実、ワリーン・ジェームズ、1942年(ベシャンの細菌とウイルスの「地形理論」について議論します)。
ルイ・パスツールの夢と嘘、R.B.ピアソン、1942年(1942年に「パスツール盗作者偽装者!」-胚芽理論が爆発した)というタイトルで最初に出版されました。ルイ・パスツールがアントワン・ベシャン教授の作品を盗用し、歪めたことを示しています。著者は、体内の細菌は病気の原因ではなく結果であり、予防接種は有害またはせいぜい効果がなく、パスツールは彼と彼の信者が作成したワクチンの結果を認識していなかったという視点を示しています。

 

 

ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

 

 岡田茂吉医学論、千島学説、森下理論、ホメオパシー等々。。

同じ事を言っていると思いますが、

これは今世界の先端の医学者の記事からだと思われます。

感染症の正体とは?

 果たして真実派・・・

 

しかし、どう見てもどこから見ても「人から人へ感染している」と思うほど、実際に外からの感染だ・・・これも一面の真実です。

そのヒントとして

この記事

感染症(伝染病)の正体は量子論で解明 なぜ伝染に見えるのか?

 すべてのものが振動している という量子論で言えば

振動するもの同士は、共振作用が起こる。 ←これが感染に見えるのでは?

 

さて、真実は?

 

 


「ウイルスは感染しない」ウイルス病源論を解明すると

0
0
先に紹介した記事は自動翻訳なので分かりにくい   こちらはシッカリ分かるような翻訳ですのでこちらに切り替えてください。 後で読み上げも変更します。    こちら↓   そのまま転載 ーーーーーーーーーー以下転載ーーーーーー   2020年05月13日 XML

コロナウイルスが感染しない理由 (11)  

​エキソソーム論と類似していて、わかりやすい、

でも​チョッと長いので、サマリーあたりを読むといいかも、​

​https://twitter.com/HenryMakow/status/1260262121918607360​ ​The Deception of Virology & Vaccines | Why Coronavirus Is Not Contagious 25th March 2020 by The Bernician ​
​https://www.thebernician.net/the-deception-of-virology-vaccines-why-coronavirus-is-not-contagious-2/​
ウイルス学とワクチンの欺瞞|コロナウイルスが感染しない理由​ ​​
ウイルスとウイルス学の本質についてのこの本質的な匿名の投稿をメールで受け取ったので、このブログに再投稿せざるを得ないと感じています。 ​​
この投稿では、ウイルス学とワクチン接種そのものと、何に支えられてワクチン接種が行われているのか、その核心に迫りたいと思います。
​​
この記事では、ウイルス学を支持する理論の背後にある疑似科学と、それにまつわる膨大な問題点を紹介します。
​​
ウイルスは生物ではない
​​
第一に、ウイルスは生物でもなく、生きている微生物でもありません。
呼吸器系を持たず、核や消化器系も持っていません。
​​
ウイルスは生きているわけではないし、ウイルスが感染するわけでもない。
​​
コロナウイルスの背後にある恐怖情報は、全く根拠のないものです。
​​
ウイルスや細菌について知っていると思っていることはすべて忘れてください。あなたは騙されているのです。
​​
ウイルス学は、ウイルスの研究に基づいています。
​​
しかし、ウイルスの活動の実際の映像は存在しません。そのような映像は、3Dアニメーションやモデル(の創作)にすぎません。
​​
Scientific Encyclopediaは、ウイルスは、特別に作られなければならない非常に強力な遠心分離機によって実験のために得られたと述べています。
​​
ウイルスは非常に小さく、典型的なウイルスの平均サイズは約0.1ミクロンです。
​​
ウイルスの観察は本質的に欠陥がある
​​
ウイルスは、細胞培養/ペトリ皿の環境で観察される。(*これは実は現実的でない、)
​​
細胞培養物は、自然環境の外で管理された条件で培養されており、そこでは、有毒な液体によって細胞が人工的に生かされ、細胞の活動にダメージを与えています。
​​
このような無菌環境では、細胞は人体のように通常の浄化方法をフルに活用することができません。(*要はウイルスの挙動説明に無理があると、)
​​
それらのプロセスは以下の通りです。
​​
+ファゴサイトーシス/食作用(およびそのすべてのプロセス)
+細菌
+真菌類
+寄生虫
+ウイルス
​​
ファゴサイトーシス(食作用)の過程では、細胞の残骸や死滅した組織が吸収されて廃棄され、体外に排泄されます。
​​
このプロセスの大部分をスカベンジャー(ゴミあさり、清掃動物)として行動するのは、第一に細菌です。
​​
真菌や寄生虫は特別な場合に必要に応じて呼び出され、このプロセスでは、少量のウイルスが他のすべてのプロセスに付随して利用されることがあります。
​​
これらのプロセスはすべて生きていますが、ウイルスは生きていません。
​​
このように、細胞は生きているが血清によって健康ではないという人工的な環境では、細胞は退化し、そのウイルスのジャニター(管理者)が目立つようになる。
​​​​
ウイルスは自力では増殖しない。細胞の生命を維持する肥沃なシャーレに加えられても、追加的なウイルスのタンパク質構造は現れない。
​​
細胞が添加されたときにのみ、ウイルスタンパク質構造体の増殖が起こる。
しかし、これは、シャーレが細胞にとって適切でない環境のため、ウイルスの老廃物が発生するからである。
​​
これは、細胞が体内で起こるような浄化プロセスの完全な範囲にアクセスできないため、細胞がそのような有毒な環境で自分自身を浄化するためにウイルスを製造しなければならないからです。
​​
その理由を次に示しましょう。
​​
注):組織が非常に有毒であるため、生きている微生物がそれらの組織、老廃物、細胞の残骸を食べて除去することができない場合、ウイルスは死にかけている組織を溶解するために必要不可欠である。
​​
ウイルス活動はいつ顕著になるか?
​​
ウイルスが目立つようになるのは、すべてのプロセスが以下の原因で死滅したときです。
​​
+環境毒性
+汚染
+化学物質の浸透
+空気の質が悪い
+水質不良
+食材の質が悪い
+栄養不足
+食材の組み合わせや選び方を間違える
+抗生物質や薬などの医療行為
​​
体が高度の毒性を持っているとき、その有毒な死物質と組織を餌にしている細菌は、死に至るまで毒されます。
​​
細菌レベルと体内のすべての生きている微生物が上記の理由で減少しているか、または殺されている全身の毒性のようなポイントに体があるとき、体は自分自身を浄化するのを助けるためにウイルスの助けを求めることになります。
​​
体が風邪(通常は細菌性)のような穏やかな方法を利用できない場合、それはウイルスとして知られている生きていないタンパク質溶媒の助けを利用します。
​​
これが唯一の論理的な答えである理由を示します。
​​
ウイルスは、物質を消費して小さな粒子にして排除するのを助け、それが粘膜を通って、皮膚を通って、または腸管を通って排出されることができます。
​​
細胞は、食細胞、寄生虫、細菌、真菌が組織や体液を浄化し、修復し、再生するのを助けることができないほど組織が毒性を帯びているときに、ウイルスを生成します。
​​
巷の科学は、ウイルスは体外で発生し、細胞のRNAやDNAを「ハイジャック」し、細胞を無差別に攻撃しながら複製すると、根拠もなく誤って述べています。
​​
もしこれが本当なら、ウイルスは無限に複製し、最終的にはすべての健康な細胞を攻撃するだろうが、そうではない。
​​
白血球の一種である抗体がウイルスを制御していることがわかっています。
​​
ウイルスが細胞を乗っ取っているという証拠(3Dレンダリングや、理論に基づいたアニメーションビデオ)は創作であり、存在しません。
​​​​
ウイルスの真の創造(シンプルな見解)
​​
巷の科学は、ウイルスは自己複製すると偽って主張しています。
実際には、ウイルスを生産しているのは細胞そのものなのです。
​​
ウイルスは健康な細胞によって製造されるが、それを破壊しないことに注目してください。
​​
RNAまたはDNAは、体内の特定の物質を溶かすために宿主細胞から与えられています。もしそうでなければ、ウイルスはそれを作った細胞を破壊しますが、そうではありません。
​​
ウイルスは排出され、細胞の一部にダメージを与えますが、完全には破壊されません。その後、細胞は時間内に自己修復することができます。(*ここはエキソソームと一緒、)
​​
細胞は、新しい細胞活動が盛んになるように、自分自身とその周囲を浄化するために、一つのユニットとして働いているのです。
​​
大量のウイルス活動は、(生きている微生物を毒する組織の全身毒性のために、体が自分自身を浄化するために、)より穏やかな生きている微生物の解毒方法を使用することができないときに存在しています。
​​
ウイルス作成のステップ
​​
1)ウイルス性タンパク質は、細胞によって作成されるタンパク質の種類を決定するすべての細胞に存在する生体のゲノムの一部がアクションに呼び出されます。 ​​
2)細胞内に存在するウイルス性タンパク質は、細胞の核に入る。ウイルスは細胞内でその全体の形で製造され、RNA/DNA宿主指令を介して配列決定/エンコードされる。
​​
3)ウイルスは核を離れ、細胞を離れるまで細胞内に収容される。
​​
4)ウイルスは細胞から排出され、細胞の一部を損傷しますが、破壊はしません。
​​
5)ウイルスは72時間ごとに変化する
​​
ウイルスの複製は継続され、72時間ごとに最初の株が枯渇し、プロセスが完了するまで、前の株の仕事を続けるために、全く新しいウイルスのセットが細胞によって製造されます。
​​
ウイルスはどのように製造されるのか|ウイルスの本当のプロセス
​​
ウイルスは健康な安定した細胞には感染しません。彼らは死んで腐った細胞や組織を溶かし、新しい細胞活動が繁栄するようにそれらを溶かします。
​​
わかりやすい例えで、
​​
ハエは死物質の上に現れますが、死物質の原因ではありません。
ハエは死骸を分解するスカベンジャー(ゴミあさり、清掃生物)なのです。
このように、ウイルスやバクテリアも体内では全く同じように活動しています。
​​
地球上の老廃物を浄化するスカベンジャーがいなければ、地球の空気は有毒になってしまいます。体内では、ミクロのマクロレベルでも同じことが行われているのです。
​​
巷の科学は、私たちが自然を観察して、現実とは正反対のことを言っています。私たちの体は、自然が私たちの体の外でどのように動いているかの縮図なのですから、それは不可能なのです。
​​
これとは逆のことを仮定するのは、私たちの観察可能な自然に反しており、愚かなことです。
​​
全身の毒物によって、体の正常な管理機能が大きく低下し、死んでしまうと、細胞はもはや自分自身を維持することができなくなってしまいます。
​​
赤血球は、自分自身を救うために全体のユニットとして集まり、死んで死にかけている細胞、細胞の老廃物、組織、異物の破片を分解して分解する溶媒タンパク質構築物(ウイルス)を製造することによって、自分自身を浄化するために共謀している。
​​
細胞は、その全体の形でウイルスを細胞内で製造する。
このプロセスにおいて、ウイルスは、細胞およびゲノム中に予め存在するウイルスタンパク質を用いて細胞内で直接製造され、宿主細胞によってRNAまたはDNAで埋め込まれ/コードされる。
​​
細胞はウイルスを排出し、そのエンコード(抗体)を介して白血球によって調節され、ウイルスのプロセスを監督する。
これにより、ウイルスの活性を適切に制御し、調節することができる。
​​
この二つの機能は一つのプロセスとして一体化しており、別々に作用することはありません。
細胞がこのウイルスを排出すると、細胞は部分的に損傷を受けますが、破壊されることはありません。
数あるウイルスは、不健康な細胞、細胞の老廃物を消費して溶解させます。
​​
このプロセスは、関与する毒性に応じて時間がかかります。
それらの除去の効果は、風邪やインフルエンザで経験する症状です。
ウイルスはこれらの物質を小さな粒子に分解し、粘液、皮膚、腸を介して排出することができます。
​​
このプロセスが完了すると、(その人がさらに体を毒素化し続けない限り、)体は強くなります。そのような強力な解毒は常に必ず起こるのです。
​​
ウイルスの事実
​​
+ウイルスは皮膚や目からは侵入できません。そのようなベクター(媒介)は、粘液膜と免疫系がウイルスなどの少量の異物タンパク質を廃棄するため、機能しません。
​​
+私たちは内側ではなく外側に出血しているので、傷口からウイルスが侵入することはありません。
​​
+ウイルスはシャーレの溶液や生体の外には「存在」しません。
​​
+ウイルスは、それを製造し、コード化する宿主細胞がなければ機能しないし、ウイルスは宿主細胞がなければ複製できない。
​​
+ウイルスは細胞に「感染」したり「侵入」したりしません。そもそもウイルスはそのために生きているわけではありません。
​​
+ポリオや変性神経系疾患のように金属毒性がある特定の状況でない限り、ウイルスが生きている組織を溶かすことはほとんどありません。
​​
+ウイルスの主な機能は、死骸を溶かすことです。
​​
+細胞は、関与する組織の状態に応じて異なるウイルス株を生産します。
​​
+人体には32万種類のウイルス株が存在し、各細胞には、体が必要とするときに各株を製造するためのウイルスタンパク質が含まれています。
​​
+ウイルスは、特定の死滅・死滅した組織や老廃物を分解するために、RNA/DNAを介して血球によって配列決定/コード化されています。
​​
+ウイルスは非常に特殊なタンパク質構造をしています。
​​
+咳、くしゃみ、唾を吐くことは、ウイルスの感染のベクター(媒介)ではありません。唾液や粘液膜はそのような粒子を分解します。
​​
+皮膚もまた、ウイルスは死んだ皮膚の層を通過できないので、ベクター(媒介)にはなりません。
​​
+ウイルスは環境によって引き起こされる内部毒性の結果です。
​​
+ウイルスは動物の中では周期的(に繰り返される)なものです。
​​
+ウイルスは血液や組織内の老廃物を餌にします。
​​
自然の手段以外でウイルスを手に入れる方法は、ウイルスを持っている患者の直接注射(ワクチン)や輸血しかありません。
​​
しかし、このような場合、体はそれを排除しなければならない異物の組織とみなします。
​​
ウイルスは体内で発生したものではないので、体はウイルスが活動する時間や場所を知らないし、ウイルスを解読する鍵(細胞がコード化したRNAやDNA)も持っていないので、活動する時間を知ることができません。
​​
そのため、排除すべき異物として捉えられます。
​​
生きている微生物が除去できない場合、この廃棄物を廃棄するために、様々な強さのタンパク質溶媒(ウイルス)が製造されています。
​​
一年を通して、季節や気候・温度の変化に応じて、体は大量の毒素を血液中に放出して除去します。
​​
これらの毒素の中には、水銀、ホルムアルデヒド、その他の化学的副産物など、自然界では非常に有毒なものもあり、生きている微生物がそれらを食べて死ぬことで排除されます。
​​
そして、この浄化が必要とされる体内の対応する場所で、非生物のタンパク質が各細胞によって製造されます。(*おそらくこれがエキソソーム、)
​​
これらの有害物質は、ウイルスによって分解され、体がそれらを除去して恒常性を回復させることができるようになります。
​​
ウイルスが生物兵器として使用できる唯一の方法は、注射です。
​​
このような人工的なウイルス株が通常の既存のワクチンに含まれている可能性もあり、その可能性は否定できませんが、前述のように体外からのウイルス株は認められていません。
​​
しかし、注射される人工物は、様々なレベルの組織殺菌やアジュバント(Helper)を介して、ヒトに極端な反応を誘発するように設計されている可能性があります。
​​
ウイルスは、動物から人間へと種を超えて感染することはできません。
人間が動物性フラッシュAを発症することは不可能です。なぜならば、ウイルスは伝染性(感染性)ではないからです。
​​
動物組織を血中で観察する唯一の方法は、動物組織を注射することであり、動物組織は消化管を迂回して血中へと移行する。豚の組織、鳥の組織、またはそのような動物の組織が体内に現れるのはそのような時だけです。
​​
動物の肉を人間が食べると、人間の組織に変化します。人間の細胞では動物の細胞やウイルスを作ることはできません。
​​
もしウイルスを開発するとしたら、それは人間のウイルスです。
動物性ウイルスが人間の細胞を「乗っ取った」としても、人間の細胞は動物性ウイルスを作り出すことはできない。
​​
コロナウイルスは、肺や呼吸器領域の細胞が全身の毒性を自浄するために製造された呼吸器ウイルスです。
​​
そのような風邪ウイルスが発生し、次のような働きをします。
​​
>空気中の化学的に有毒な物質が肺や呼吸器系に吸い込まれる。
>毒性のある粒子が、その毒性と性質上、生きている微生物によって分解・溶解することができない肺の表面や肺(肺胞)内の液体で満たされた嚢の上に着地する。
>特定の生きていないタンパク質の溶媒構造(ウイルス)が、呼吸器系の細胞によって製造され、肺内のこれらの物質を分解・分解する。
>軽度のインフルエンザ様の症状が通常は生じる。
>咳や発熱を含む、浄化と治癒のプロセスを開始します。
​​
咳は呼吸器系に血液と栄養素をもたらします。
​​
それらの除去に関連する症状は、SARSの間に発生するものです。
​​
このような空気中の有害物質は、燃焼プラスチック、ホルムアルデヒド、工場で汚染された空気によって引き起こされます。
​​
すでに免疫システムが弱っている高齢者は、より高度な呼吸器ウイルスの解毒を受けやすく、ほとんどの死亡者を占めることになります。
​​
この病気は、中国のような高密度の人口が日常的にそのような空気を吸い込んでいるために、何百万人もの人が発症する可能性があります。これは、それが伝染性であることを意味するものではありません。
​​
コロナウイルス作成のための4つの主要なステップ
​​
1. 空気中の化学的に有害な物質を肺や呼吸器系に吸い込む。
​​
2. 有害粒子は肺の表面や肺の中にある液体で満たされた嚢(肺胞)に着地しますが、その毒性と性質上、生きている微生物には取り除くことができず、溶解することもできません。
​​
3. その後、呼吸器系の細胞によって特定の非生物性タンパク質溶媒構造体(ウイルス)が製造され、肺の中でこれらの物質を分解します。
​​
4. 通常、咳や発熱などの軽いインフルエンザのような症状が現れ、これが浄化と治癒のプロセスを開始します。
​​
なぜウイルスは体内で発生するのか
​​
前述したように、生きている微生物であるファゴサイトーシス(食作用)、真菌、寄生虫、バクテリアのプロセスは、死んだ細胞、細胞の老廃物、異物を消費して排除する役割を担っています。
​​
しかし、組織が非常に有毒であるために、生きている微生物がそれらの物質を食べて除去することができない場合、細胞は、ウイルスとして知られている特定の生きていない溶媒を製造することによって自分自身を浄化しようと目論むようになり、それらの物質を分解して、皮膚、粘液、腸を通って外に排出される粒子にします。
​​
ウイルスは細胞を離れ、細胞の一部だけを損傷しますが、細胞を破壊することはありません。
​​
細胞の外に出ると、白血球の抗体によって調節され、相対的な恒常性を回復するために必要な特定の組織や破片を溶解します。
​​
ウイルスは複製された細胞を破壊しませんが、巷の科学は、それらが他の細胞に感染し、他の細胞を無差別に破壊すると述べていますが、これには何の証拠もなく、論理的な意味もありません。
​​
そのような理論は明らかに真実ではありません。
​​
なぜなら、ウイルスは原因もなくすべての生きている細胞を攻撃し、毎回体を殺してしまうことになるからです。
​​
ウイルスは、ほとんどすべての状況で、死んだ老廃物を分解するだけです。
​​
ウイルスが生きている組織を攻撃するように見えるのは、ポリオのように金属が組織に埋め込まれている場合だけで、ウイルスが脊柱部に侵入して組織を浄化しなければなりません。
​​
金属は体内から除去するのが難しいので、ウイルスが生きている組織を分解して金属を除去するのは当然のことで、ウイルスが何らかの形で体に働きかけているかのような錯覚に陥ります。
​​
実際には、ウイルスは全身の毒性を治して回復させようとしているのです。
​​
結論
​​
人間の体がどのようにして自分自身を維持しているかについて、上の説明以外はありません。
​​
それが唯一の論理的な答えなのです。
​​
この真実は200年近く科学によって隠されてきましたが、1800年代にはアントワーヌ・ベシャンのような科学者によって明らかにされていました。
​​
ウイルスは、体を浄化するたんぱく質に過ぎません。
​​
癌についても同じことが言えます。
​​
癌は、体が自分自身を治そうとするもう一つの方法で、体が適切に除去することができない腫瘍の中に死んだ細胞を閉じ込めることによって、後で体からそれらの細胞を溶かしてきれいにすることができます。
​​
身体は奇跡的で、どんな状況であっても治癒する方法を見つけます。
​​
困った時には経路を短絡させたり、短絡させたりする方法を持っています。
​​
現代の科学が、自分の体とその機能についての考え方を多くの人に誤った方向に導いてしまい、結果として権力者のために多額のお金を刈り取る一方で、恐怖とパニック以外の何物でもないものを作り出してしまったことは悲しいことです。
​​
このような恐怖は、自分の体や隣人、自然そのものに不信感を抱かせ、あたかも病気に直面しても無力であるかのように見せかけている。
​​
権力者は、このような混乱からどのように利益を得るのでしょうか?
​​
そのことを考えてみましょう。
​​
この混乱は、コロナウイルスの「大発生」と、その結果として生じた恐怖と混乱につながっています。
​​
このウイルスは、明らかに、世界中で警察国家風の法律と対策を制定するために使用されており、大多数の人々が、ウイルスと病気の性質を取り巻く嘘に目を覚まさなければ、これらのウイルスは増加するだけです。​
​​ ​​参考)
ウイルスは実はエキソソームです
​​     ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー こちらも同じブログさんから 2020年10月16日   CDCが示す人感染がないという研究事実

 

こちら ↓ はホメオパシー本からの病気内因説

病気外因説の世界で病気内因説を叫ぶ♪ という無駄 2020年06月04日     こちら ↓ もよくまとめてあるようです。 【ウイルスは感染しない】 新型コ口ナ発症の原因は新しい生活様式だと判明ww

 

後で別のリンクも付け足す予定です

 

『簡単版「ウイルス、細菌の自然発生説」』
(2014年11月20日)
https://blog.goo.ne.jp/akyoon/e/9951e36bb7b574a66807d8e23de1dffc より

音声版「ウイルス、細菌の自然発生説」

 

 

 

 

 

   

 

 

 

(1

ダイジェスト版「間違いだらけの医者たち」(葬られた千島学説)忰山起一著

0
0

ダイジェスト版「間違いだらけの医者たち」(葬られた千島学説)忰山起一著

 

再掲

 

ファイザーワクチン内部文書 &内部告発者Ⅰ

0
0
毎日のツィッターがブログの下方に出ていたのが

最近は表示されませんので

ここで紹介します。

(※毎日のツィッター記事はfc2ブログ(Twitterまとめ)

 

 

ツィッターより

 

  ファイザーワクチン内部文書 Pfizer Vaccine Ingredients Townhall Meeting in Barbados 2021/08/18

 

 

プロジェクト・ベリタス COVID-19ワクチン 内部告発者 PART1 Project Veritas HHS Whistleblower 2021/09/20 https://rumble.com/vmtbpj--covid-19-part1-project-veritas-hhs-whistleblower-20210920.html

 

プロジェクト・ベリタス COVID-19ワクチン暴露 PART2 FDA職員 Project Veritas FDA Official 2021/09/22 https://rumble.com/vmxv9n--covid-19-part2-fda-project-veritas-fda-official-20210922.html    

毎日の情報はツィッターで収集しています

0
0

毎日のツィッターで情報を収集しています。

ブログの下に表示されなくなったので

毎日のツィッターのまとめをご覧ください。

どうでもイイ情報と注目の情報が満載♪

 

例えば9月24日の場合

moreをクリックすると前記事が表示されます。

 

RT @systemaTYO: 皆さん、ぜひ御覧ください!
09-24 21:34

RT @systemaTYO: 「家族に反対されて練習に行けない…」とお悩みの全お父さん必見! 今夜18時30分公開です!世界王者纐纈 @TakKouketsu がたった一言で解決!家庭と趣味が両立できない悩みは即解決できる!【極真空手×システマ】 https://t.co/
09-24 21:30

RT @keijimoriiVet: イタリアのTV生放送で医療スタッフが集中治療室にいるすべての感染重症者は、枠珍接種済みであることを告白。これでも検証もせずに、枠珍中止もせずに、強引に接種を続ける理由はもはや無い。 https://t.co/FxtdebiqKu
09-24 21:25

RT @You3_JP: デンマークでは、コロナ規制を全部辞めただけでなく、コロナ検査も辞めていく。9月中に多くのPCR検査場を閉鎖して、10月9日までに全ての迅速検査場を閉鎖する。人々も完全に元の生活にもどっている。 https://t.co/JxjVTPQ3Uw
09-24 21:24

RT @You3_JP: スウェーデンは、イベントでの観客数の上限を廃止。事実上、全てのコロナ規制が撤廃されることになる。ワクチンパスポートは不要「ワクチン接種証明書は、9月29日に制限が解除された時点で、どのイベントでも使用する必要はない」スウェーデンの民衆は、勝利…
09-24 21:23

RT @akahiguma: 『ファイザー社の秘密契約書「ワクチン効果なし、接種による死亡責任なしを明記」が流出』⇒ https://t.co/u2e5Ev64oN #アメブロ @ameba_officialより
09-24 21:08

この五団子兄弟を結んでいるのは串団子の串?串=お金   お金を引っこ抜くとアッというまにバラバラ団子♪ https://t.co/TOm0cKnsVG
09-24 11:53

やはりコロナゲームは神的シナリオだった・・ここまで来るともう、框沈を超えて医療ファシズムという本丸に向かうだろう・・・江戸城炎上 じゃなく医療城炎上!へ向かう駄朗 https://t.co/AjwzLFlbeF
09-24 11:50

大本営発表ニュースのNHK様が「Q」だってw陰謀論で紹介していたあの「Q」なのか?ばんじQっス♪ https://t.co/W8lGScKqXr
09-24 11:47

https://t.co/r6lQrPcLmg
09-24 11:29

偽天皇、終了!!! みずほ陥落&降伏取引で緊急放送もGESARAも妨害できなくなったかも!!! https://t.co/UZNcu3RjbB
09-24 10:43

RT @hiroshitokyo46: 二回接種しても感染する。人にもうつす。それを石垣市長は知らんのか。知らなくても、知ってても、結構な問題だと僕は思う。 https://t.co/m5a3LefXL6
09-24 08:45

ほんと、コロナが終わったら・・・怖い・・・飯の食い上げに https://t.co/DvW0nn617L
09-24 08:44

ウイルスの200~300倍もあるという大穴だそうだが・・・・・・トカトントン♪野球場の金網ネットで蚊を防ぐような・・ https://t.co/xrJqQR8UQ9
09-24 08:42

驚喜乱舞のコロナ音頭♪ https://t.co/fXdN6PN2gf
09-24 08:41

【動画】消毒は罪 真弓定夫の薬のいらない子育ち特別編~内海聡と真弓定夫のどこまで話そうか」 https://t.co/4MjzCLH2u5 @YouTubeより
09-24 08:38

ダイジェスト版「間違いだらけの医者たち」(葬られた千島学説)忰山起一著 https://t.co/i6kvTRVVxH @akyooonより
09-24 06:42

ダイジェスト版「間違いだらけの医者たち」(葬られた千島学説)忰山起一著 https://t.co/B9xovV28gT @YouTubeより
09-24 06:38

https://t.co/Qvng8DjNBH @internetarchiveより
09-24 06:05

RT @IiMenami: あり得ない契約 https://t.co/KnrAR7jGQP
09-24 05:58

RT @uPf9JYyDt6jissk: アメリカ政府発表ワクチン接種死亡者数15万人を超えるそうです。 https://t.co/eDXDEIDi6X
09-24 05:57

「ウイルスは感染しない」ウイルス病源論を解明すると https://t.co/ZHHpWNa34a #gooblog
09-24 05:41

感染症とエクソソーム【感染・伝染#3】 https://t.co/MZONKX1CQ5 @YouTubeより
09-24 05:39

 

 

大覚醒 ドイツからのパンデミックの真相(感染症研究の世界的権威バクディ博士が解明!)

0
0
  計画された!コロナパンデミック    勇気あるドイツ人科学者の告発

ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

紹介

「感染爆発の波はあと何回来るのか?」 
「ワクチン接種さえすれば救われるのか?」 
「コロナ禍はいつになったら終息するのか?」
そして……
「そもそもパンデミックはなぜ起きたのか? そして誰が、何のために起こしたのか?」
……そんな疑問を感染症研究の世界的権威バクディ博士が解明!
ドイツ語圏「ベストセラー総合第1位(『Corona unmasked』978-3990602317)を緊急翻訳!
報道を封じられ真実を知らされない日本人に……自分で考えるための欧州発ベストセラー書。
「今こそ、狂気を終わらせる時なのです」(著者・バクディ博士)

目次

目次
第1章/実験室で生まれたパンデミック
第2章/ある危機の物語
第3章/病院が非常事態に?
第4章/超過死亡のない世紀のパンデミック?
第5章/政府の対策は私たちを救ったのか?
第6章/マスク妄想
第7章/無症状者がウイルススプレッダーという神話
第8章/インフルエンザはどこに消えた?
第9章/忘れ去られた「効果とリスクの分析」
第10章/キラーウイルスは見かけ倒しか、リアルか?
第11章/二転三転するご都合主義の理由づけ
第12章/コロナでの死亡か、コロナを伴っての死亡か?
第13章/免疫についてのいくつかの疑問
第14章/ワクチン――打つべきか打たざるべきか、それが問題だ
第15章/ワクチンラッシュ――果報は寝て待て?
第16章/イスラエルはワクチン実験室?
第17章/混迷するワクチン騒動、幸運と不運のはざまで
第18章/失われていく年月
第19章/感染の波、もう一波、またもう一波……
第20章/変異株は恐ろしいのか?
第21章/全メディアが同じ報道──誰を信じればよいのか?
第22章/支配の道具としての恐怖?
第23章/計画されたパンデミック、「誰がなぜ?」
第24章/私たちはどこへ向かっているのか?
第25章/結論――自分の運命を自分で決めるために
解説/そろそろ本当のことを語る時が来たようだ(大橋 眞)

著者プロフィール スチャリット・バクディ  (スチャリット バクディ)  (著/文)

微生物及び感染症・疫病学博士、医師。22年間にわたりヨハネス・グーテンベルク大学、マインツの病理微生物及び衛生学研究所主任教授として医療、教鞭、研究に従事。免疫学、細菌学、ウイルス学及び心臓・循環器疾患の分野で300以上の論文を執筆、数々の賞に輝く。ライラント・ファルツ州からは長年の功績に対して功労賞が授与された。

カリーナ・ライス  (カリーナ ライス)  (著/文)

細胞生物学博士、医師。キール大学皮膚科学クリニック教授。15年来、医療、生化学・感染症・細胞生物学の研究に従事。60以上の国際的専門誌への寄稿論文があり、数々の国際的賞を受賞している。

大橋 眞  (オオハシ マコト)  (監修 | 解説)

京都大学薬学部卒。医学博士、徳島大学名誉教授、モンゴル国立医科大学客員教授。感染症、免疫学。マラリア・住血吸虫症などの感染症をモデルとした免疫病理学や診断法開発、自己免疫疾患に対するワクチン研究を専門としながら、市民参加の対話型大学教養教育モデルを研究してきた。

NEW‼️『国家詐欺との戦い/知恵の初めに知恵を得よ!』HEAVENESE style episode80 (2021.10.17号)

0
0

なにを感じるか?

 アナタ次第♪

 

NEW‼️『国家詐欺との戦い/知恵の初めに知恵を得よ!』HEAVENESE style episode80 (2021.10.17号)

最近のブックマーク(ツイッター)


最重要動画🌅奴隷制を終わらせる🌄マトリックスをぶっ壊すのは、あなた

0
0

最重要動画🌅奴隷制を終わらせる🌄マトリックスをぶっ壊すのは、あなた

 

長いので寝る前に聞くかな・・・

え?そういうのを愚人という?

井上正康先生【3カメ高音質】特別講座in八女(11月7日)

0
0

まだ質問の場面しか聞いていないのですが、なんとなく推薦したくなりましたので、ご紹介。

 

それぞれの判断でどうぞ。

 

井上正康先生【3カメ高音質】特別講座in八女(11月7日)

 

 





Latest Images