Quantcast
Channel: わたしんちの医学革命と雑多な情報

 Lung Disease and Drug Poisoning (肺患と薬毒)

0
0

 Lung Disease and Drug Poisoning

 


 It is important to note that pneumothorax is one of the most effective methods of tuberculosis treatment at present. When there is a hollow space in the lung, the activity of the lung is slowed down in order to shrink it as much as possible by shrinking the alveoli.
In other words, the method of resting in the lungs would cause the cavity's cause, dense sputum (thick sputum), to clump together, and the cavity would shrink, and it would appear to have been cured for a time, but when it came to living a normal life, a second purification would take place, and in most cases, the lungs would be restored to their original state of health. If this is the case, it is only natural that this is not a fundamental treatment.

 

 Lung gangrene is a symptom in which a boil appears in the middle of the pulmonary membrane of the lung organ.
This is also a form of cleansing, but medicine will stop the cleansing process, so it will not heal for long. Finally, the disease ends up being unsuccessful.

 

 In addition, miliary tuberculosis is a kind of skin rash, and it is also a purification process.

 

 Lung cancer is caused by eating a lot of meat, and a kind of toxin in the meat makes the blood cloudy, and the toxin accumulates in the lungs, resulting in a hard swelling.

 However, the symptoms of this disease are persistent and prolonged in nature. The cause of this disease is the lack of a vegetable diet, and it can be cured simply by eating lots of vegetables. The fact that this disease is more prevalent in Western people, who eat a lot of meat, shows that this disease is very common.


In the case of measles, pneumonia is often associated with the disease, but this is nothing at all. However, this is because measles appears in the alveoli and reduces the space in the lungs, so the disease will be cured in two or three days if it is left as it is.

 

 The second disease related to tuberculosis is laryngeal tuberculosis, which occurs in the last stage of tuberculosis. It is characterized by hoarseness of voice and difficulty in swallowing (swallowing) when eating due to pain in the throat. The reason for this is that when the phlegm goes through the throat of throat, the phlegm is very poisonous so it irritates the mucous membrane of the wind pipe and throat and causes catarrh (bad condition), this phlegm is the oldest and the way of decay is also very bad. This phlegm is the oldest and the way it is rotten is also very bad, so the phlegm will not be cured for a long time. When the doctor found out that it was tuberculosis of the larynx, he would always spoon it away.

 

 Tuberculosis of the intestine is a symptom of intestinal tuberculosis, in which numerous nodules form on the navel and all over the belly. Of course, it hurts when I press on it, so I know it well and there is always some heat. These clots are dissolved by heat and come out as diarrhea almost every day, but of course these clots are the solidified ones of the medicinal poison, so they cannot be cured unless I stop taking the medicine. Doctors are also afraid of this disease because of the diarrhea, which makes the disease more debilitating.

 

 Lastly, I would like to explain the reason why tuberculosis is more persistent and cannot be cured than other diseases. Once a patient has tuberculosis, he or she will take various drugs into his or her body from the beginning, as long as the drugs are the main source of treatment.

The poisonous drugs will contaminate the body, so there is no cure at the end. If it becomes so, even the phlegm smells like medicines, which is a terrible mistake.

I used to treat such patients, but the purpose of the treatment was only to get rid of medicinal poisoning. The purpose of this treatment is simply to get rid of the poison. There is no doubt that patients get well as the poison is reduced. However, this method of getting rid of drugs is the Johrei method that I discovered.


*** Translated with www.DeepL.com/Translator (free version) ***

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーー

 

 肺患と薬毒

 


 現在の結核療法に就いて注意しなければならない事は、今最も効果があるといわれている方法に気胸療法があります。これは肺に空洞(あな)のある場合、肺胞を萎縮させて出来るだけ縮小させようとして肺の活動を鈍らせます。
つまり肺の安静法で、その為空洞の原因であります濃喀痰(濃い痰)も固まりますと共に、空洞も縮小されて一時は治ったように見えますが、普通人の生活をするようになりますと再浄化(二度目の浄化)が起こって、元の木阿弥となりますのがほとんどであります。としますと、これも根本的治療ではないということは当然であります。

 

 その他結核以外の肺患に対しても簡単に説明してみますが、肺壊疽とは肺臓の肺膜の中間に腫れ物が出来る症状ですが、これはそのまま放置しておけば腫れるだけ腫れて自然に穴があき、多量の血膿(ちうみ)が痰となって出て治るのであります。
これも浄化の一種でありますが、医学は浄化停止をしますので中々治りません。遂には不結果に終わるのであります。

 

 又、粟粒結核(ぞくりゅうけっかく)とは肺胞にブツブツが出来るのですが、これも皮膚の湿疹と同じようなもので一種の浄化でありますから、自然にしておけばブツブツから膿が出て治るのであります。

 

 また、肺臓癌とは肉食多量が原因で、肉中に含んでいる一種の毒素によって血液が濁り、それが肺臓内に溜まって、一時、硬い腫れ物となりますが、浄化作用により次第に喀痰となって出ます。

 しかし、この病気の症状は性質がしつこくて長くかかるのはもちろんであります。原因は野菜食の足りないためでありますから、野菜を沢山食べるだけで治るものであります。何よりも肉食の多い西洋人には、この病気が多い事でも判るでしょう。


次に『麻疹』の場合、肺炎を併発する事がよくありますが、これは何でもありません。只呼吸が頻繁のため驚きますが、これは麻疹の際肺胞に現れて、肺の中の空間が少なくなるためですから、そのままにしておけば二、三日で必ず治るものであります。

 

 次に結核に関係のある病気で喉頭結核があります。これは結核の末期に発生するもので、特徴としましては、声が嗄かれる事と食事の際、咽喉のどが痛んで嚥下(飲みくだし)困難になる症状であります。この原因は痰が咽喉のどを通る際、痰が猛毒であるために気管や咽喉の粘膜を刺激してカタル(悪い状態)を起こすからで、この痰は最も古くて腐り方も酷ひどいものです。だから痰の出る間は中々治りませんので、先ず治る見込みはありません。しかもこの時は衰弱も酷くなっているからでもあり、医師も喉頭結核と判りますと必ず匙さじをなげるのであります。

 

 腸結核ですが、この症状は臍を中心に腹全体にわたって、無数の固結が出来ます。もちろん押すと痛いからよく判りますと共に、必ず多少の熱があります。この固結が熱で溶解されて下痢となって毎日のように出ますが、もちろんこの固結は薬毒の固まったものですから薬を飲む事をやめなければ治らないに決っています。また下痢の為、衰弱を増す病気ですから医師も恐れるのであります。

 

 最後に結核がほかの病気と較べて執拗で(しつこく)治らない原因をかいてみますが、一度結核になりますと、何と言っても薬物が主となる以上、最初からいろいろな薬物を体内に入れます。それが原因となって経過が長引きますので、患者は焦ってあらゆる薬物を求めるというイタチゴッコになり、次第に体内に薬毒が溜まり溜まってどうにもならなくなります。

その薬毒が肉体を汚しますから、終わりには治らない事になるのであります。そうなりますと、痰まで薬の臭いがする位ですから、全く恐ろしい間違いと言えましょう。

従いまして、三期結核は薬毒病と言ってもいい位で、こういう患者を私はよく治療しましたが、その目的は薬毒を除るだけであります。何よりも薬毒が減るに従って次第に快復するから間違いありません。但し、この薬物を除る方法こそ、私の発見しました浄霊法であります。

 


感染症とエクソソーム【感染・伝染#3】

0
0

ついにここまで来たか・・・

 

  感染症の常識をひっくり返す

現代医学教のちゃぶ台返し

 

感染症とエクソソーム【感染・伝染#3】

風邪とインフルエンザはありがたい!?

0
0

風邪とインフルエンザはありがたい!?

コロナは終わった?

0
0

最初から無いって!

なんてツッコミは一応棚に置いてね

 

始まったのは騒動で、新型コロナでは無い

などと言っても何が何だか。。

 

という世間一般にあわせて

いちおうこれだけ出ました~~~♪

 

ので、もう山のような不正選挙の証拠、じゃない、偽コロナの様な

あってもなくても一応は新型コロナにして。。

 

まとめて一挙に放出 

ウイルス拡散かい!

 

いや、善玉ういるすですから♪  (ウイルスに善悪は無いんでしょ!)

 

ここです ↓  やっぱり他人のふんどしか・・・

点と点を線でつなぐブログ

http://mini987.blog.fc2.com/

 

 

追加

私達の体はウイルスだらけ それでもP○R受けますか?

 

何にも反応してしまうPCR検査

タンザニア大統領:コロナ陽性パパイヤ

 

 

海外の専門家の見解

Under the Wire presents an Interview with David Crowe of the Infectious Myth Podcast

 

↑を参照してから 以下へ ↓

極めつきは

https://note.com/otagami1206/n/n5eec44eb1c39

99%の自然医学=1%の人智医学

 

何が嘘で何が正しいか?

それぞれは自分で検証してください。決めるのは貴方です。

 

 ¥

 

 

 

 

 

 

 

 

緊急投稿です。 ワシントンから日本の皆様へ

0
0

【第50弾】ワシントンから5回目の伝言が有りました‼️

 

まずは聴いてみてください。

 現状ではなにが起こっていたのかはほとんどの人は知らないでしょうかr

何を言っているだろう?

と思うのが普通でしょう。

 

時が経つにつれて理解するようになるのかも知れません。

緊急放送、重大発表が間近にあるのかも知れません。

なにがあっても驚かない、先はもう決したのでしょうから。

 

一喜一憂をやめて平然と時の移るのを見守りましょう。

 もう終わったのですから。

 

そこで、何が?

 と思う方はボクのツィッターの過去にも、別のところで検索してもあちこち載っています。

コーリーグッド関係もご参考に。

 

知らないのは知ろうとしなかっただけのこと。

これから嫌でも知らされることでしょう。

 それをジャマするの勢力に勝ったのだと思います。

 

記念すべき動画になりました。 

 

感謝!

 

 

追加

先回の動画です【第49弾】ワシントンから4回目メッセージが有りました‼️

 

 

 

たまには音声読み上げもごひいきに

0
0
カテゴリ 医学、医療、健康(211)
精神、宇宙、波動(10)
日記(6)
岡田茂吉研究(医学論)(8)
岡田茂吉医学研究論(1)
新しい情報(2)
感観諤々(2)
目次(3)
医者が患者をだますとき(10)
ワクチンの参考本(6)
人体の九割は細菌(5)
失われてゆく、我々の内なる細菌 (6)
女性編「医者が患者をだますとき」(3)
「医者に命を預けるな」(2)
だから医者は薬を飲まない(0)
生き方上手は死に方上手(2)
医療の犯罪(3) 最近の記事 (08/25)book「医療の犯罪」千人の医師の証言集
(02/13) 「大やけどをしたら大学病院に行くな!」と言う医師
(02/04)「薬害エイズ事件に関して、新薬の開発の裏面 」を読む
(02/04)「読書録 を読む
(02/04)「新薬の罠」読書感 を読む
(01/16)ペテンによって始められた種痘と天然痘の真実
(01/16)「医療の犯罪―1000人の医師の証言 」序文より音声読み上げ
(01/15)「医療の犯罪―1000人の医師の証言 」序文より音声読み上げ
(04/07)「治る」ことをあきらめる 「死に方上手」のすすめ 読み上げ②
(04/07)「治る」ことをあきらめる 「死に方上手」のすすめ を読む①
(04/02)治療とはすべて対症療法
(03/16)いつ閉鎖しても大丈夫 ダウンロードすればいつでも聴ける
(03/12)「医者に命を預けるな」前半 音声読み上げ
(03/09)「医者に命を預けるな」音声読み上げ 後半
(03/05)福岡伸一氏の「動的平衡」生物学の基本が分かった     人気記事 「予防接種神話」の崩壊 (ワクチンの参考本 より)3(3) これさえ理解できれば「一切のワクチ予防接種は不必要」と解る!?(1) 「予防接種神話」の崩壊 (ワクチンの参考本 より)2(1) パスツールの遺言(1) 「予防接種神話」の崩壊 (ワクチンの参考本 より)1(1) 簡単版「ウイルス、細菌の自然発生説」(1) 医者に依存するほど自分本来の治癒力は阻害される(セスが語る人間の本質)(1)  

【腸内細菌】「あなたの体は9割が細菌」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

0
0

我らは微生物とともにある

 細菌ウイルスその他(なんだろう?)は無くてはならない共同生活者なのだ

非常にわかりやすく解説しました。

オマエがか?

いえいえもちろん他人様です♩

 

あと、この本をボクの音声ブログやユーチューブにもいくつか投稿してあると思いますのでご参考に

 

【腸内細菌】「あなたの体は9割が細菌」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】

 

脂肪は太り過ぎには直接関係ないそうですが

 

 

ある医師からの提言 ワクチン有効性と有害性の真実を考える

0
0

最近はツィッターに目鱈やったら投稿しているのですが

玉にはここにも

貼り付けですがw

 ツィッター上の記事を続けて集めたものです

ーーーーーーーーーー以下引用 ーーーーーーー

医療法人聖仁会 松本医院
@matsumotoclinic

10時間
こんにちは、院長の松本です。先ほど日本人医師(海外在住)が現地でワクチン接種を行い、「日本にいる人たちにも広くワクチン接種を勧めたい」という趣旨の主張をされている方の記事を読みました。その中で気になる部分が多々あったので、ここで共有したいと思います
下向き矢印

;=================================================================== CliPla ====
この記事を読んでいて私がまず気になったのは、「このワクチンの一番の魅力は誰もが想像をしなかったほどの高い有効性です」という部分です。また、「このワクチンには、重症化を防ぎ、命を守る効果も期待され」ると書いておられる部分もとても気になりました。
;=================================================================== CliPla ====
この記事の著者はさらに、「その安心感は、もう一層の頑丈なマスクを与えてもらっているような、とても大きなものです。・・・それでもなお、ここまで1年間少なからず抱えてきた不安を大きく取り除いてくれるものでした」と述べられていました。
;=================================================================== CliPla ====
そして最後に「(ワクチン接種は)自分自身を守るという意義はもちろんのこと・・・(中略)、身の回りの大切な人、両親や上司、友人を守るという意義」もあるとし、「ワクチンの輪を広げ、皆で皆を助け合う。そんな気持ちでぜひワクチンの接種を前向きに考えて」欲しいと締めくくられていました。
;=================================================================== CliPla ====
その内容からも冒頭にも書いたように彼が「感染拡大を防ぐためにも、ワクチン接種が広まって欲しい」と考えていることは明らかですし、そのように考えている医師は他にも多くいることでしょう。しかし、以下に挙げる点から私はこのような医師たちの言うことは鵜呑みにすべきでないと考えます。
;=================================================================== CliPla ====
まず、私たちが知っておくべきこととして、今回のワクチンでは確かにファイザーやモデルナワクチンでは90%以上の高い有効性が示されています。しかし、ここで言う「有効性」というのは、「ワクチンを打つと90%以上の確率で感染が防げる」という意味ではなく、あくまでも「顕性感染抑制率」のことです
;=================================================================== CliPla ====
「顕性感染抑制率」とは、「対照群に比べて、ワクチン群で何%の確率で有感染症状者を減らせるか」ということです。すなわち、例えば「1万人の被験者に生食を打った集団を観察して10人感染症状が出たところを、ワクチンを打った時には1人に抑えられた」場合、そのワクチンの有効率は90%となります。
;=================================================================== CliPla ====
すなわちそれは、「打てば90%以上の確率で感染を防げる」というものではなく、「ある感染症が蔓延していて、1万人に十人感染症状が出る場合にワクチンをその1万人全員に打った時に、九人の感染症状を抑制できる」というものに過ぎないのです(それでも専門家にはすごい抑制効果だと言われそうですが)
;=================================================================== CliPla ====
しかもこの抑制効果は、あくまでも顕性感染者(有症状者)における抑制効果(=顕性感染抑制率)を見ているのであり、若い健康な人でそもそも新型コロナに感染してもほとんど何も症状がない方(不顕性感染者=無症状者)に対する抑制効果は不明です。
;=================================================================== CliPla ====
このような感染しても無症状の方は、そもそもワクチンを打たなくても、自身の免疫の働きでウイルスを排除できている可能性が非常に高いと思われます。なので、そのような方にはワクチンの効果は乏しく、打つ必要性がほとんどないと言えますし、むしろワクチンを打った時の有害事象の方が私は心配です。
;=================================================================== CliPla ====
重症化を防ぐとする根拠もこれまでに得られているデータとしては不十分で、もし重症化を防ぐとしても、ノルウェーでの高齢者へのワクチン接種が有害事象や死亡事例を多く生み出していることを考えると、重症化しやすい虚弱な高齢者でもワクチン接種はお勧めできません。
;=================================================================== CliPla ====
また、この記事では新型コロナワクチンが「身の周りの人も守る」という意義もあると述べられています。これはおそらくワクチンで集団免疫がつくことを想定しているものと思われますが、そもそも本当にワクチンを打った時に集団免疫がついて感染を広げなくする効果があるかどうかは全く不明です。
;=================================================================== CliPla ====
ですから、結局のところこの新型コロナウイルスワクチンは、今世に出てきている臨床試験のデータから考えたとしても、感染してもほとんど症状を呈さない若年健常者には必要ない可能性が高く、ハイリスクの高齢者にもその有害事象の多さからお勧めすることはできないと思います。
;=================================================================== CliPla ====
ではこれらの新型コロナワクチンは一体どのような人なら打っても良い、あるいは打つべきなのでしょうか??

私はこのことを考える前に、やるべきことがいくつも残されていると考えています。
;=================================================================== CliPla ====
まず一つは、現在広くCOVID-19の確定診断で行われているPCR検査の正当性を徹底的に検証することです。例えば日本感染研マニュアルで使われているプライマーが本当にSARS-CoV-2に特異的なものになっているかどうかの検証は絶対に必要です。また、Ct値の問題もまだ残されています(詳細紹介済み)。
;=================================================================== CliPla ====
そして、PCR検査の正当性を検証するためにも、ウイルスの変異がどのようなパターンで存在しているのかも知る必要があります。これにはCOVID-19と診断されて亡くなった方の死体解剖などで得たサンプルからウイルスのRNAシーケンスを行い、元のウイルスとの塩基配列の違いなどを調べる必要があるでしょう
;=================================================================== CliPla ====
また、そもそもこのSARS-CoV-2というウイルスがどれほどの病原性を持っているのか、という検証自体もまだまだこれからさらに必要と感じます。感染症状のある人や死体解剖のサンプルなどからウイルスを単離培養して感染実験を行い、そのウイルス毒性を確認する必要があるのです。
;=================================================================== CliPla ====
それは、徳島大学名誉教授でいらっしゃる大橋先生の言うように、これら新型コロナワクチンが本当に感染予防や死亡抑制に有効かどうかを検証する以前の問題である気が私もしています。
;=================================================================== CliPla ====
さらに、これら新型コロナワクチン接種後にできた抗体のADE(抗体依存性感染増強)による感染症状増悪の可能性はどうなのかや、新型コロナワクチン接種後の突然死や自己免疫疾患、長期的な副反応に対する影響など、検証すべきことはたくさんあるのです。
;=================================================================== CliPla ====
もっと根源的なことまで言えば、私の師である崎谷先生がおっしゃっているように、「本当に感染症状はウイルス感染が原因で起こっていることなのか??」という検証も本来は必要なことですが、これに関しては私も勉強不足なので、崎谷先生の次作でじっくり学ばせてもらおうと考えています。
;=================================================================== CliPla ====
以上長くなりましたが、先述してきたように、本来であれば徹底的に検証すべき事柄を全てすっ飛ばして(無視して)新型コロナワクチン予防接種が推奨される状況が製薬業界により作り出され、政府やマスメディアも無批判にそれに従っています。
;=================================================================== CliPla ====
このままでは、冒頭に紹介した記事の中でも語られていたように、「ワクチンの輪を広げ、皆で皆を助け合う」がまるでモットーのような世の中になっていくような気がしてなりません。このような表面的な言葉に違和感を覚えない人は、もはやすでに深く洗脳されていると言えるかもしれません。
;=================================================================== CliPla ====
誰がどのように発言しようが自由だと私は思いますが、私は「ワクチンの輪が広がれば、皆で皆を助け合うどころかたくさんの人がその害に苦しみ、打たない選択をした人はより一層自由が奪われる」というとんでもない状況になっていく気がしてなりません。そうなった時に誰が責任を取るのでしょうか?
;=================================================================== CliPla ====
今やワクチンメーカーは何をしても許される、という状況にあります。どれだけ有害なワクチンを売りつけても何も罪に問われることはないのです。そして当然彼らはワクチンが有害であることがバレても、口が裂けてもその真実を自ら語ることはありません。
;=================================================================== CliPla ====
このような状況を理解した上で、ぜひ皆様にも冒頭に紹介した記事のような話には耳を貸さず、できるだけ第三者が根拠をもって話していることに耳を傾けて欲しいと思います。私もまだまだ勉強不足でわからないことだらけですが、さらに深く掘り下げて情報発信をしていきたいと思っています。

 

ーーーー転載終了ーーーーーーー

 医学界で真実を語るのは勇気がいりますが

  これを読んでから選択するのも一考でしょう。

 

なお、歴史上、過去のワクチンの立ち位置ですが

 

決して承認されるべきではなかった予防接種

https://gwuakn55seufwfupainewmpemq-crygvbawpgmxy-vactruth-com.translate.goog/

ブラウザをMicrosoft Edgeで、日本語翻訳、テキスト分読み上げが出来ます。

 

 

 

「ワクチン、予防接種など効いた例しがない」

【世界の伝染病の推移とワクチンの不都合な真実】

 Microsoft Edgeで表示すると翻訳されます。
音声読み上げも出来ます。

https://childhealthsafety.wordpress.com/graphs/

 

 

世界の感染症の歴史と
華々しく登場した予防接種(ワクチン)
の関係を統計的資料で見る

https://childhealthsafety.files.wordpress.com/2009/02/vaccines-did-not-save-us-e28093-2-centuries-of-official-statistics.pdf

http://genesgreenbook.com/resources/obamsawin/ImmunizationGraphs-RO2009.pdf

 

ロバート・メンデルソン医博著、医者が患者をだますときhttp://japansos.web.fc2.com/honnenokokuhaku00.html

 

殺す医学から生かす医学へ(web魚拓より)https://web.archive.org/web/20040825095539/http://iryoumisu.hp.infoseek.co.jp:80/page7.html @internetarchiveより 

 

インフルエンザ大特集(https://blog.goo.ne.jp/akyoon/e/da97b13c7922d02c5b3b6897ef30a284 

 

 

 

 

 


【映像流出】なぜ中国は大量に人を消し始めたのか

0
0

【映像流出】なぜ中国は大量に人を消し始めたのか

 

感想は書きませんし

賛同とかも求めません

 

見た人の判断ですね

 

 

凄い内容のワシントンメッセージです‼️(石川新一郎チャンネル

0
0

石川新一郎チャンネル

 

【第105弾】今月3回目の凄い内容のワシントンメッセージです‼️

 

 既に知っている情報だと言う方も居られるでしょうが

今回のは具体的に日本の事を言っていますね・

 トランプ側の勢力が勝利しているということで、後は表に出てくる時期がいつ頃かということす。

コロナのバカ騒ぎも連動して終わるでしょう。

もちろん、ワクチン鷺も見え見えになってお仕舞いだと思うのですが

それまで接種した方は貧乏くじを引いたと思うしかありませんね。

もしかしたら、未来のテクノロジーで解消できるかも知れませんが;・

 

いろんな情報が交叉する中でこのワシントンからのメッセージの真偽はいかに?

それは時間の経過で分かります。

何年も先のことを言っているのではないからです。

 ゆえに

今は保留で受け止めて、時の経過と実際に起こっている事象で判断する以外に無いです。

過去の情報でも、起こっていること起こっていないことが今分かりますので、全面信頼も全面否定もできません。

あとは他の情報を噛み合わせて実際はどうなのかを冷静にみるしかありません。

起こる前にバンザイは無しね♩

ということで

 

こちらも参考に、分かりやすくなります。

水沢実験室

https://ameblo.jp/kailen-mizsawa/entrylist.html