Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

「医学革命」とは薬からの解放への「個人の気づき」の事である。雑多な情報も「取捨選択」&「鵜呑み厳禁」はセルフサービスにて

older | 1 | .... | 61 | 62 | (Page 63) | 64 | 65 | .... | 71 | newer

    0 0

    あなたは自分を癒す真のヒーラー


    0 0

    「ウイルス撲滅、根絶、排除」などとほざく不都合な人間のために


    0 0

    薬で殺されている日本人?


    0 0

    アセンデット・マスター


    0 0

    シリウス超叡智ー2「証拠を求めて」zeraniumの掲示板より


    0 0

     

     

    「薬が人を殺している」
     

    NPO法人薬害研究センター理事長内海聡
    竹書房新書

    より。抜粋集 その2    
      。

    誤字、誤読あり。本書を購入してください。
    目の不自由な方への参考に。

     

     

    「薬が人を殺している」抜粋2


    0 0

    「シリウスの超叡智②zeraniumの掲示板より 5/6


    0 0

    あれから数十年 「千島学説」はトンデモ論とか千島信者とか宗教家オカルトの類いにされてしまった。だが、それは単なる論ではなく、実際に顕微鏡でのぞいた世界から導かれた論なのである。 ただの妄想論だというやつは出てこい! (ここへじゃないよ。)

     

     世界の医学界は●●に支配されてきた。これをインポ論と言う人もいる。

    何でも噛んでも「陰謀論」とか「オカルト」にしてしまう、「インポ者ども」よ。

     自分の不如意を他人に押しつけるな! (なにいってんだか・・)

    あれから何十年・・・・

    世界で癌死亡者が増え続け、日本は世界の見本のようなものである現状をみて、誰もが何も考えない、いや考える力をなくして閉まったOops!(∋_∈)

     何度も紹介したものを七瀬もう一度♪

      え?七瀬しらない?

     

    ダイジェスト版「間違いだらけの医者たち」(葬られた千島学説)忰山起一著


    0 0

    「薬が人を殺している」抜粋3


    0 0

    「薬が人を殺している」抜粋4

     

     

    薬は非常に効いてきたわけです。 (効果不幸か・・・) 効くと治るは異なるのですが。

    「薬が人を殺している」

    題名に驚く人がいます。
    では、
    「毒が人を殺している」

    とすれば?
    当たり前ですね。

    しかし、
    毒が薬になるのですから。
    同じなんです。

    いろんな毒を使って、その毒のもつ作用のうちのひとつを効能(主作用)としたまでのことです。

    つまり、毒を生体に入れるといろんな作用が出てきます。
    それは同時に起きるのですが、目的の作用だけを「薬の効用」としたわけで、残りの作用は副作用とした。

    だから、毒の方では別に主作用を選んでいるわけでもない、同時にいろんな毒の作用を出しているわけです。
    あとは、その生体との絡み(毒性との生体の反応は個々のちがいがあるため)で、すぐにはなんともない人と(後で出る人が多い)、すぐ反応が出る人(毒性がすぐわかる・・・薬害患者として認識できるひと)があるので、多数決じゃないですけど、薬害が少数の場合はなかなか問題にされないのです。

    いづれにしても、すべての薬は毒から作られ、毒であるから効くというわけです。

    もっとも、その「効く」イコール「治す」では無いのです。
    それは薬理学博士が書いています。

    「残念ながらお薬には病を治すお力を持ち合わせておりません」と。

    「治すのは自分の治癒力なのです。」
    とも。
    でわ、
    なんでお薬を使うの? となります。

    それは人の「頼る心」にあると思います。
    「これを飲めば私はよくなる」という強い思いと長い間に作られた信念(思い込み)が強力に自身の治癒力を上げる。

    もうひとつは、薬の効果があるということでしょう。
    え、効果?  そう、治す効果ではなく、
     症状を一時的にでも緩和、停止させる効果です。

    そのため、ひとの心はもっと「思いが強くなり」治癒力に影響するのでしょう。

    長い目でみないと本当の薬の効果(悪影響)は分かりにくかったのです。
    ところが、自然界の変化によってその効果が短くなってきました。
    すると、
    誰の目にもわかりやすくなってきて、「薬は毒だ」「薬が病気を作る」などと、昔に言ったら頭を疑われる時代からみると、今はかなり分かりやすくなってきたのです。

    本の表題
    「薬が人を殺している」
    などと現代では大して驚かない時代になったのですが、日本人では岡田茂吉氏が昭和の初期から同じようなことを言ったり書いたりしていたのです。

    外国でもそういう人は居たと思いますが、なんといっても人類の意識の変化が起こらなかったのと、自然界の「原因 → 結果」の時間的経過が長かったので分かりにくかったわけです。

    誰でもわかるようになって来たのは、その時間経過が短くなってきたということでしょう。

    この経過時間が短くなればなるほど、薬の効果の副作用と言われる害作用の方が目立ってくるわけです。

    そうなると、理屈も何も実際に薬を使っての結果で一目瞭然という状況になるのでしょう。

    それまで、そう長くないような気がしているのは、いま地球が太陽系の変化と同調しているという情報があふれてきている事から思い当たるのです。

    そう思うかどうかは個々の判断にお任せしますが、知っておくことで、後で納得するひともいるでしょうから、この本は買っておいて損はないと思いますよ。


    0 0

    岡田茂吉研究にいれたのは

     少々異なる霊界論です。

    ぼくはこちらの方に傾いていますが・・

    医学論はまた別です。要は「いいとこ取り」が大切です。

     

    超入門「転生の秘密」zeraniumの掲示板より


    0 0

    霊界通信とかチャネリングとか宇宙人からとか、地底人からとか、多種多様な見えない世界(確認できない世界)からの通信をそのまま鵜呑みにしてよいのか?

     「私はまるまる界だとか神界のだれそれだ」というが、あくまでそれは「自称」であって、うまく真実を混ぜて、嘘も混ぜ込んでいるのではないのか?

    それは、ここのブログのように「鵜呑み厳禁」などと言っていればよいのだが、もっとも、そう言うとなおのこと、信じ切ってしまうのが人間の性。

     人間の世界でも詐欺師は「私を信じないで」といいながら、実に巧みに「真実と嘘を見分けがつかないように入り混ぜて話す」ので、なかなか見分けがつかないものだ。

    まあ、のべつくまなく霊界通信を送るようだと、これはちょっと考えた方がよいのかも知れないが、そうでないこともあるし・・・・

     本当はそういう別の世界から言ってくるということはよほどのことでないと、あまりちょっかいを出すものではないのではないのか?

    その霊界通信にしても、本当に神界なのかどうかも調べようもない。ただ、受け取る側の未熟さを利用してちょっと真実を混ぜてやると「直ぐ信じ込んでしまう」類いじゃないのか?

    最後は自我意識ではなかなか判断しにくいものだ。それではハイヤーセルフサービスだということになるが・・・・

     

    アセンション ー光の新世界に向けてーより


    0 0

    再掲になりますが

    コズミック・ディスクロージャー: 新たな後見人の到来

    シーズン 10, エピソード 6

     

     

    ソーラーフラッシュ?

    太陽のくしゃみ のようですよ。

      地球の大変化の原動力か?

    もちろん、人間も その影響を受けるのだろうがが。

     この現実世界は宇宙であろうが、地球であろうが夢の中の物語だとすれば

    本体の意識は「それを眺めている」のだろうか?

     

     

    一部抜粋

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

    これから新たなガーディアンが訪れること、そして太陽系はもはやブルー・スフィア(青い球体)を必要としない程度に変遷を遂げたということを伝えました。そしてスフィアはすでに消え始めているということ。

     

    さらに太陽系周囲のバリアにも同じことが起こっていて、すでにそれは消えてなくなってしまっているということでした。

    David: 本当に?

    Corey: ガーディアンの説明では、そのバリアの消滅後にレプティリアンやその他のネガティブ種族が太陽系外に逃げ出さないように、銀河連邦によってバリケードが築かれているそうです。それがなければ大変なことになっていました。

    David: さて、もしそのブルー・スフィアがあなたが以前言ったように、巨大なテクノロジーか生命体で・・・

    Corey: 生命体です。

    David: ・・・太陽系にやってきたとすると、表向きはソーラーフラッシュが起きるのを止めるためだったように見えます。スフィアがやってきた2012年はちょうどマヤ暦の終わりの年で、私が研究した古代の科学によればソーラーフラッシュが起きるはずの年でした。

    そのスフィアが消えているなら、なぜまだソーラーフラッシュが起きていないんですか?

    Corey: スフィアはソーラーフラッシュを防いでいたわけではありません。つまり、ソーラーフラッシュに近づくにつれ、太陽からはますますエネルギーが放射されて、私たちはより強い宇宙エネルギーの中を通過していくわけです。

    スフィアがしていたことは、一種の共振システムとして働いて、そのエネルギーの緩衝材になることです。

    だからそれがなくなったいま、私たちはこの強力なエネルギー波を直に浴びているんです。

    私が聞いた話では、今から10~11年後に太陽活動極小期が終わった時のソーラーフラッシュによって、地球は最もこのエネルギーの影響を強く受けて、大きな変化が起きると予想されています。

    David: では2027年とか2028年あたりということですよね?

    Corey: その頃です。

    David: オーケー。ではここで皆さんにはっきり述べておく必要がありますよ。だって、以前のあなたの話では2023年が強調されていましたから。

    それがソーラーフラッシュの起きる時期だとあなたが言ったように思ってました。2023年とか24年だと。この2027~28年の窓と2023~24年の窓の違いをはっきりさせてもらえますか?

    Corey: その2023~24年については誤解が生じていますね。それは様々な情報のディスクロージャーが起こる可能性が最も高い時間枠です。

    David: フル・ディスクロージャーということですか?

    Corey: そう、完全開示とかイベントとか呼ばれるものです。みなさんその時期にソーラーフラッシュがあると思っていますが、ソーラーフラッシュは単発ではないんです。

    ソーラーフラッシュや小さなイベントは何度もあって、一大イベントに向けて次第に強まっていくんです。だから・・・

    David: つまりソーラーフラッシュは何年にも渡って起き続けるかもしれないということですか?

    Corey: そうです。

    David: 本当に?

    Corey: それはすでに始まっているんです。

    David: でもまだ、35の異なる古代の預言で言われていたようなフラッシュは起きていないですよね。写真のフラッシュ電球のように太陽系全体が極度に明るく輝くというやつです。

    Corey: そういうフラッシュがこれから何度も起きて、次第に強まりつつ一大イベントへとつながると言われています。

    David: わぁ!そういう強く明るいフラッシュが最初に起きるのが2023~24年ということですか?

    Corey: もうすでに始まっていると聞いています・・・

    David: ふむ。

    Corey: 小さい規模でね。それが強まっていくんです。

    David: そうですか。でははっきりさせておきたいんですが、もしフル・ディスクロージャーが2023~24年までないとしたら、それまで今からまだ6年もあるわけですよね。この6年の間には何が起きるんでしょうか?

    Corey: それは私たち次第です。彼らの計画は、私たちにゆっくりと時間をかけて情報を開示していくプランです。しかし「戦というものは、計画通りにいかない。(No plan survives the battlefield.)」という言葉があります。この6年間に何が起きるかは誰にも予測できないでしょう。

    突然どどっと情報が出てくる可能性もあります。それからまた全く新情報のない時期が続いたり。誰も次に何が起きるのかわかっていません。

    David: あなたがだいぶ以前のエピソードで、人類がドラコに完全支配されるというネガティブなタイムラインに行き着く可能性があると言ったことで、多くの視聴者が心配していました。

    でも昨年末からのあなたの一連の情報アップデートを聞く限り、その可能性はなくなったようですね。

    Corey: その通り。

    David: 説明してもらえますか?

    Corey: ええ、私たちは間違いなくポジティブなタイムラインに軌道修正されました。でもそれが最も理想的なタイムラインになるか、最悪よりちょっとだけましなタイムラインになるかどうかは、私たち次第なんです。

    David: オーケー。

    Corey: でも、確かにそれは正しいです。レプティリアンが公然と私たちを支配する可能性は全く無いタイムラインへと変化しました。

    David: では先程の話に戻ると、ブルーエイビアンズがあなたを通じて話していて、巨大な球体が消えて、太陽系外周のバリアも消えて、今は銀河連邦のバリケードによって太陽系が守られているという話でした。

    これは何を意味するのでしょう?これからどうなるんですか?

    Corey: このバリケードができたおかげで、唯一の逃げ道はポータル、つまりコズミック・ウェブ(※宇宙にクモの巣状に張り巡らされたフィラメントによるポータル・システム)だけになったそうです。

    でもそこは前にも言った通り、高レベルの存在によって厳重に監視されています。追跡されずにこのポータルを通って行ける場所はどこにもありません。

    今この時期にポータルを通って逃げたものは、生涯に渡って指名手配されるだろうと言っていました。

    David: ピート・ピーターソンが最近こう言っていました、「アメリカ人は銀河系のあらゆる場所に行っている。」と。ある程度UFOの秘密を調べればわかることですよね?

    それで、こういった人々の中には悪い連中もいると思うんです。SSPカバールみたいな。

    地球上に残っているこの連中が、太陽系外の銀河のあちこちに散らばっている仲間と再結集するのを防ぐ手立ては何かあるんでしょうか?

    Corey: 銀河連邦のバリケードがあります。

    David: ではそういったグループはいまだに存在していて、でも新たに仲間を得ることはできなくなっているんですね。

    Corey: そうです。

    David: では逆に彼らの方から地球に戻ってきて、私たちを侵略しようとする可能性はありますか?

    Corey: いいえ。あり得ません。バリケードがありますから。

    David: ふむ。ではその銀河連邦のバリケードについてもう少し具体的に教えてもらえますか?見た目とか。ちょっとイメージしにくいのですが。

    Corey: 私も詳しくは聞かされてません。高度に進化した種族によって、太陽系の外周に軍事バリケードが築かれているそうです。

    想像するに、戦艦や基地を設置して太陽系への出入りを取り締まっているのではないでしょうか。

    David: そのような内容が話されている中で、あなたが会った52の種族たちは、何の役割があってこの会合に来ていたんでしょうか。

    Corey: ええ、私たちは「証人」であると言われました。それぞれの種族の集合意識の導管の役割です。52の種族それぞれが地球のような各自の惑星系の集合意識と同じなのです。

     

    ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

     

      ふむ・・・・・

    信じられない話だが

    ない話でもないかな

    どっちだ!

     


    0 0

    乳がん予防手術 条件付きで「強く推奨」治療ガイドライン | NHKニュース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180515/k10011439321000.html

    2 日前 - 女性のがんとして最も多い乳がんの治療法に関する学会のガイドラインが改訂され、遺伝子の変異に

     

    この世界は「あらゆる体験をしたい、するひとのための舞台」だそうで、誰が何をやってもそれはその人の「やりたいこと」(たとえ、嘘でだまされてもそれが望みだというのなら)に口出しするのは野暮だと思ってみても、やはりあまりにも「それって変じゃない?」と、ついおちょっかいしたくなるものでゴザイマス。

     

     

    医者の言うことは神のごとし・・・

    お医者様なんだから、マチガイナイ!

     まあ、ほんとによく信じ込んで(∋_∈)シマッタ人間が多い昨今だが

    そして、その神のごとき医者の言うことに反論すると

    「医者でもないのに!」と シマッタ人間(自らの脳力を閉ざしてシマッタ人間のことだが)は怒り出すひともいるくらいだ。

     

    「医者でもない」からこそ、本当のことがわかるんだ。

    その理由は簡単だ。

    現代医学を熱心に学んだ医者ほど、自然界の真実からかけ離れてしまうようだ。

    べつに個々の人格を否定するものじゃない。 

    「習った勉強」(医者になるには徹底的に学びを吸収することだから)以外に考えてはならないという教育を受け、それを確り頭にたたき込んでこそ、医者になれるのだから。

    そこへ、いくと「医者でもないド素人」はそんな教育は受けていない。

    だから、なかにはへそ曲がりのやつがいて、「それって変だろ」と思うことが多々あるのだ。

    「医者でもないやつ」がしゃしゃり出てきて、「そりゃあ、変だぞ」「おかしいぞ、それ」と言って、「医者でもないド素人は引っ込んでいろ」とは解せない。

    だって、「医者が神様」でも何でもないことに気づいたやつにとって、なんの権威も感じられないから本当のことがわかりやすいのだ菜。

    そんなこと言っていると、アンタ乳がんになったとき後悔するぜ~

    と言われてもね。

    もう、乳がんの歳でもないし・・・

     

    え? アンタ馬鹿になる前に切除しておけばよかったね~~ 、そのアタマ

     

      あまりにもばかばかしくて乳がん学会の「仕事増やそう」思考には、あきれてものも言えない。

    あ、書いたか・・・

     

    ところで、遺伝子信仰がもたらした「将来乳がんになる可能性が大きい遺伝子」という、信心深き「日本乳がん摘出サービス推進委員会」(何かの別称かな)だが、

     

     

     

        「あなたは乳ガンではないですが、予防のためにすべて切除しましょう ... 2018年3月14日 ... BRCA1遺伝子とBRCA2遺伝子のいずれかに変異が生じると、乳がんや卵巣がん、 前立腺がんにかかるリスクが高くなります。 BRCA1/2遺伝子検査では、血液の採取 により、これらの遺伝子の変異の有無を調べることができます。変異陽性者 ... https://indeep.jp/study-confirms-deadly-breast-cancer-gene-brca-is-myth/

     

     

    これを「知ってか知らずか」(たぶん知っててもやるだろうが)遺伝子だけが大黒柱であるかのように言い含めて「乳がん予防のための摘出」という愚行を発表し、将来には「わしらの保険金を目当てに稼ごうという」インポウ論は早晩逃げ去るで亞朗。

     

    In Deep (旧): アメリカでもヨーロッパでもガン治療の主流が「代替医療 ... 2015年5月29日 ... フレッド・ハッチンソン癌リサーチセンターの調査報告で、 1997年2月から1998年12月 にかけて乳がん、または前立腺がん、大腸がんと診断されたワシントン州西部に住む 大人356人を対象に電話でインタビューしたところ、約97%がなんらかの ...

     

    こんな本当のこと知らせたら、気をつけなきゃ。

     自転車乗っているとき、後ろから追突されないように。 

     ドン!

    え、アナタにゅうがんがっかいのヒト?

    「右足だめになったから、左足も切り取っちゃいましょうね♪」

     

     

     

     


    0 0

    第3位 が アレ?!

     

     意外や意外・・・・・普通のひと。

     それはおかしい!いや、本当は一位じゃないの・・・・普通じゃ無いひと(え!ボクだけ~)

     

     

    「死亡原因の第3位は?」


    0 0

    何度か紹介した「共生という生き方」より。

     

    身の程しらずはパスツールの方だった。

     

    医学は政治である。

    政治が医学(生物学も含めて)を方向性を決めてきた。

    西洋思想の「攻撃性」が微生物に対抗する医学を作り上げた。

    その一番の功績が抗生物質だったと思う。

     ただし、それは「一時的」であって、自然界はいつまでもそれを許さない。

     あれから何十年・・・・

    抗生物質は自然界の規則が許さないことが明白になった。

    微生物を敵をして失敗した人類はこれから方向転換しなければ生き残れないだろう。

    そのキーワードが「共生」である。

     

     

    『共生という生き方』微生物と人間の関係を見直す。


    0 0

    わざわユーチュー古に出しました。   ザワザワ;

    過去記事にあります。

    なぜ?医者が自分で受けたくない治療を施すのか? 答えは●賊


    0 0

    高血圧はほっとくのが一番 2


    0 0

     

     

    乳がん予防摘出に思う「遺伝子とエピジェネティクスの真実」

    過去記事にin Deep様の記事で紹介してありますので。

    アンジェリーナの女房手術は意味が無かった?遺伝子信仰者に贈る ... 2018年3月15日

     

     

    遺伝子だけがひとの病気を引き起こすのではない、むしろ、それは間違っていた遺伝子神話だったという話。

    ところが、生物学の常識を破って「乳がん遺伝子があるから、かかる前に摘出してしまえ」という最近のニュース。

     

    なるほど・・・遺伝子神話(もう古いのだが、医師頭ではまだ通用するのだね。)を利用して、まだなってもいない乳房まで摘出してしまえば、もう乳がんにならないという、あまりにも馬鹿馬鹿しい理屈だが・・・

     

    何を言っているの?

    はい、頭痛の遺伝子を持っていると頭切除されかねないという話(あ、極論だった)

     命にはあまり関係ないとでも思っているのでしょうか?健康な肉体の部位を簡単に切り取ってしまうという愚考、愚行についてです。

    「素人は黙ってろ!」

    はい、ボクは何も言いません。

    秘書に読ませましたので・・・(ボクよりよっぽど滑舌がいいな・・・・) 

     舌っ足らずは黙ってろ!

     

      はい、ひたすら呑んでいます・・・

     

     

     

    日本乳癌学会は18日までに、乳がんになるリスクが高い遺伝子変異がある女性の片方の乳房にがんが見つかった場合、もう片方の乳房を予防のために切除する手術を「強く推奨」することを決めた。
    (産経にユース)


    ところが、うまい言い逃れを用意しているようで。
    ^^;
     手術の実施は、「医師の勧めではなく患者本人が自発的に希望し」、理解や選択を助けるカウンセリング体制が整った病院で行うことが条件。
     

    なるほど、強く推薦はするが、全責任は患者にもたそうという「希望者」を集めようということか・・

    何年か経って、患者さんが気づいても「決して強制じゃなかった。あの時代の最先端医療だったから」と言い逃れを用意しているんじゃないの? と天邪鬼思考ですが・・・


    あくまで、「患者さんの希望」です。

    だから、患者さんは後になってから「文句は言えない」のですね。

     

     

    日本乳癌学会は18日までに、乳がんになるリスクが高い遺伝子変異がある女性の片方の乳房にがんが見つかった場合、もう片方の乳房を予防のために切除する手術を「強く推奨」することを決めた。
    (産経にユース)
    ところが、うまい言い逃れを用意しているようで。
    ^^;
     手術の実施は、「医師の勧めではなく患者本人が自発的に希望し」、理解や選択を助けるカウンセリング体制が整った病院で行うことが条件。
     
    なるほど、強く推薦はするが、全責任は患者にもたそうという「希望者」を募ろうという算段か・・・

     

    医学は進歩している(だから、今の医学論は将来変わる。180度変わっても仕方ないのだ。)

    そういう視点から見れば、盲腸(虫垂)手術も同じ穴のムジナだったようです。

     虫垂の役割と細菌の重要性 音声読み上げmp3

    テキストは

    虫垂の役割 (手術の進歩は医学の退歩だった?) - わたしんちの医学革命 ... 2018年1月18日 ... むやみやたらに手術すると言う事は医学の退歩なんですよ。 なんて言うと股間多掻いている!と怒り出さないで下方の引用文は医学専門家が掻いた説ですからね。 ボリボリ・・ (股掻いている). あの有名なインデープ様(in Deepブログ様)も ... https://blog.goo.ne.jp/akyoon/e/efa50b135d1b45fb53b44c89f7df47a7

     

     

     


    0 0

    発行年月:2004.9 出版社: 太陽出版

    zeraniumの掲示板より、抜粋読み上げ。。2010年12月の投稿記事より。バックナンバーより読めます。取捨選択はハイヤーセルフ・サービスにて。

     

    プレアデス「銀河の夜明け」乙


older | 1 | .... | 61 | 62 | (Page 63) | 64 | 65 | .... | 71 | newer