Attn! Always use a VPN when RSSing!
Your IP adress is . Country:
Your ISP blocks content and issues fines based on your location. Hide your IP address with a VPN!
Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 41 to 60 of 1385)
(showing articles 41 to 60 of 1385)

Channel Description:

「医学革命」とは薬からの解放への「個人の気づき」の事である。雑多な情報も「取捨選択」&「鵜呑み厳禁」はセルフサービスにて

older | 1 | 2 | (Page 3) | 4 | 5 | .... | 70 | newer

    0 0

    仮想現実空間

    2012年12月14日(金)
    リアルバーチャルシステム 

    りあるばーちゃるしすてむ?

    さも現実がそこにあるかのように錯覚させる


    ここで、ひとつの問題点がある。

    周りはぜん仮想現実だとして、自分だけは現実だという感覚。

    ノーノー  NO!! 

     

    なのだそうだ(笑い)

     

    私そのものが仮想なんだという。

    つまり本体ではない。

    簡単に言えば

    まぼろし  幻想  周りも幻想なら このわたしも幻想

     

    これが一番信じられないのだが(苦笑)

     

    ところで、この話は単なる観念だとか思想だと片付けてしまう人が多いだろう。

    しかし、科学者の中でもこういう考えが既に出て、それを実証実験までしようとしていることは前の投稿記事で紹介した、

     

    すごく分かりやすく解説してくれているのが、「魂のインターネット」や「アリスの殿対話」という本を書いてくれている方のHP「霊性の時代の回復」で全部読む事が出来る。

    トップ - 霊性の時代の夜明け

    現代にお釈迦さんやイエスさんが生きているとしたら、「OH! good!(おう!すばらしい)」と絶賛すると思う。
    「わしらの時代には説明する為の材料が少なかったんでねえ〜」
    「わしらの時代に説明しても皆がそれには未熟だったかもねえ〜」

    などと言うかどうかは知らないが(笑い)

     

    この現代においては、科学の進歩がそれに近づいてきたというわけだ。

    お釈迦様の手の内側から出られない孫悟空は、いくら遠くへ飛んでいっても手のひらの内だと思い知らされたのは、人間猿にもなんとなく通用するのかもしれない。

    それは自分で創っている仮想現実だから、自分の思いが範囲になるから自由無限というわけだ。

    制限付けようとすればそれも無限の制限が付けられるから範囲もすごく狭まるのだろう。

    いままでは、その狭まる範囲を創り出して、条件だの規則だのいろんな制限いっぱい創り出して、その中で烏賊に自由に生きられるかという、相矛盾したような人生劇場を楽しんできたのだろうか。

    その「楽しむ」の中にすべてが入っているとしたら、怒りも悲しみも苦しみも含まれるという・・

    そんなバカな!
    こんな理不尽な世の中を誰が好んで創るというのだ!!

    たいていの人は(もちろんボクもだが)、そう怒りの言葉を吐くだろう。


    それが自分も含めてすべてリアルバーチャル、仮想現実だとすれば・・・・

     

    なんだゲームの中で本気で無我夢中で遊んでいるすがたではないか。

    しかし、頭では分かっても心は納得できない。

     

    それほど、上手く出来ているからだ。

    半端なリアル感ではない。

    どう逆立ちしてみても「これは現実だ!!」と叫ぶしかない。

     

    だから、無理に感じようとしても、それは無理なのだろう。
    だって、自分がその仮想なんだから、仮想の場に居て「これは仮想ではない」などと思えるのが土台無理なのだろう。

    ボクが書いても全然説得力がない
    そりゃそうだ。
    ボクが全然実感できないからだ。

    話は分かる・・・いちおう。

    どう転んでみても、この世は「ゼッタイ!!」現実なんだ!!!!

    そう叫ぶしかない。

     

    でも、知ってしまった。
    このHPを読んでしまったばっかりに(苦笑)

     

    居るんだねこういう研究者も 「我々の現実は実は全てコンピューター内に作られた仮想現実」…研究者 ... 我々の現実は実は全て仮想現実?: tak shonai's "Today's Crack" (今日 ...

     

    ↓この何兆億倍もうまく出来ているのだろうか。 ボクのいま居る(と思い込んでいる)世界は
    遂に現実と虚構の区別がつかない仮想現実 体験装置が登場

    黒田知宏の研究紹介: 仮想現実感

     

    初歩的な実験

    人間が仮想現実にてネズミとコミュニケーションする実験が行われた件 ...

     

    最期にもっと詳しく書いてあるブログから

    私たちの3次元世界は仮想現実のホログラムで成立している:新時代の ...

    一部転載

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

    (ここから)
    私たちは日々の生活をしている中で、全てがホログラムの投影であることに
    気が付いていないのではないでしょうか。私たちが実在していると信じている
    全てのモノ、つまり私たちの物質世界は、実際は、ホログラムでできた宇宙
    が創りだすイリュージョンなのです。これは、20世紀における最も注目すべ
    き理論です。

    私たちの脳は、エネルギー・フィールドを解読し3次元の映像に変換しますが、
    その時に物質世界のイリュージョンを創造します。実際に宇宙には物質が存
    在するように見えますが、これは、一種の3次元の投影でありホログラムの
    世界でしかありません。私たちの脳は、空間と時間を超えた、より深い式次
    第である他次元からの周波数を数学的に解読することにより客観的実在を創
    りだしているのです。

    脳自体が、ホログラムの宇宙に包まれたホログラムの世界なのです。
    (これは、新たな方法で世界を見るボムとプリブラム理論の要点を説明した
    ものです。この理論は驚異的かつ刺激的ですが、世界で最も有名な2人の
    科学者の生み出した理論です・・・科学者についての詳細は省略。)


    この2人の科学者は、量子物理学で遭遇する様々な事象や脳の神経生
    理学に関する”なぞ”を説明できない標準的な理論に不満でした。そこで、
    1982年にパリの理論応用工学学会の物理学者アライン・アスペクト氏
    をリーダーとした研究チームが、注目すべき実験を行いました。

    horogram01.jpg

    私たちの宇宙を構成する素粒子の集合によって形成されるウェブ(リアリ
    ティーの織物と呼ばれます。)は、まぎれもなくホログラムの特性を持って
    います。宇宙に関するホログラム理論は、私たちが知るリアリティーだけ
    でなく、説明のつかない事象も総合的に説明しています。また、超常現象、
    臨死体験、テレパシー、リアルな夢、その他数々の現象についても説明
    することができます。このホログラム理論は、科学的にも実験により証明
    され多くの支持を得ています。それらの実験結果により、宇宙はホログラ
    ムであり、決して実在するものではないことが証明されました。これは、
    20世紀における最も重要な実験の一つであり、科学に対する考え方を永
    久に変えることになるでしょう。また同僚である他の2人の研究者(ジーン・
    ラリバードとジェラルド・ロジャー)とともに行った実験では、ある一定の条
    件下では、電子などの素粒子は、互いの距離に無関係に瞬時に交信でき
    る特徴があることを発見しました。お互いに10フィート離れていようが、
    100億マイル離れていようが関係ありません。素粒子は常に他の素粒子
    が何をしているかを常に把握しています。
                
    horogram02.jpg

    この研究結果は、光の速度よりも早く到達する伝達手段はないというアイ
    ンシュタインの有名な理論をくつがえすことになりました。光の速度よりも
    速く進むということは、時間のバリアを壊すことに等しいのです。このよう
    な手ごわい研究結果に反論するために巧妙な言い逃れをしている物理
    学者もいます。しかし、その後、物理学者の中には、さらに急進的な理論
    を展開している人もいます。つまり、物質が存在するように見える宇宙は
    実在せず、全ては幻想であり、巨大で素晴らしく巧妙なホログラムである
    としています。研究者のカール・プリブラムは、この宇宙には少なくとも私
    たちが見たり、理解している物質世界は存在していないことに気が付きま
    した。
    プリブラムは、「宇宙は、波動と周波数しか存在していません。それらを私
    たちの脳がイメージに変換することで、物質に見える世界が創られている
    のです。私たちの脳が、私たちが見たり体験する全てのモノを創りだして
    いるのです。私たちの脳は物質を創りだすだけではなく、空間と時間も創
    っています。」と言っています。
    2人の共通した研究結果であるホログラムの宇宙理論 は素晴らしい理論
    です。しかし、研究者のボムでさえ、自分の理論も含め、どの理論も絶対
    に正しいとは言えないと信じてきました。将来、最先端テクノロジーが開発
    され、これらの科学者の理論に基づく試験が行われ、実際に正しかったの
    かどうかが分る日がくるでしょう。
    (ここまで)

    また、私たちの3次元世界は平行宇宙(マルチユニバース)のシャボン玉の
    一部だと考えている人もいるようです。
    http://www.messagetoeagle.com/evidencepararelluniverse.php

    horogram03.jpg


    何を言いたいのかと言いますと、私たちの本質は魂であり、3次元は魂の
    究極の経験の場であろうと言うことです。
    魂は5次元より上に存在していて、そこを基点にして3次元のホログラムを
    創りだし活動させているのではないかという考えです。

    過去の宇宙はシャボン玉のように存在し、その世界とは一つの膜で隔て
    られていて、物理的に電磁構造を変えることで行き来できる可能性がある
    かもしれないということですね。つまりスターゲートの世界です。


    過去に、アメリカで行われた実験がありました。それによると、

    1948年から、真空管コンピューターの生みの親であるフォン.ノイマン博士の
    下、残された研究員と供にロングアイランドの、ブルックヘブン研究所で調査
    が始まりました。

    そこで約10年の研究が行われた結果。わかった事は、ある電磁界マトリクス
    の変化が影響して、時空間をシフトするさい、所謂”ボトル効果”が生じます、
    すると信じられない様な現象が生じるのです。

    つまり観察者から見て、被験体が透明になって見えなくなってしまうのです。
    また元々地球に存在する時間を設定する電磁背景マトリクスから切り離され
    てしまいます。

    とあるように、私たちの肉体はこの3次元の物理的マトリックスに固定されて
    いますが、魂は固定されていないようだと述べています。

    坂本正道著「分裂する宇宙」、浅川嘉富著「UFO宇宙塵アセンション 真実
    への完全ガイド」などにあるように、私たちの大元は魂の集合体であるソース
    が源であり、そこから分魂して今の肉体に入ったのが私たちであるということ
    です。すなわち、私たちの大まかな指令はソースから来ていて、ある程度の
    計画は立てられていますが、私たちには自由意志と選択の自由が与えられ
    ているので、未来はいかようにも変化することになります。


    宇宙は無数に存在していて、私たちの思考次第で次から次へと新しいバブル
    宇宙が生成され、未来は確率としてこうなるだろうという宇宙がすでに存在し
    ます。しかし、あくまでも未来の宇宙は確率的に存在するだけなので、選択が
    異なった時点で新たな宇宙が形成され、こうなるだろうという宇宙はその時点
    で消えてしまうのではないかと思います。


    前述のアメリカで行われた実験でも、未来を覗き見たり、未来へ実際に行った
    ようですが、複数の未来が存在し、必ずしもその未来とならないという実験結
    果と、過去に戻り、タイムラインを変更したところ、その先の未来が消えてしま
    った(嘘のような本当の話のようです)という事実から考えると納得できます。


    従って、アセンションも私たちの意識次第であると言うことです。
    望まなければ自分自身に到来しないし、望めば到来する可能性があるという
    ことになります。しかし、魂のソースも同時にアセンションを選択することになる
    ので魂のレベルで、「3次元を卒業する」という合意がないと実現しないと書か
    れたサイトもありました。

    あと、2ヶ月半になってしまいました。どうなるか楽しみです。
    以上、私自身の妄想みたいなものですので、関心がない方はスルーして下さい。

    ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

     

    あと2ヶ月が、あと何日になってしまいました、例のマヤの暦の終わり。

    「終わりは始まり」

    となると

    「夜の時代」が終わり「昼の世界」が始まる
    「分裂」から「融合」へ
    マラソンの折り返し地点が今年の冬至あたりなのか?

    いままでの世界に飽きた人は折り返し地点を楽しみに

    しかす、まだまだやりたい人は、人の足を引っ張ってはいけないよ。
    あんただけ好きな方向に行けばよいさ。
    だれも止めないから。

    ボクはついていかないからね。

     

    杉作よ、世界の夜明けは近い・・・・

    ふ〜〜ん・・

    天狗のおじさん、ボクもアセンションできるの?

     

    そりゃあ、おまえ好きな事をして汗をかきな。
    そして

    好きなところでションするんだ杉作よ

     

     

    オイ、ダメじゃないか・・・
    そんなところで立ちションはいけないよ、坊や

     

    だって、天狗のおじさんが・・・

    あれ、居なくなった・・・

     

     

    おじさ〜〜〜〜ん、てんぐのおじさ〜〜ん

     

    (なに!鞍馬天狗と杉作の関係性を知らない?)

     

     

     

     


    0 0

    勘違いさせて不安恐怖を抱かせる狂団

    先輩として(苦笑)弁明しておきます。(大苦渋)

    にんげんは勘違いしてナンボ

    嘘とねつ造とインチキを確りと定着させるには

    勘違いが一番!!

    ってね。

     

    今年の冬至あたりを世界の滅亡と勘違いしているのは
    中国の騒動ばかりではなく他国でも起こっているようです。

     

    ま、今回の落選した国会議員さんにとっては

    人類の滅亡?そんなことよりこっちはもっともっと大変だ!

    そんな他人のことなど知ったことじゃない!!

     

    と一括されるかも(笑い)

     

     

     

     

    勘違い間違いだらけのこの世界

    だから

    ちょっと立ち止まって

     

    人類滅亡?

    いま全世界の人類は常識で言えば

    ほぼ100年前後で死滅する!!

     

    これ常識ですね。

    人間の平均寿命が今のままで  という条件で

     

    だから、一度にいっきに死ぬかどうかなどは個人個人には

    あまり

    関係なく

    みんな死んでしまうんですよ、あなた。(ワタシも)

    当たり前だのクラッカー

     

    で、死をものすごく恐怖するのはなぜか?
    そこから、こういう騒動が出てくる

    中国「終末論デマ」広がり警戒強める

    某NHKニュースで放映してましたね、今朝。

     

    これはマトリックスの世界では恐怖。

    しかし、自然界では当たり前だのクラッカー

    そういう形にしたんですから。

    死は幻想

    じゃあ、生は?

    これも幻想の中   OH!!

     

    その詳しい話は

    トップ 総合目次 霊性の時代(A) アセンション(E)


    で、マヤ歴の終わりとアセンションですが

    ボクの言うような汗とションで浄化する

    ってような話じゃないですよ。

    信じた人には申し訳ありませんが(居るか!)

     

    これから起こることは、いろいろ諸説有りますが

    いや、すでに始まっているという説もあります

    まあ、大根の輪切りのようには行かないでしょうが、
    どこかを折り返し地点とすると今年の冬至あたりというらしいのです。

    もう詳しい話はあちこちにありますが

    ようするに僕らの内面から変容するような切り替えが始まるというようです。

    この世界は個々人が見ている(実体験しているかのように出来ている)世界だと
    上のHPや出版本で解説されていますので、そちらを。

     

    とにかく、人類の滅亡が大根の輪切りの様に起こることはまず無いようです。

    ただ90歳とか100歳のひとにとっては、滅亡がちかいかも(笑い)

     

    死は幻想だと言うから、死は生の裏返しに見た現象。

    しかも生も一種のイリュージョンだとすれば

    なんだ、幻想の世界を見がかわるだけか・・・

     

    見る夢が変わると事はこの世界も変わったように見えるのか

     

    それは個々人で異なるのでしょうがね。

     

    下のブログでうまく解説中

    宇宙のこっくり亭

     

     

     

     

     

     

     


    0 0

    たぶん、これがいま一番真実に近い鴨葱。

     

    マヤ暦の最後の日(2012年12月21〜22日頃)について

     

    笑念場はこれからだそうです。

    まあ、笑ってこのゲームに参加賞。

     

    マヤ歴と地球の滅亡はまったくの無関係

    恐怖に陥れるのはエネルギーの大食漢が流している「そっちの水は辛いぞ」

    じゃあ、

    急にアセンションは「こっちの水は甘いぞ」

    かい?

    いくら知っていても誰もわからんぞ、なめてみなけりゃ。

    心配いらん

    もう・・・・

    あれ! あさってじゃないか!!

     

     

     


    0 0

    真実とはその人にとっての真実であって、他の人にとっての真実では無い。

    なるほど〜〜

    ひとりひとりの宇宙があるというのはそういう事か・・

    他人の真実に合わせると、そういう世界が現れやすいが
    その人にとっては真実では無い・・・の鴨葱

     

    魂のインターネット

    という本によると

    ひとりひとりの宇宙を写しているという幻灯器をひとりづつ持っているらしい。

    だからどんなスンゴイ人でもその人の世界でしか無い

    みんな自分にとっては助手なんだ(笑い

     

    この世界の主人公はすべて「わたし」の世界。

    ゆえにいかなる聖者といえども

     

    妄信してはならない、鵜呑みにしてはならない

    わけか・・・

    ボクはそれをやって来たけどね(臭う、じゃない 苦笑

     

    丸写し

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

    霊能力、霊能者、霊的世界について一言

     

    世の中には、霊能力があると言われる人、いわゆる霊能者と呼ばれる人達がいます。
    そして、霊能力があると思っている霊能者の中には、自分に霊能力があるという事が、何か偉い事であったり、特別な事であるかのように、勘違いしている人達も多いかと思います。
    そして、自分が霊的に見えたり聞こえたり感じられた事が、あたかも真実そのものであるかのように、勘違いしている傾向も見受けられます。

     

    また、霊能力というものに憧れている人達は、世のいわゆる霊能者と呼ばれる人達の事を特別視し、霊能者の言う事を、安易に信じ込んだりする傾向があります。
    しかし、いわゆる霊能者と呼ばれる人達の言う事を、盲信したりしないように注意する必要があるかと思います。

     

    世の中には、いわゆる霊能者と呼ばれる人達がいますが、その中には、ごく稀にですが、驚くべき霊能力を持った人も、確かに存在します。
    宗教の教祖を務める役割を担った人などの中には、ごく稀ですが、驚くべき霊能力が備わった人も、確かに存在します。

     

    しかし、だからと言って、その霊能者が言う事を、100%盲目的に信じ込んだりしないように注意する必要があるかと思います。

     

    どんなに優れた霊能力の持ち主であったとしても、その人に見えたり聞こえたり感じられたりする事の全てが、100%正しいという事は、まず無いと思います。
    ましてや、世にいわゆる霊能者と呼ばれている人達の言う事など、とても真に受けられないような事がほとんどではないかと思います。

     

    何かが見えたり聞こえたり感じられたりという、いわゆる霊能力があるという事が、別に偉い訳でも優れている訳でもありません。
    何が見えているのか、聞こえているのか、感じられているのか、そして、それが本当にそうなのかどうか、という事が肝心なのであり、霊能者本人には、分からない筈です。

     

    ですから、もし仮に、自分に何かが見えたり聞こえたり、感じられたりしたとしても、それが何か絶対的な真実であるかのように勘違いしないように気を付ける必要があります。
    それが本当にそうなのかどうかは、自分では分からない筈です。
    自分に、何かが霊的に見えたり、聞こえたり、感じられたりしたとしても、それらの事に、あまり囚われない事が大切です。

     

    その事は、別に、偉い事でもなければ優れた事でもなく、それが本当にそうなのかどうかは、分かりません。
    むしろ、ほとんどの場合は、幻想にしか過ぎないかも知れません。
    もし仮に、自分に霊能力があったとしても、それが何か特別な事、優れた事だと勘違いしないようにするだけではなく、自分の霊能力が、何か絶対的に正しいものだと錯覚しないように注意する必要があります。

     

    ましてや、他人である霊能者が言っている事など、とてもそのまま鵜呑みにする事は出来ません。
    きちんと自分自身で審神(さにわ)して、盲信しない事が大切です。

     

    また、霊的世界というものに囚われている人達も多く見受けられます。
    目に見えない世界、霊的世界というものが、本質の世界であり、絶対的な世界であるかのように勘違いして、そのようなところを語って人々を導こうとする人達も見受けられます。

     

    霊的世界と呼ばれている世界も、所詮は相対世界の中のある領域のものであり、周波数が違うだけであって、別に本質の世界でもなければ、絶対の世界でもありません。

     

    この大宇宙の本質である絶対世界に唯一実在しているのは、唯一にして絶対、至高の存在であり、全知全能の存在である、大宇宙の根本創造主の純粋意識のみです。
    私は、便宜上、大宇宙意識と呼んでいます。
    それ以外のものは、全て相対世界のものであり、所詮は幻の世界の中の領域のものなのです。

     

    私達人間は、確かに霊的な存在です。
    私達人間の本質は霊魂であり、大宇宙の根本主体である大宇宙意識の分霊(わけみたま)です。
    しかし、大宇宙意識の分霊である霊魂が、自分が「想像=創造(そうぞう)」した世界を体験し、味わう為に、肉体の衣を纏(まと)って、今、この世界に存在していますので、体験する事が全てです。

     

    本源の我、真我である、我が魂が「想像=創造(そうぞう)」した世界をきちんと体験して味わう事が大切であり、今日一日をいかに生きるのか、さらには、今この瞬間をいかに生きるのかという事が、とても大切なのです。

     

    真のリアリストとして、今、目の前の現実をしっかりと生きる事が大切なのです。
    目に見えない世界、霊的世界というものに意識を向け過ぎる事は、囚われとなり、迷いとなります。

     

    霊界からの通信のようなものをいくら読んでみたところで、あるいは、死後の世界を見て来たという人の話をいくら聞いてみたところで、それが本当にそうなのかどうかは、本当のところは、よく分からない筈です。
    そのような本をいくら読んでみたところで、知識だけは一杯増えますが、自分でもよく分からない概念で頭が一杯になり、自分を見失ってしまう懸念もあります。

     

    霊能力、霊的世界などに囚われている人は、これから最も進化が遅い類の人達かも知れません。
    何故なら、自分が見える事、聞こえる事に、囚われているからです。
    あるいは、他人である霊能者に見えている事、聞こえている事に、囚われているからです。
    そして、自分でも本当のところはよく分からない概念に囚われているからです。

     

    新しい地球というのは、霊的世界の向こうにあるのではありません。
    霊的世界、霊能力などに囚われなくなった先に、新しい地球、新しい世界はあるのです。
    現実レベルでの大変革の向こうに、新しい地球は誕生する事になります。

     

    物質文明の次に来る新たな精神文明、花咲く都・黄金文明、宇宙時代の幕開け、「至福千年王国」は、最早、霊的世界などに囚われなくなった、ある一定数の日本人を中心にして花開く事になります。

     

    ーーーーーーーーーーー以上ーーーーー

     

    宗教も科学も似たようなところが有りますが

    特に医学という科学的宗教(笑い)には、

    妄信、鵜呑みが多いのではないかと他人様のことはよくみえるもので

    ございます。

     

     

     

     

     


    0 0

    また股助手さんに書かせておきました。(笑え

     

     

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

    10 人中、9人の方が、このレビューが参考になったと投票しています。

    5つ星のうち 5.0 薬漬け 無理がまかり通り出した 2012/9/24
    By あかさたなあかさたなはまやらわん
    形式:単行本
    正しいことが通らない。正しいことを正しいと言えない。多剤大量処方など間違っているに決まっている。患者を悪くする一方。それに対して意見も言えない。言ったら飲まされ増やされ。しかしそれは自分にも返ることになるだろう。今は治療者達はなすすべもなく飲まされ続けている患者に憐れみも感じているだろうが患者ほどの苦痛もなく被害もない。精神科に来たばかりにやりようのない立場に立たされただ泣くばかりだ。自分は何十年も薬を飲まされ必死の思いで断薬して副作用報告したのにまた飲まされている。薬の副作用を言ったら増やされるばかり。全く無理がまかり通る。しかしこんな状態は自分たちにも返ってきますよ!と言ってあげる。瀬戸内寂聴さんも今の日本の状態を憂えてますよ。意見が言えない言論統制のような。まるで戦争突入前のような言論が言えない状態。今、何とかしないといけないと思います。本当に今、肝心な時だと思います。
    コメント |
    このレビューは参考になりましたか?
    43 人中、33人の方が、このレビューが参考になったと投票しています。
    5つ星のうち 5.0 日本人は全員読んだ方がいい 2012/4/24
    By 心身の健康が第一
    形式:単行本|Amazon.co.jpで購入済み
    薬は異物であるから決して身体によいものではない。
    よく考えれば誰にでも分かる簡単な事実にも関わらず、
    日本人は病院や薬が大好きだ。
    薬をもらえないと文句を言う患者も多いくらいに。

    これは薬が大量に売れればほくそ笑む(儲かる)人たちが、
    うまくマーケティングしたおかげである。
    病人(対して病気でもないのに病名がつく)が増えれば増えるほど、
    彼らは微笑むのである。

    知性があればそんなこと分かるはずなのに、
    人は身近なことこそ疑問をもたない。
    いいかげん、日本人には目をさましてほしい。
    今の日本の医療を見ていると医療費を本気で削減したいとは到底思えない。

    薬が無かった時代に日本人は様々な方法で体調管理をしていた。
    私は江戸時代の呼吸法で驚くべき健康体に戻った。
    薬でも医者でもなく、
    頼るべきは自分の高い自然治癒力である。

    日本の大いなる問題に気付かされる名著である。


    ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

    これは↓の本の感想文でした。

    日本の「薬漬け」を斬る―薬は万能ではない!患者は必要以上に薬を飲んでないか? 内海 聡、 中村 信也 (2011/2)

     

     

    なんでこういう情報が隠されてきたのか?

    だって自然治癒力第一なんてホントの事言ったら

    逝ってしまうでしょ

     

     

    だれが?

     

    そんなこと言えやしないわ。フッフッフ・・(野口さん

     

    でも原発村に学べば分かる鴨葱

     

    すげえ 「私物国家〜日本の黒幕の系図」

     

     

     

     


    0 0

    鴨葱の皆さん

    御祝いですよ!おいわい!!

     

    こんなに嬉しいことは無い!!

    ついに、ついに、ついに〜〜〜〜

    和酢は発見したのだ!!!

     

    それは昨日起こった。

    午前つうから始まった。
    午後になってもまだ続いた。

    まったく同調できなかった。

     

    寝る前に和酢は誓った。

    いや、願った。
    わたしのガイドに、

    いや、高次元の和酢にかも?

     

    そして、今日の朝起きたとき

    さぶい

    しょぼしょぼと布団を片付けた
    敷きっぱなしにしとこうか・・・などは

    ない!

    それだと 

    ちら喝破なしの部屋、足の踏み場が無くなる。

     

    ふとん片付けてから

    昨日そこを見たのに見つからなかったところをもう一度

    いじくってみた

     

    あった〜〜〜〜〜〜〜〜

     

    この喜びは天にも届く勢いだった。

    ああ、人生産まれてよかったあ〜〜

     

    人類よ、失うものはなにもなかった。

    ちゃんとあるのだ、そこに。

     

    ただ、見付けることが出来なかっただけのこと。

    それは必ずいつか見付けることが出来るという

    確信

     

    そうだ、にんげんは意図すれば見付けられる。

    それはそこに既に有るからだ。

     

    いままで何千年、何万年探し続けてきたもの

    それはあったのだが

    見つけられなかった・・・

    暗かったからだろうか、闇に包まれていたからだろうか・・・

     

    しかし、杉作はこのまえ聴いた・・

    天狗のおじさんから

    「夜明けは近い」

     

    そう、その夜明けがついに北野たけし

     

    だから、もう不安がることは無い
    同調することだ。

     

    汗とションをして同調するのだ

    (まだ勘違いしているようだが・・)

     

    だいじょうぶ。かならず見つかる!

    あなたが永遠のような気がしていたさがしものが

    かならず見つかる

     

    夜明けになったからだ

    ついに昼の世界へ

     

    朝だ、朝だ

    目を覚ませ、みつかるものがみつかる時が来たのだから

     

    ーーーーーーー

    ここまで読んだ方は上記の分はあまり意味がありません。

    本の表紙の帯がどうも違っていたそうです。

    ・・???

    さがしていたものの正体は一番下に
    ヒント(二万一千堂で買いました)

    ーーーーーーーー

     

    ここから本番

    (前ぎがヘタすぎるって?)

     

    本当の御祝い

     

    まずはアセンションの大御所、小松英星さん

    http://homepage3.nifty.com/gaia-as/2012act11.html

    そして

    こちらの大御所より


    2012年12月21日、ついに
    地球の夜が明けました。
    今後新しい記事は、

    黄金時代の遊び方 ←

    に掲載します。





     

    さらに冬至前後の地球の大変化について

    ここにメッセージあり

     

    特に21日前後のメッセージを確かめてみませう

     

    あとは自分次第のようです。

     

    でも、自分が見る世界は大変化を起こすのは確実のようですよ。

     

     

    なにが起きても大丈夫のこころだ〜〜(小沢調で)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ーーーー

    答・・・・頑強な心

    え? 頑固な君は分かっているけど・・・・
    だって、二万一千堂って言ったヒントはどうなるの?

     

    あ、いえね・・・どうも・・・・

    消費税入れると弐萬円堂はいま二万一千堂となるのね

    と言うことは・・・・

     

    当たり〜〜〜〜

    (よく失うんですよ 苦笑)

    頑強なここを無くして、またひろったの、あんた?

     

    あ! 祝い事じゃなくなる!

     

     

     

     

     

     

     


    0 0

    年末年始のヒマな方

    いやヒマを作ってまで聴きましょう。

    2013年からいよいよ医療の世界は激変します(だいよげん)

     

    そのまえに心の準備がひつようです。

     

    原発神話の次は医学神話へ

    これから本番

    ただし、これは外からどうこうしようとするものではありませんね。

    自然のなせるわざ

     

    反自然だったら自然に戻されるというだけのこと。

    現代医学が自然に沿っているならなんら心配はありません!

    だいじょうぶ

     

    そうでなかったらの場合を想定してのこころのじゅんびです。

    これ聴いて驚いてしまうでしょうが、

    こんな事はある日本人が80年も前に書いておいたことですから

     

     

    医療過誤、医猟犯罪問題 内海聡先生と船瀬俊介対談2回目


    0 0

    ちょっと早いんじゃないの?

    いえ、どうでもいいのです

    っていい加減丸出し

    で、今年も(あ、来年か)年賀状欠礼します。

     

    あなた、ひまでしょう。

    え、いそがしい?

    うそ!ひまでなかったらココのぞいているわけありませんっ

     

    だからひまなんです。これ読んでいたらね。

    ひまならこれをまた聴くとよいですよ。
    と押しつけてと。

    でわ、今年もよい年でありますように。

    12/29)本当の免疫とは何か、お医者さんでさえ知らなかった種痘の真実
    (12/29)トンデモ免疫論 おじいさんとの対話8
    (09/28)簡単版   【ウイルス、細菌の自然発生説】のヒント集 簡単版   【ウイルス、細菌の自然発生説】のヒント集 ウイルス、細菌は体内から自然発生
    (08/31)毒素とは何か

     

    米 忙しいひとは音声だから携帯プレイヤーに落として

    ながら族でどうぞ。

     

    いまのうちです。

    そのうち誰か引き取りに来るかも(笑

     

    杉作よ、もう夜が明けてしまったんだ
    わしは去る

     

    天狗のおじさん

    どこへいっちゃうの〜〜

     

    カラスとなって天空じゃ

     

     


    0 0

    今年も僕の清心性は変わりませんが

    朝から猛烈に降っています。

    しかも重い。
    正月から雪下ろしになる所がありそうです。

    写真は数年前のお古です(藁

     

    のんびりテレビでもと・・・

    せっかくの今年の初めにお笑い番組もよいでしょうが

     

    下の動画これはあまりにも凄すぎて、かえって大笑いしますね。

     

    証拠調査士 エビデンサー 平塚俊樹先生 船瀬俊介 医療過誤問題など


    0 0

    今年は医療の革命実行元年となります。

    革命?

    いやね、これは自然現象の結果起こる現象でして。

    ボクがあれこれどうこうしようって事じゃ無いんですね。

    そのまえに前知識として

    医療過誤、医猟犯罪問題 内海聡先生と船瀬俊介対談2回目 正月から大嗤い番組で餅をつかえないようにご用心しながら見てみる対談 これをしっかり聴いてからね。   これも 土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2013年1月3日 今年も非常識で    

    自然現象として?

    そう・・・今までの自然現象がけっこうキツク変わってくるということです。
    しかもどんどん加速して行くという。

     

    ほんとかい!

    それは気づかないといけませんけどね。

     

    じゃあ、具体的には?

    薬の効果の持続性が短くなる
    ひとによってはすごく短くなるので、急変することがある。

    それによって、患者も非患者も気づくことが多くなる。

     

     

    非患者?

    まあ、医療側のラインにたっている人たちというのかも。

    なんだ・・

     

    いやいや、なんだじゃなくて〜〜

    これから嫌でも起こりえる現象だから、相手からも気づかれる度合いが
    うんと増えたらどうなるかも考えてよね。

    ??ん?

    だからあ〜〜
    いままでの治療法が常識だったんだけど、
    それがあまり結果が良くなくなるから(悪くなるから?

    患者さんの方からいろいろイチャモン付けられる機会が増えるという・・

     

    おいおい、なんてこと言うんだ!

    いや、これはもう理屈や理論の世界を通り越して実際に自然が動き出したという
    ことね。

    動き出した? なにがどうなるって?

     

    だから、言ったでしょ。

    固め方法(抑圧方法)ーーー対症療法==現代医学の基本

    自然の働きからすると力が無くなってくるって。

    だから

    溶かす方法(解放方法)ーー根本療法=自然療法の基本

    潮目が変わったんですよ。

     

    それが具体的に言えば、強い(効果ある)薬が逆に強い害作用を起こす

    弱い薬は効果も薄いから徐々にだけど

    いままで効果が強い(主作用が強い)と言われてきた薬ほど
    その反作用が強く出始めるというわけさ。

    それを体験的に味わう人が増えるとどうなるか・・・

     

    あとはもう自分で考えるとして

    気の毒なのは現場のお医者さんだね

    だって教えられ習った事に従ってきた医療でしょ。

    医療の常識が自然からかけ離れていたと気がつく時

    それはショックでしょうよ。

    もちろん患者になる人もダケド。

     

    それは仕方ないのね。

    人類の共同謀議(苦笑)

    というか、この世界で喜怒哀楽体験ツアーゲーム(ながいぞ)
    の背景設定に欠かせないのが、病気、貧乏、争いでしょ。

    そのなかでどうにか泳いでゴールという体験ツアーでもっとも重要な
    アイテムとして病気ね。
    その病気を治してはいけないのね。

    ぴんぴん丈夫だけだったら、面白くも何ともないじゃないか!!

    白い顔して、吐血してさ(昔はみんなこれね、肺病)

    で、いまは一ランクあげて骨皮になって去って逝く(癌)とか。

    ぜんぶ、昔から巻いてきたタネが実った結果でしょ。

    治しちゃ行けない、治すどころかむしろ造り出す医療が必要だったのね。

    みんなで錯覚して共同で創り上げたんだから、玉玉、いまお医者参加も
    しれないけど、もう最後の仕上げ段階だから、損な訳についたわけね。

     

    しかも、無知蒙昧な患者属たちからは

    「それやれ、ほれやれ」と催促されるでしょ。
    「あんた、なんで注射うたんのや!」
    とか
    「せんせ、とびきり上等なお薬をチョウダイね」
    とか
    せっつかれて
    それをしなかったら

    なんかあったときには
    「やい、治療もしなかったツケを支払え!」
    とばかり

    お上に訴えられるし。

    ぎゃくに
    打ったり飲ましたりして結果が悪く出ると
    「医療過誤」だと

    また訴えられる。

    押しても引いても訴えられる損な立ち位置でしょ。

     

    だから、いまでは製薬メーカーとお友だち関係の学者さん達
    の作ってくれた

    ガイド来院  いや、ガイドライン

    に忠実に従っていれば

    なにがあってもダイジョウブという信教でしょし。

     

    前門の虎肛門の痔

    あとはもう社会の流れにそって流れて行くしか無い・・

    どうもがいても阿寒湖

     

    しかし、

    自然はまってくれない  シェーーン、カムバック

     

    どうしても、これから自然現象が人間様の都合に合わせてくれなくなる

    そんなとき

    このブログのどこかにヒントが満載

     

    どうしたらいいべか、どうしたら得になるのか(徳じゃ無い、人間は得でうごくから)

     

    それは自然に合わせる事

    それしか道は無い

    もう自然界は反撃(じゃないな、ごく自然現象に過ぎないから)が始まっている
    感染症という姿も自然界の中での当たり前の現象に過ぎない。

     

    現代西洋医学はじつは古い医学なのだ。

    もう自然に合わないから
    結果が悪く出る

    これからは自然との共鳴に限る

     

     

    そういう意味で新しい医学を学べば良い

    むずかしそ〜〜

    そんなことはない!

     

    だって、

    ボクさえも

     

    知ってるんだモ〜〜〜〜ン

    (おい、年幾つになった?)

    まあ、ぜんぶ知っているわけじゃ無いけどね。

     

     

    で、まずは超初心者用に
    お医者さん向けにぴったりの

    ネット講座を用意させてもらった!

    (これって昔からあったような・・・)

    siーーーー

    トンデモ医学論講座

     

    おい、ボソボソしゃべるな!
    どしろうと丸出しジャン!
    ねむくなるなあ・・・

    上記のような否定的な方はおことわり致します。

     

     

     

    続編は希望者には直接間接に教えます。

     

     

    じゅんび?

    そんなもん、ちゅうもんがあってからでもおそくはない

     

     


    0 0

    これも注目ですね。

    これ全部聴いたら当ボロ愚もブログに昇格するかも(笑い)

     

     

    医療過誤、医猟犯罪問題 内海聡先生と船瀬俊介対談2回目


    0 0

    « サイトマップに戻る

    mp3「医療の犯罪」千人の医師の証言集 パスワード入力で公開 Twitterアカウントを持っている人に公開 「ウイルスと細菌」を読む   パスワード入力で公開 Twitterアカウントを持っている人に公開 購読者 に300円で公開   「バイ菌の逆襲」を読む   パスワード入力で公開 Twitterアカウントを持っている人に公開 購読者 に300円で公開   「バイキンマンとの対話   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開 購読者 に300円で公開   「免疫革命」を読む   Twitterアカウントを持っている人に公開 「危ないぞ予防接種」を読む   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開 購読者 に200円で公開   「免疫革命ーアトピー性皮膚炎」を読む   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開 購読者 に300円で公開   「岡田茂吉、講話、質疑応答」読み上げ   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開 購読者 に300円で公開   「岡田茂吉医学論集」読み上げ   @akyooon がフォローしている人に公開 購読者 に300円で公開   「抗がん剤は効かない」を読んで   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開 購読者 に300円で公開   「検診で寿命は延びない」を読む   Twitterアカウントを持っている人に公開   「自然力」岡田論を読む   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開 購読者 に300円で公開   「病気症状の解剖」を読む   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開 購読者 に300円で公開   「毒と薬」を読む   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開 購読者 に300円で公開   「病気の解剖」口語版   @akyooon がフォローしている人に公開 購読者 に200円で公開   「薬の裏側」を読む   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開   「薬無しで生きる」を読む   パスワード入力で公開 Twitterアカウントを持っている人に公開 購読者 に200円で公開   「逆襲するばい菌たち」を読む   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開   ひのもと医学講座   パスワード入力で公開 Twitterアカウントを持っている人に公開   今年はどうするインフルエンザ   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開   世界医薬産業の   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開   ホメオパシー抗体論   @akyooon がフォローしている人に公開 購読者 に300円で公開 ウイルスとの共生   パスワード入力で公開 購読者 に500円で公開 医学「手引き」音声読み上げ   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開   医療の犯罪   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開   医療妄信の危険!   Twitterアカウントを持っている人に公開   岡田茂吉「医学論」を聴く   パスワード入力で公開 @ の相互フォロワーに公開   本「薬無しで生きる」を読んだ   パスワード入力で公開 購読者 に1000円で公開   岡田茂吉論文「医学の革命書」を読む   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開 購読者 に300円で公開   本「毒と薬」を読んだ   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開   医者が患者を・・   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開 購読者 に300円で公開   病原菌は賢い   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開   病気と精神の関連   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開   間違いだらけの予防接種   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開   (wma)医者が患者を   パスワード入力で公開 @akyooon がフォローしている人に公開   mp3「医療の犯罪」千人の医師の証言集   パスワード入力で公開   コナンドイルのスーパー・メッセージ   パスワード入力で公開 @akyooon をフォローしている人に公開 おじいさんとの対話3  

     


     

    TITLE:忍者ボックス リスト
    DATE:2013年1月26日(土)


    URL:http://akyoon.sdbx.jp/%EF%BD%8D%EF%BD%90%EF%BC%93%E3%80%8C%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%81%AE%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E3%80%8D%E5%8D%83%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E3%81%AE%E8%A8%BC%E8%A8%80%E9%9B%86/


    0 0

    薬を使わない医師

    じゃあ、やることが・・

    いえ、お医者さんは患者に安心を与える役目があります。

    これが一番大事なこと。

     

    自分の治癒力に余計な事をしない。

    症状は回復の過程。

    本当に大切な場合は処置します。

    「白衣を着ない小児科医」真弓定夫先生インタビュー2010年12月21日


    0 0
  • 02/01/13--04:13: 細菌の投降
  • それにしても、ここ三日間おどろいたねえ〜

     

    急にアクセス数が増えた。

    どこか有名なブログかHPで紹介されたのだろうか?

    もっとも紹介と言っても

    プラスかマイナスか?

    こんなトンデモ話は信じてはいかん!

    という商会記事かも知れないが

     

    まあ、どっちでもよい。

     

    スカス、覗きに来ても大概は記事を読まない。
    よく読むのはせいぜい100分の一というのがネット社会の常識らしい。

    まあ、こちらは役目だからね。

    記事アップはもう少し続けよう。

    急に止めさせられるかも知れないからね。
    今の内、福は内、鬼も内

    家政婦は見た

    じゃないね

    「秘書は読んだ」最近の投稿

    (02/01)おじいさんとの対話 11 麻疹と日本脳炎 &医学の進歩?実は退歩?
    (01/29)おじいさんとの対話 インフルエンザ流行について
    (01/26)おじいさんとの対話4
    (01/26)おじいさんとの対話3 バイ菌有用説

     


    0 0

    ブログ書籍化販売のごあんない

     詳しくは

      案内ページ へのリンク 

     

     販売所はこちらから


    いろいろ加えました。


    わたしんちの岡田茂吉研究のブログを少し削ってPDFにて電子書籍化しました。

     


    0 0

    医療妄信の危険!を読ませてみた    http://t.co/jQTKcoXI

    「検診で寿命は延びない」を読んでみた   | http://t.co/I5bgfgUI

    「抗がん剤は効かない」を読んで みた   http://t.co/q8lVs12E

    「免疫革命ーアトピー性皮膚炎」を読む | 音声読み上げ http://t.co/VYnLrcC6

    「免疫革命ーアトピー性皮膚炎」を読む | http://t.co/VYnLrcC6

    「危ないぞ予防接種」を読む |  http://t.co/5mru1yZc

    「免疫革命」を読む | 忍者サンドボックス http://t.co/bWw7Zpzf 

    「バイキンマンとの対話 |  http://t.co/CniMlPBp 

    「バイ菌の逆襲」を読む |  http://t.co/xGgnkB3o 

    「ウイルスと細菌」を読む | http://t.co/MGHrOWza 

     

     

     

     『兄弟、親戚、友人リンク集』 http://t.co/AtWanAfb

     


    0 0

    現役の医師が語る日本の医療。

    医療崩壊は進んでいるようですが、出発点を間違った終点が近くなったという事に気づく事ですかね?

    西洋医学の対症療法(攻撃性治療法)は自然に合わなくなってきたようで、現場の医師も気づき始めたようです。

    新しい医学の見直しが始まる転換点に入った。

    では、新しい医学とは?

    じつに簡単、簡単すぎるほど。単純医学。

    安全、自然との共和、安価・・・・

    攻撃から共和、協調へ  医療の大転換期に入ったようですね。

    インタビューは、特に僕的には目新しいわけでもないけど、「医師が語る」から価値があるのです。

    価値=権威=肩書き

    僕=肩書き無し=権威無し=価値無し

    まあ、昔から同じ事言ってきたんですけどね・・

    じいさんーー90年前から
    おとうさんーーー60年前
    ぼくーーー30年前

    というわけで、むりやり369(みろく)でこじつけたりして(笑い)

     

    崎谷博征インタビュー 「1.石油医療ビジネス」

     

    崎谷博征インタビュー 「2. 病気ビジネスで儲ける医薬品の罠」

     

    崎谷博征インタビュー 「3. 医療による経済支配の奴隷から回避する方法」


    0 0

    どうやら訪問者数も落ち着いてきましたね。

    どんどんアップしていた時にはほとんど延びないのに

    アップしないで居るとアップしたりして  

    アップアップあっぷあっぷ音頭♪

     

    今回は(も)タダの貼り付けです。

    非常によくまとめたものです。 (僕から助手大賞を授与しちゃうかな←バカモン)

     

    ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

    « 「がん」を考える5〜がん腫は、非常の排毒機能

    「がん」を考える5〜がん腫は、非常の排毒機能

    【「がん」を考える】シリーズの第5弾です。
    ここまで、ガンの原因、現在のガン医療の問題、そしてガンの利権構造を扱ってきました。

    <ここまでの記事>
    「がん」を考える1〜がんの原因は「食の欧米化」・「化学物質」・「健康診断(放射線)」
    「がん」を考える2〜三大療法の罠:「抗がん剤」「手術」「放射線」は発がんリスクを高める〜
    「がん」を考える3〜癌治療は市場拡大のためにあった!?
    「がん」を考える4〜がん利権の構造(医者、製薬会社、外資系保険会社そしてその背後にアメリカがいた!)

    多くの人が、ガンは、皮膚や粘膜臓器などにできる悪性腫瘍?と理解しています。
    しかしながらこの説明だけでは、ガンは、健全な細胞を破壊して増殖し、生命に支障をきたす細胞の病気とは理解できても、なんでガン細胞ができるのか? そもそもガンとは何か? を全く説明されていません。
    そこで今回は、ガン細胞の研究で明らかになってきた新たな知見をもとに、この問題に迫ります。
    ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

     

    編集後記

    今回も題名だけで小一時間も使った(ふ〜つかれたあ〜)

    ・・・・・

     

     

     


    0 0

    医師・土橋重隆先生インタビュー (1)ガンってどんな病気ですか?

     ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー


    「50歳を超えてもガンにならない生き方」(講談社+α新書)の著者、土橋先生へのインタビュー
    ガンの原因は、「近因と遠因」に大きく分けることができます。このうち、私たちが本当に追求しなければならないのは、遠因のほう。タバコや食べ物が近因の代表であるとする?と、遠因にあたるのは。。。

    ★書籍の詳細はこちら ⇒生命科学情報室(http://seimei-kagaku.info/)

    ★土橋 重隆先生プロフィール

    (つちはし しげたか) 外科医、医学博士。1952年和歌山県生まれ。1978年和歌山県立医科大学卒業。1981年、西日本で最初の食道静脈瘤内視鏡的栓塞療法を手がけ、その後、2000例以?上の食道静脈瘤症例に内視鏡的治療を施行する。1991年、和歌山県で最初の腹腔鏡下胆嚢摘出手術を施行、その後8年間に750例以上の腹腔鏡下手術を行う。2000年、?帯津三敬病院にて終末期医療を経験、現在は三多摩医療生協・国分寺診療所で外来診療を行っている。ガンや生活習慣病には『治療の主役は医者ではなく、患者さん』と説き、全?国各地で講演活動を展開している。

     

    サムネイルー(4)病気には意味と価値がある サムネイル(5)何事も長所半分・短所半分 サムネイル6:44 医師・土橋重隆先生インタビュー(6)これからの医者と患者のあり方 13 回再生 | 4 週間前 サムネイル(3)もしガンになったらどうする? 21 回再生 | 4 週間前 サムネイル(2)ガンと心の意外な関係 31 回再生 | 4 週間前 サムネイルー(1)ガンってどんな病気ですか? 121 回再生 | 2 か月前

    ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

     いつも聴いている藤原直哉氏のネット放送で土橋医師のお話でも

    癌以外の病気の考え方が参考になります。

    (これくらい書かないとね。全部ママじゃ)

     

    医師・土橋重隆先生インタビュー(1)ガンってどんな病気ですか?

    追加

    こちらも

    土橋重隆先生:第15回健康管理コーチングセミナー




    0 0

    原因を知らずに治療をするというナンセンス

    結果を原因にしてしまう矛盾

    ほとんどの医者は何も知っていない。もしくは知らないふりをしている。

    治療ーーー治らないのに、治すふりをする

    最終目的に「治す」というものが無い医療をやっているだけ。

     

    僕の意見  全責任は患者にある。

    それは何も知ろうとしない素人役を頑として守っているからだ。

     

    テネモス講演会? 土橋重隆先生編


older | 1 | 2 | (Page 3) | 4 | 5 | .... | 70 | newer