Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

「医学革命」とは薬からの解放への「個人の気づき」の事である。雑多な情報も「取捨選択」&「鵜呑み厳禁」はセルフサービスにて

older | 1 | .... | 37 | 38 | (Page 39) | 40 | 41 | .... | 61 | newer

    0 0

     

     

    2016/08/18 にアップロード

    ~夜明け前~ ブログより
    大いなる「イベント」に向かって
    http://ameblo.jp/space-wanderer/entry...
    justの一太郎に付属の音声詠み上げソフト「詠太」に詠ませたものです。
    時々誤読がありますので原文を参照、訂正はセルフサービスにて。

     

    2016年7月29日 ゴールドフィッシュ・レポート円卓会議 パート3


    0 0

     

    http://nowcreation.jimdo.com/2015/01/26/アントワインのコブラインタビュー/
    justの一太郎に付属の音声詠み上げソフト「詠太」に詠ませたものです。
    時々誤読がありますので原文を参照、訂正はセルフサービスにて。

     

    2015年1月13日アントワインのコブラインタビュー


    0 0

     

    http://nowcreation.jimdo.com/2016/02/14/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC/


    justの一太郎に付属の音声詠み上げソフト「詠太」に詠ませたものです。
    時々誤読がありますので原文を参照、訂正はセルフサービスにて。

     

     

    2016年2月11日アントワインのコブラインタビュー


    0 0

     

    http://nowcreation.jimdo.com/2015/07/28/%E3%83%AD%E3%83%96-%E3%83%9D%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC-%E5%89%8D%E5%8D%8A/
    justの一太郎に付属の音声詠み上げソフト「詠太」に詠ませたものです。
    時々誤読がありますので原文を参照、訂正はセルフサービスにて。

     

    2015年7月20日ロブ・ポッターのインタビュー


    0 0

     

    http://nowcreation.jimdo.com/2016/03/22/e-m-%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC/
    justの一太郎に付属の音声詠み上げソフト「詠太」に詠ませたものです。
    時々誤読がありますので原文を参照、訂正はセルフサービスにて。

     

    2015年3月15日EMのコブラインタビュー


    0 0

    昭和10年 1935年 に薬毒論を唱えた岡田茂吉の医学論文集より

     

     

    ただし、全文を正解かどうかは別ですので、取捨選択眼をもちいてください。

    決めるのはあくまでも貴方ですから。

     

     

    十五、薬剤の逆作用

     

    ボロ愚主発言

    現代ではお医者さんの一部でも言われるようになったし、一部の薬学博士も

    「薬には病を治す力を持ち合わせておりません・・・残念ながら」と書いた本も。

    しかし、まだまだ極一部の認識であって、「薬は病を治す力を持ち合わせている」と思い込んでいるのが日本人の大半でしょう。

     

    しかし、

    薬は毒から作られている・・・というのが薬学専門家の常識でしょうし、

    毒を身体に入れると血液が汚される異物である・・というのも普通に考えれば理解できるわけです。

    それでも、薬にはちゃんと効果があるのですから、この矛盾を解いたのがこの昭和初期の論だと思います。

    さきの、薬学博士も「治す力は自分自身の力です」とちゃんとおっしゃっているのです。

    では、薬の効果と自然治癒(人間自身の癒す力)の関係はどうなっているでしょうか?

    それを端的に言えば、

    薬で症状を治すのは浄化作用の一時停止であり、その間に自分の治癒力で治している。

    しかし、薬はあくまでも毒、その毒は全部排泄できなければ身体に残って、いつか浄化作用の素になる(薬毒論)というのですが。

    あらゆる薬には副作用がある。この意味は、あらゆる薬は毒であるいう事を言っているわけです。

    薬が効いたイコール病を治した ・・・   にはならない。

    時には病気を増やしたり、悪化させたりする事もあるということ。

    これが昭和初期に岡田茂吉の医学論の基本となる考え方でした。

    それが正解かどうかは未だ決定されていないと思います。

    それを裏付けるのは今後の医療現場で証明されるかどうかだけでしょう。

    医療現場という意味は、自分が病気になった場合、薬に頼ってみてその経過をみるということです。

    運良くそのまま治ってしまうこともあるので、なかなか見分けが付かないでしょうし、中には「やっぱり薬のお陰で治った」と思い込んでしまうひとも多いかと思います。

    その時点での判断とその後の経過も鑑みて、ご自分で判断してください。

     

     


    0 0

     

    http://nowcreation.jimdo.com/2016/03/26/%E7%8F%BE%E5%9C%A8%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%83%85%E5%8B%A2%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/
    justの一太郎に付属の音声詠み上げソフト「詠太」に詠ませたものです。
    時々誤読がありますので原文を参照、訂正はセルフサービスにて。

     

    2016年3月現在の世界情勢について


    0 0
  • 08/25/16--06:15: コブラ情報について
  •  

    コブラレジスタンスとは何か

     

    なるほど

    こういう視点も大切なのですね。

     

    悪と闘うのは善だ

    いやいや、善は闘わないのだ。

    ??

    じゃあ・・・

     

    悪と闘うのは悪なのだ。

     

    なあ、友蔵よ、善をなして悪となり、悪を成して善となる・・・面白い世の中じゃのぅ~ 鬼平

    鬼の平蔵は善なのか?

    いや悪なのだ。   悪が悪と闘うのだ。

     

    そういうものなんだよ、闘いってのは・・・・

    ただ、光は闇の暗がりを照らす

     

     

     


    0 0

    昭和11年 1936年 の岡田茂吉の初期の医学論文より

     

    新日本医術と既存医学の誤謬

     

    内容についてはアンタ、いや失礼、貴方のハイヤーセルフとよくご相談のうえ、取捨選択してください。

     

    は? ハイヤーセルフって?

    はい、貴方のハイヤーセルフに聞いてください(笑い

     

    基本的に

    病気は悪では無い(確かに悪い状態なのだが・・・)。 もし、悪だとしても必要悪だと。

    悪因があるから悪果として出るだけ。

    その悪果もよく先のことを見通している結果なので、大きい視点だと大いなる善となる。

    この様に覚られたら、ワシも覚者なのだが・・・・

    そうは簡単にいかないのでした(苦笑

     

    いずれにしても、死んでも死なないのが人間という存在。

    病気で死ぬという恐怖心だけでも取り除いたら、山芋、じゃないか!!

    病もそれほど恐ろしいものではない・・・・・が、やはり顕在意識としては「やりきれない!!」のです。(愚笑

     

     

     

     

     

     

     

     


    0 0

    研究ですからね。

    丸呑み厳禁。自分で精査してね。

     

    最初の英文は・・・・うんうん・・・オーケーー・・・・・

    後半の日本語は  ・・・・・・う~~~~ん (悩むな!感じるんだ!)

     

    岡田茂吉の医学論文集より
    the first half  English
    08:41 後半 日本語
    JUSTー一太郎付属の読み上げソフト(詠太)にて詠ませたもの。
    誤読もあるので原文参照のこと。

     

    Dissection of Medical Science (医学の解剖)


    0 0

     

    色んな毒を色々な加工をして、色々な薬を作る    好色言いたい男

      まあ、ふざけた奴です(自分)

    でも、これだけふざけたものが世界中にはびこっているのには,さすがのふざけ男も

     カンニング袋の緒が切れました!

     

    それが好癌剤であろうが、至急慧眼罪であろうが、惑珍であろうが、世界中のすべての薬がじつにいい加減でふざけたものなのか、義憤に堪えないのであります。

     まあ、おまえの義憤なんて糞飯ものだと言われそうですが。

     

    以下はまじめに研究してみてください。 海外のお医者さんがたと付録に日本の・・・も。

     

     

    岡田茂吉の医学論文集より
    the first half  English
    10:40 後半 日本語
    JUSTー一太郎付属の読み上げソフト(詠太)にて詠ませたもの。
    誤読もあるので原文参照のこと。

     

     

    WHAT IS DISEASE(病気とは何ぞや)


    0 0

     

    あれから何十年

    相変わらず、現代医学は進歩し続けていますねえ~

     

    ところが・・・

    これに異を唱えた御仁が居たのです。かなり昔ですが昭和の初期頃から・・・

     

    まさかまさかの・・・岸壁の母、いや小泉元首相の言ではありません。

    ただし、全面鵜呑みはしないで、とにかく研究してみてください。

     

     

    岡田茂吉の医学論文集より
    the first half  English
    5:00  後半 日本語
    JUSTー一太郎付属の読み上げソフト(詠太)にて詠ませたもの。
    誤読もあるので原文参照のこと。

    現代医学究極の進歩(英日)


    0 0

     

    いまは日本脳炎は聞かなくなりましたね。

    外国ではなんと呼んでいたんでしょうか?

    ポリオ?    違うか・・・ ポリポリ (アタマかいている)

    いま、名前を変えて出ています?   場末のバーかよ?

    自家熱、いや、ジカ熱?

     

    なんでもかんでもウイルスや細菌のせいにするが、じつはそれらが集まり、働くには絶対的条件があるのですよ。

    それは、エサです。

    まあ、ウイルスにはエサは要らないでしょうから、対象物という方がいいかな?

    ということで、昔の怖い病気、日本脳炎の原理が解けると、似たような感染症というものがあっという間に理解できるのです。(って、ホントかな?)

    それはアナタ次第ですが(笑

    いつも言うように、「たとえ教祖の言でも鵜呑みにするな」と「たとえ大学者の言でも鵜呑みにするな」をあなたの賢い「灰色の脳」に言い聞かせてから聞いてみましょう。

    研究とは、最初から信じるとか信じないとかではなく、その対象に対して的確な判断、取捨選択が行われる行為のことです。

    すべて捨ててもよし、すべて鵜呑みにするもよし、あれとこれだけという「良いとこ取り」(僕が一番推薦する方法)でもよし。

     

     

     岡田茂吉の医学論文集より
    the first half  English
    5:12 後半 日本語
    JUSTー一太郎付属の読み上げソフト(詠太)にて詠ませたもの。
    誤読もあるので原文参照のこと。

    Is Japanese Encephalitis Really Spread by Mosquitoes?日本脳炎は果して蚊の媒介か?英日)


    0 0

    http://japonese.despertando.me/%e3%82%b3%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%93%e5%b9%b4%ef%bc%99%e6%9c%88%ef%bc%92%ef%bc%99%e6%97%a5%e3%80%80%e6%83%91%e6%98%9f%e3%81%ae%e7%8a%b6%e6%b3%81/
    justの一太郎に付属の音声詠み上げソフト「詠太」に詠ませたものです。
    時々誤読がありますので原文を参照、訂正はセルフサービスにて。

     

     

    コブラ・2013惑星の状況についてのニュース:新金融システム


    0 0

    ケーリー・エリス

     

    「夜明け前」ブログより
    http://ameblo.jp/space-wanderer/entry-12147143204.htmlより
    より、JUSTシステム、一太郎付属の音声読み上げソフト「詠太」で詠ませたもの。一部誤読あります。原文参照のこと。

     

    ケーリー・エリスのインタビュー


    0 0

    Now Creation http://nowcreation.jimdo.com/
    のコブラインタビュー http://nowcreation.jimdo.com/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E8%A8%98%E4%BA%8B/
    より
    justの一太郎に付属の音声詠み上げソフト「詠太」に詠ませたものです。
    時々誤読がありますので原文を参照、訂正はセルフサービスにて。

     

     

    2014年11月25日ロブ・ポッターのインタビュー


    0 0

    Now Creation http://nowcreation.jimdo.com/
    のコブラインタビュー http://nowcreation.jimdo.com/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E8%A8%98%E4%BA%8B/
    より
    justの一太郎に付属の音声詠み上げソフト「詠太」に詠ませたものです。
    時々誤読がありますので原文を参照、訂正はセルフサービスにて。

     

     

    2014年12月23日ロブ・ポッターのインタビュー


    0 0

     

    Now Creation http://nowcreation.jimdo.com/
    のコブラインタビュー http://nowcreation.jimdo.com/%E3%82%A...
    より
    justの一太郎に付属の音声詠み上げソフト「詠太」に詠ませたものです。
    時々誤読がありますので原文を参照、訂正はセルフサービスにて。

     

    2015年1月20日ロブ・ポッターのインタビュー


    0 0

     

    http://ja.spherebeingalliance.com/

    コーリー・グッドというアメリカ人の驚く内容に注目です。

    人類は月に行った。 最初の到着はドイツ人だった。

    火星にも行っていた。

    その他の太陽系の惑星にも・・・

    月には幾多の宇宙人達の基地が隠されている。

    地底人との遭遇。

    地球内部は蜂の巣状の空洞があり、人類の仲間が生息・・・・

    宇宙人と地底人とこの地球上表面人類と三つ巴の関係等・・・・

    まるで、嘘話とか思えない・・・・

    が・・・

    聞くだけ聞いてみようか・・・

    コブラ情報との関連もあり、もう僕のオツムはアチャコ状態で唖^^^ル。

     

    では、あなたのオツムも混乱状態にお誘い致します♪

    まずは、始まりから

     

    コズミック・ディスクロージャー: 人類へのメッセージ
    http://ja.spherebeingalliance.com/blo...
    シーズン1、エピソード1

     

     

    コズミック・ディスクロージャーs1e1


    0 0

    Now Creation http://nowcreation.jimdo.com/
    のコブラインタビュー http://nowcreation.jimdo.com/%E3%82%A...
    より
    justの一太郎に付属の音声詠み上げソフト「詠太」に詠ませたものです。
    時々誤読がありますので原文を参照、訂正はセルフサービスにて。

     

     

    2015年2月16日ロブ・ポッターのインタビュー


older | 1 | .... | 37 | 38 | (Page 39) | 40 | 41 | .... | 61 | newer